🇯🇵東北3県(岩手・青森・秋田)4泊5日の旅3日目〜鮮魚市場と「青森桟橋記念碑」、「山内丸山遺跡」、「鷺沼」、「十和田市現代美術館」と「十和田サンバカーニバル」

2022年2月27日

東北3県旅行3日目は、前日に見た素晴らしい「青森ねぶた」の余韻のまま、十和田に向かいました。

1日目&2日目はこちらから読めますので、まずこちらをご覧下さいね♪↓

🇯🇵東北3県(岩手・青森・秋田)4泊5日の旅1日目〜宮城県「田園」、岩手県「中尊寺金色堂」、「高館義経堂」

🇯🇵東北3県(岩手・青森・秋田)4泊5日の旅2日目〜岩手県「小岩井農場」、青森県弘前市の大人気フレンチ「Restaurant山崎」、国の重要文化財「青森銀行記念館」と「青森ねぶた祭り」!!

朝食を食べるために、まずは近くの新鮮市場に行きました。

朝から大盛況で、新鮮なお魚がたくさん並んでいましたよ!

せっかくなのでお刺身を頂きました。マグロ、サーモン、帆立です。新鮮なお刺身は美味しいですね。

市場で色々食べてから、「青函連絡船メモリアルシップ 八甲田丸」を見に行きました。

八甲田丸は、1964年8月12日就航した歴代の青函連絡船55隻のなかで現役期間が1番長かった船です。(23年7か月)また青函連絡船の最終航行船の大役も務めたそうです。実際に中に入って見学こともできます。

すぐ横にある「青森桟橋記念碑」も見てきました。この桟橋や連絡船がこうして残してあると、当時の日本、青森のことを知れていいですよね。

「青森市港湾文化交流施設 青函連絡船メモリアルシップ八甲田丸」の場所はこちら↓

「八甲田丸」を見たら今度は「三内丸山遺跡」へ行きました。「三内丸山遺跡」は日本最大級の縄文集落跡です。今から約5900年前~4200年前の縄文時代の集落跡で、自然環境や生活、ムラの様子などがそのまま見ることができます。観覧料は大人410円、高校生・大学生200円、中学生以下無料です。

受付のある建物自体はとても綺麗で新しい感じです。受付を抜けるとこのような広場になっており、たくさんの縄文時代の建物があり、ものによっては中に入ることができました。

土器などの重要文化財も数多く展示されています。また、敷地内にある建物は復元されており、こちらは「掘立柱建物跡」になります。他にもたくさんの建物がありました。

大人になって縄文遺跡を見ることになるなんて、不思議な感じですが、子供の時に社会の授業で勉強した時に感じたこととは全く違って、とても興味深かったです。たくさん歩いたので、ソフトクリームで休憩です♪栗味のソフトクリームでした。旅行2日目にして、これで3個目のソフトクリームです・・・(笑)

天気が良くて山が綺麗に見えますね!

「三内丸山遺跡」の場所はこちら↓

今度は、八甲田まで向かいます!「三内丸山遺跡」からは車で50分くらいです。ルートはこんな感じです。

とその前に、お腹が空いたので途中のお蕎麦屋さんで昼食を食べました。

きのこがたっぷりはいった、きのことろろ蕎麦と、

かき揚げ蕎麦です。蕎麦は大好きなので、おいしいお蕎麦が食べれてよかったです。

そして、目的地に到着しました!「城ヶ倉大橋」です。城ヶ倉大橋は、アーチ支間長が255mと日本一の長さの橋です。平成7年10月27日に開通し、「津軽」と「南部」を結ぶ橋として大きな役割を果たしているそうです。夏は、新緑が美しいですが、紅葉の時期は、辺り一面、紅葉してこれまた美しいそうです。来てみたいですね。

橋の真中まで行くと、このような印がありました。

橋の上から見下ろすと、とても高いのが分かると思います。この日は風が強いこともあって、私は怖くてすぐに引き返してしまいました・・・(泣)

「城ヶ倉大橋」の場所はこちら↓

せっかく自然の綺麗なところまできたので、近くの沼も見に行くことにしました。

近くには6つの沼があるのですが、一番大きな「蔦沼」に行くことにしました。

「蔦沼」はお散歩コースに人気の沼らしく、自然を感じながらお散歩することができます。

水が透明で、マイナスイオンが凄かったです!!

また、道が整備されていて、とても歩きやすいです。

「蔦沼」に到着しました。この写真で伝わるか心配ですが、沼の水が透明でとても綺麗でした!お天気がちょっと良くないのでわかりにくいかもしれませんが、空と山が沼の水に映って素晴らしい景色でしたよ!

