🇨🇭全てスイスで購入!3種類の口腔洗浄機を徹底比較

2021年11月3日

海外に住んでいて、一番気をつけるべきことの一つは体調管理だと思います。その中でも、保険適用外で高く、また誰でも必要となる病院として歯医者さんがあると思います。

歯医者さんは、高額なので極力行きたくない病院の一つですので、日々のお手入れがとても重要になってくるのです。そこで、我が家では口腔洗浄器を使って毎日の歯の手入れをしています。

スイスに来てから1年で3種類の口腔洗浄器を試したので、今日は、そのレビューと効果をお話していきたいと思います。

早速ひとつ目の口腔洗浄器からご紹介していきますね!

①「Philips Sonicare AirFloss Ultra HX8438/01」

お値段は81.9フラン(約9,700円)で購入しました。(店舗によってお値段変わります)

こちらの口腔洗浄器は充電タイプでワイヤレスで使える上に小型なのなのが特徴です。空気と微小液滴の組み合わせで、フロスを自分でしている以上に効果を発揮してくれます。

ただ、水の容量は本当にちょっとしか入らないので、何回も水を入れながら使う必要があります。水圧は3段階になっていますが、一番強力に設定しても結構弱いです。それから、水は「ブッ、ブッ、ブッ」と3連射が続くというような感じで出てきます。リズムをつかめれば、一箇所の歯の隙間につき3連射1回をして次に進むというように一つの目安として歯の隙間を洗浄できます。

【水圧調整】3段階

【メリット】小さくて軽いため、旅行などの持ち運びによい。ワイヤレスということ

【デメリット】威力が弱い、水の容量が小さい

【感想】一番最初にこれを使ったので、そんなに威力に関しては問題ないと思っていましたが、これから紹介する2つと比べると、だいぶ威力が劣ることが分かったので、効果自体もそんなに期待できないような気もしました。

では、2つ目のご紹介です。

②「PANASONIC Munddusche EW1511」

お値段、74.65フラン(約8,800円)で購入しました。

この口腔洗浄機は、1つ目と同様、充電式になっているのでお風呂場の中に持って行って使うことができます。

1回の充電1時間で10分間使うことができるので、だいたい5日に1回くらい充電するイメージです。

水の威力は5段階調整できて、水は連続で出てきます。また、超音波技術によって生成された衝撃波で歯を綺麗にしてくれるので、水圧で歯茎を痛めることなく、お掃除してくれます。

ではまとめです。

【水圧調整】5段階

【メリット】ワイヤレスなので、お風呂の中で使える。

【デメリット】水の容量が小さくタンクには200mlしか水が入らない

【感想】使っていて特に不便に感じたことはないのですが、たまに間違えてボタンを押してしまい、「ブッ、ブッ、ブッ」と3連射が顔に当たったり、変なところに水が飛んでいくことがあるので、目に当たらないように気をつけて使う必要があるなと感じました。その辺を気をつければ、結構いい商品じゃなかいかなぁと思います。

続けて3つ目です!

③「PANASONIC Munddusche EW1611」

3つ目もパナソニックですが、今回は容量の大きなサイズが欲しくてこちらを購入しました。78フラン(約9,200円)。1つ目、2つ目と使っていくうちに、やっぱり水がすぐなくなるのがちょっと不便に感じて、たくさん容量の入るタイプを購入しました。

今回はタンクの容量が600ml も入りますが、ワイヤレスではなくコンセントに繋ぎながら使うタイプになります。

なので、水を入れるタンクと口腔洗浄器本体はこのように繋がっていて、磁石でセットするようになっています。

水圧は本体で調整するタイプで10段階まで選べます。また、超音波技術によって生成された衝撃波で歯を綺麗にしてくれるので、水圧で歯茎を痛めることなく、お掃除してくれます。

【水圧調整】10段階

【メリット】水の容量が大きく、コンセントに繋げて使うので途中で水を継ぎ足す手間がいらない。威力が3つの中で一番ある。

【デメリット】使い始め、または使い終わりにマグネットの威力が弱いために、すぐに口腔洗浄器本体がびよ〜んと落ちてくる。水タンクをセットする部分が外しにくいくせに、すぐに取れるため、何回もタンクが倒れて水浸しになった。本当に、これはイライラしましたね・・・何回、洗面所の掃除をしたことか・・・・

【感想】威力は本当に申し分ないし、歯の隙間の汚れなんかは、びっくりするくらい取れるのでそこはいいのですが、タンクが何回も倒れるんですよ・・・しかも、本体のマグネットが弱すぎて、びよ〜んってすぐなっちゃうし、ちょっとイライラポイントが多い口腔洗浄器でしたね・・・これは、正直、あんまりオススメできません。

以上、3種類の口腔洗浄器をご紹介しましたが、結論から行くと、2つ目の「PANASONIC Munddusche EW1511」が一番いいのかなと思いました。理由は、ワイヤレスということと、3つの中で一番ストレスなく使えるということ、そしてパナソニックの素晴らしい技術によって歯の汚れが確実に除去できるということです。

日本に行けば、もっといろんな種類の口腔洗浄器があると思うのですが、電圧の関係があったので、スイスで購入できるもので色々試してみました。実際、もうこれで満足!ってものには出会えていないので、もし、どれか壊れてまた新たに購入することになったら、違う製品も試してみたいと思います。

最後までお読み頂きありがとうございました。口腔洗浄器ってよさそう!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村