🇨🇦CATHAY PACIFIC(キャセイパシフィック)バンクーバー国際空港ビジネスクラスラウンジ(2019年7月ver.)

2021年12月26日

CATHAY PACIFIC(キャセイパシフィック)バンクーバー国際空港ビジネスクラスラウンジへ行ってきたのでレポートします!(※2019年7月のお話です)

こちらのラウンジ利用条件は以下の通りです。

・自社であるCATHAY PACIFIC(キャセイパシフィック)のファーストクラス・ビジネスクラス利用者、ワンワールド系列のファーストクラス・ビジネスクラス利用者

・CATHAY PACIFIC(キャセイパシフィック)マルコポーロクラブダイヤモンド・ゴールド・シルバー、ワンワールドエメラルド・サファイアのステイタス保有者

となっています。

バンクーバー国際空港にはファーストクラス専用ラウンジがなく、ビジネスクラスと同じラウンジを利用することになります。

では、ラウンジのご紹介です。

ソファの一つ一つが大きくて、とても広々しています。

大きな窓からは飛行機が見えるようになっています。

こちらはヌードルバーです。このデザインは香港や台北のキャセイラウンジと全く一緒です。

ヌードルバーに香港のキャセイラウンジで、おなじみの担々麺があったので、すかさずオーダーしました!

???????????????????????????

あれ?なんか想像していたのと違う・・・私が知ってる担々麺はこっちだよ!?

これは、香港のキャセイラウンジの担々麺です。香港のはとっても美味しいし、見た目も美味しそう!

もう一度、バンクーバーの担々麺

んー、でも食べたら美味しいのかも!

と思って食べたら・・・!やっぱり☓☓☓☓☓

本場にはかないませんね!(笑)

他にもこのようなオーダーメニューもありました。

あとはサラダや、

コーヒー、紅茶など

サンドイッチやデザートはショーケースの中で冷やしてありました。

アルコールですが、ちょっと変わったビールもあります。

ワインとシャンパンはこちらが用意されていました。

一番左が、LA MARCA PROSECCO(ラ マルカ プロセッコ)です。

イタリアのプロセッコ地域の中心部にあるラマルカトレビジャーナゾーンで作られたスパークリングワインです。HPを見に行くと、このままのんでもいいし、様々なジュースやフルーツなどを合わせてカクテルとして飲むことをおすすめしてました。お値段もお手頃なのでおしゃれなカクテルにして飲んだらよさそうですね!

真ん中は、RED ROOSTER(レッドルースター)

1990年カナダに定住したヨーロッパ人夫婦によって設立されたワイナリーです。そして1997年に初めてのヴィンテージワインが作られ、それ以降カナダで数々のワインコーンクールで入賞している有名なワインだそうです。

一番右は、PIPER-HEIDSIECK CHAMPAGNE(パイパー・エドシック)です。

1785年創業の歴史あるシャンパンメゾンのシャンパンです。今ではカンヌ国際映画祭の公式シャンパンとなっているそうです。創業からマリーアントワネットや宮廷へ献上されてきたとのことです。

RED ROOSTER – CABERNET MERLOT 2016(レッドルースター カベルネメルロー2016)

上記で紹介した白ワインと同じ生産者です!

ちなみに、アルコールの提供時間が決まっていました。朝9時から深夜2時までです。真夜中から早朝は提供しないということですね。

こちらのラウンジ、シャワールームもあります。

数は4つくらいあるのですが、予約制になっています。しかも予約はラウンジ受付ではなく、シャワールームのお掃除係の人に声をかけます。ほとんど待たずに入れました!

十分な広さです。

アメニティはイソップになります。もちろんタオルも貸してもらえるので安心して下さい。

以上バンクーバーのキャセイパシフィックラウンジのご紹介でした!

時間帯によってもお食事の内容が変わると思いますが、私が利用した夜の時間帯はあんまり充実していなかったように感じました。でも、人が少なくてゆったりした時間が過ごせたのでとてもよかったです。

最後までお読み頂きありがとうございました。ロングフライト前のシャワーは助かるよね!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

★私のプロフィールまとめも良かったら見てくださいね♪↓

karin-de-ringのプロフィール

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村