「蔦沼」の場所はこちら↓

「蔦沼」お散歩が終わったので、ホテルへ向かいました。途中の道路から「蔦沼」が見えたのですが、沼に光が反射してエメラルドグリーンになっていました!とても綺麗でした。

今回は、星野リゾートの「奥入瀬渓流ホテル」に宿泊しました。こちらのホテルについての記事は以前書いていますので、是非お読み下さいね♪↓

♨温泉シリーズ⑩ 青森県 十和田「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」

ホテルにチェックインしたら、時間に余裕があったので十和田市を観光に行きました。

「十和田市現代美術館」にやってきました。入館料は大人1,200円です。

美術館内は、おしゃれで楽しい現代アートを体験しながら見ることができます。美術館の入口近くに、お花でできた馬のモニュメントがありました。韓国人作家のチェ・ジョンファさんの作の「フラワー・ホース」です。十和田市の馬との関わりや、通りを四季折々に彩る花々の存在、そして十和田市の未来の繁栄を象徴しているそうです。

この写真の建物の女の子は、奈良美智さん作「夜露死苦ガール2012」です。その横のりんごの木はイギリス人作家ポール・モリソンさん作の「オクリア」という作品になります。一つの建物に2人の作家さんの作品があるのは面白いですね!

美術館の屋上から街を眺めたら、なんかいました(笑)あれもきっと作品ですね!ちなみに、この辺りは”アート広場”になっていて、様々な作品を美術館の周りでも見ることができます。草間彌生さんの作品も見ることができますし、美術館内では可愛いグッズを買うこともできます。中の様子を撮影しなかったのですが、とても楽しい美術館となっていましたので、もし機会があったらもう一回行ってみたいなと思いました。

ちなみに、美術館内にはカフェがあって、主人はそこでまたソルトクリームを食べていました(笑)今回4個目のソフトクリームです・・・(笑)

「十和田市現代美術館」の場所はこちら↓

美術館を出たら、美術館の前にサンバの格好をした人がいました。

なんだろうと思って、調べてみたらどうやら、これからサンバカーニバルが始まるということで、見ることにしました。

人も集まってきて、アイスクリーム屋さんも増えてきました!とても変わっているアイスクリームだったので母が試しに買っていました!

味はさておき、カラフルで面白いですよね!そして、今回の旅行5つ目のアイスクリーム・・・(笑)

さぁ!サンバカーニバルの始まりです!!

色んな国をモチーフにした格好をしていて、衣装がキラキラで華やかでした!

スタイルいいですね・・・!

着物を着た方達もいましたよ。たまたまでしたが、見れて良かったです。

カーニバルの後は、「奥入瀬麦酒館(OIRASE Brewery)」に来ました。お食事もできるようでしたが、ホテルでの食事もあったので、ここでは見学のみでした。

再び、奥入瀬渓流ホテルに戻ってきたらいい時間だったので、夕食へ行きました。

りんごのシャンデリアが可愛いですね♪

ホテルについては別記事で書いてますので、是非お読み下さいね♪

♨温泉シリーズ⑩ 青森県 十和田「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」

以上、🇯🇵東北3県(岩手・青森・秋田)4泊5日の旅3日目〜鮮魚市場と「青森桟橋記念碑」、「山内丸山遺跡」、「鷺沼」、「十和田市現代美術館」と「十和田サンバカーニバル」でした。4日目と5日目に続く・・・

続きはこちらから↓

🇯🇵東北3県(岩手・青森・秋田)4泊5日の旅4日目&5日目〜奥入瀬渓流お散歩と秋田県比内地鶏の親子丼ときりたんぽ、そして「秋田竿燈まつり」に感激した日!

最後までお読み頂きありがとうございました。アイスいっぱい食べたんだね(笑)!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

★私のプロフィールまとめも良かったら見てくださいね♪↓

karin-de-ringのプロフィール

「Tropicfeel」の高性能スニーカーが、下記リンクかQRコードからクーポンコード「588」とご入力頂けると5%オフで購入できますよ♪

また、かなりピタッとしたスニーカーなので、サイズはワンサイズかツーサイズ上を購入してくださいね♪

私は、ワンサイズ上にしました!

リンクはこちら↓】

Tropicfeel Japan

【QRコードはこちら↓】

「Tropicfeel」の記事はこちらから↓

🇯🇵「Tropicfeel」っていうスニーカーブランド知ってる??

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村