🇨🇭まさかの現代病「ドケルバン病」にかかる・・・の巻

2021年11月3日

みなさん、現代病っていうと何を思い出しますか?

糖尿病?視力低下?色々あると思うのですが、今日ご紹介?する病気は、「ドケルバン病」という病気です。

「ドケルバン病」ってなんか病名からして怖くないですか!?怖すぎますよね・・・

もちろん、最初は病気とは思っていなかったので、正直2ヶ月くらい放置していたんですが、あまりに痛くなってきたので病院に行ったという運びだったのです。

さて、では「ドケルバン病」とはなんでしょう・・・・?

簡単に言うと、スマホの使いすぎで親指の付け根を痛める病気です!!!

びっくりしませんか!?こんな病気があることに本当に驚きました。

最初は、なんとなく親指が痛いなぁくらいだったのですが、それがどんどん進化して、指が曲げにくくなり、ペンや箸が持てなくなり、字も書けないくらい痛くなりました・・・。数ヶ月かけてじっくり指に負担がかかっていたということになります。

なので「これは、おかしい!」と思って病院に行くことにしました。

どこの病院がいいのか分からなかったので、とりあえず整形外科に・・・

事前に電話して予約してから行きました。そして、受付をして、診察室の前で待つこと10分くらいで呼ばれました。

診察は、先生が腕を触って痛みを感じる部分とそうでない部分を判断。

最初は骨に異常があるのではないかと、不安になりましたが、骨には異常はなく、筋の痛みから考えてスマホの使いすぎということが分かりました。

診察自体も10分くらいで終わって、そのあと看護師さんに手をサポーターで巻いてもらいました。

サイズは色々あって、自分にあったものを看護師さんが付けてくれます。

そして、いつものように会計は後日郵送で来るので、処方箋だけもらって病院を後にしました。

すぐ近くに薬局があったので、そこでお薬をもらったところ、の3種類が処方されていました。

飲み薬は1日2回のものと、痛みがひどい時に飲むお薬の2種類でした。飲み薬の他にマッサージスプレーがあり、毎晩寝る前に痛みを感じる部分にスプレーをして、軽くマッサージをしてからアイシングしてね、とのことでした。

さて、病院に行ってから2週間ほど経ちましたが、治りは本当にゆっくりですが良くなっています。でも、まだ完全には治っていませんが・・・(泣)

そして、いつものように恐怖の会計タイムがやってきました。

まず、診察料金は、110.1フラン(約13,200円)。

詳細ですが・・・

・初回診療5分・・・17.86フラン

・家庭での治療方法の説明・・・10.44フラン

・診察時間+5分・・・8.94フラン

・6歳以上75歳未満の患者の追加料金(1分あたり)・・・10.71フラン

・6歳以上75歳未満の患者の手当・・・18.97フラン

・救急料金・・・43.2フラン

そして、お薬などの処方箋料金は59.75フラン(約7,200円)。

合計169.85フラン(約20,500円)

サポーター代の記載がなかったのだけど、これもあとから郵送で来るのかな・・・

それと、診察料金がまた基礎料金の他にも色々追加されていて、もはや弁護士の相談料かよ!って感じなんですが、スイスの医療費は本当に高いし謎です(泣)

みなさんは、このような現代病にならないようにどうぞお気をつけ下さいね(泣)

以上、「まさかの現代病「ドケルバン病」にかかる・・・の巻」でした。

最後までお読み頂きありがとうございました。ブログ村に登録したので、「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村