🇨🇭スイスジュネーブのワイナリー①「Domaine Château du Crest, J. Meyer & Cie」でワインを買う

2021年11月18日

皆さんはスイスワインって飲んだことがありますか?実は、スイスワインは、日本でも他のヨーロッパの国でも、ほとんどみかけることがないワインです。

貴重なスイスワイン

スイスには広大なぶどう畑があって、スイスのラヴォー地区は世界遺産になっているほど有名なぶどう畑で、気候もよくたくさんのワインが作られているのですが、他の国への輸出はほとんどありません。スイスワインの輸出量はわずか1.5%で、世界では希少なワインという認識のようです。なぜ1.5%しか輸出しないのでしょうか・・・?それは、高品質を保つため葡萄の生産量が制限されていること、ほとんどの品種が非常に少ない生産量で、その産地でしか流通しない銘柄が多い、という理由があるからです。

ちなみに、スイスワインの葡萄の種類は、白のシャスラと、赤のピノ・ノワール、ガメイ、メルローで全体の7割を占めています。スイス人は世界でもトップクラスにワイン好きな国民です。 国民一人あたり1年で750mlのボトル38本のワインを飲んでいるんだとか!更にそのうち14本がスイスで生産したものを選んで飲んでいるんですって。

私がスイスで生活して思うのは、シャンパンはフランスのシャンパーニュ地方でしか生産されていないから、シャンパンはフランスのものを飲むけど、白と赤に関してはスイス産を飲んでるって感じですね。そして、同じスイス国民でも、フランス語圏に住んでいる人とドイツ語圏に住んでいる人とイタリア語圏に住んでいる人では、飲むワインもちょっと変わってくるのかな?って思います。言うまでもなくフランス語圏に住んでいるスイス人はスイスワイン、しかも地元のワインを選ぶ傾向にあるかと思います。

そんなスイスワインがいつでも飲めるなんて、ワイン好きな私にとっては最高の環境でした!しかも、スイスワインはとっても安いんです!スイスは世界でもトップクラスに物価が高い国と言われていますが、そんなスイスで安く変えるものの一つがワインなんです。

いつも、スーパーに行くと、ワイン選びが楽しくて、あっという間に時間が過ぎます(笑)

1年以上スイスワインを色々試してお気に入りができたので、その中からランダムに日常ワインとして飲んでいるのですが、その中の一つのワイナリーが家の近くにあるということで、行ってきました!

「Domaine Château du Crest, J. Meyer & Cie」

このお城のような建物が、私のお気に入りのワインを作っている、「DOMAINE CHATEAU DU CREST J.MEYER & CIE」です。

こちらのワイナリーは、13世紀に建てられたお城を1637年にMicheli家が買取、維持してきたそうです。ワイナリーの名前にドメーヌとシャトーの両方入っていますが、シャトーはボルドー地方のシャトーを意味するのでははく、フランス語で「城」の意味なのでワイナリーの名前に入れたのですね。

お城のまわりにはたくさんの葡萄の木が植えてありますね。今は3月なので、まだ実はなってませんが・・・

バス停を降りて、ワイナリーに向かって歩いていきます。ワイナリーへの道のりは綺麗で気持ちいいものでした。

さっきのお城のところまで着きました!今はコロナの影響もあってワイナリー見学ツアーはしていませんでした。

とりあえず、ワインを買うことはできるということで中に入りました。

駐車場を通り過ぎてすぐ目の前には・・・

小さな建物がありました!この中がワインの販売所になっているそうです。

とても静かで人の気配がなかったので、最初やっているか心配でしたが、お店はやっていました!

中に入ると壁にオリジナルワインが並んでいて、中では試飲している人達が何人かいました。

私達は事前に予約しないで行ったので、試飲はできないと思っていたのですが、

なんと試飲させてもらえました!しかも、何種類も試飲させてもらえます。

ちなみに、こちらのワイナリーでは白、ロゼ、赤、スパークリングとあります。

まずこちらが、私のデイリーワインで、シャスラという品種を使った白ワインです。とても軽い飲み口なので、食前酒やチーズベースの料理(フォンデュ、ラクレット)、淡白なお魚と合います。とにかくさっぱりしているので、癖がなくてとても飲みやいです。お値段は公式価格9.5フラン(約1,100円)です。安いですよね♪

また、隣のロゼはガメイという品種を使ったワインです。このロゼは今まで飲んだことがなくて、今回試飲させてもらったのですが、ベリーの味はしっかりするのにこれまた軽い飲み口でとても飲みやすかったです。なので買いました(笑)ワイナリーからのお食事の提案は、グリル料理、アジア料理、前菜、ピザ、サラダと一緒にということでした。お値段は公式価格9.5フラン(約1,100円)です。

他にもたくさんの種類のワインが置いてあります。

スーパーで見かけないグレードのワインもあったので、今回色々試してみることにしました。

天井のラックに飾ってあるワインは全種類その場で試飲することができます。

結局3種類飲んで、当初買う予定のなかったデザートワインも買いました。デザートワインって甘いのが普通だと思うのですが、こちらのデザートワインは甘すぎす、程よい甘さだったので即決でした!全ての食事が終わって、デザートの前のチーズと一緒に飲むといいよとのことなので、試してみないと!

美味しく試飲もして、3本のワインを購入して大満足でした。帰ろうとしたら、お姉さんが、「今ワインの倉庫を開放しているから見せてあげるよ!」と言ってくれたので見に行くことに。

階段を降りたその先には・・・

とても綺麗に樽が並べられていました。もちろん温度調整されているのでひんやりしました。こんなに清潔な環境でワインが保存されていると思うと飲む側としては安心ですね♪

ちなみに、ここのセラーはレンタルもしていてここでパーティーを開くこともできるそうです!

素敵ですね♪

ワイナリーの周りは、山や緑がたくさんで、とても空気の綺麗な環境でした。

バスで来る際は、La Loureで降りると近いです。

今回買った3本です。赤、スパークリング、デザートワインで合計64フラン(約7,600円)でした。

左から品種はメルローとギャマレで合う料理は子羊のあばら肉、ブルーチーズ、赤いフルーツデザートだそうです。オーク樽で12ヶ月間熟成されたワインです。20フラン

真ん中はシャルドネとソーヴィニヨンブランのブレンドしたスパークリングワインですが、手法はシャンパンと一緒です。これはめちゃくちゃ飲むのが楽しみです♪22フラン

そして右がシャルドネ100%のデザートワインです。魚、ソフトチーズ、食前酒として飲むのがよいと書いてありますが、ワイナリーのお姉さんはデザート前のチーズと合うと言っていたので、そうして飲みたいと思います。

袋から出しました!そして、飲みかけの写真で申し訳ないのですが、右の2本は毎日飲んでるお気に入りのワインです。スイスでワインに悩んだらこちらのワイナリーのワインはオススメですよ♪

また、この他にも別のワイナリーのオススメの赤ワインがあるので、また今度ご紹介しようと思います。

以上、🇨🇭スイスジュネーブのワイナリー「Domaine Château du Crest, J. Meyer & Cie」でワインを買うでした。

「DOMAINE CHATEAU DU CREST J.MEYER & CIE」のHPはこちら

「Domaine Château du Crest, J. Meyer & Cie」の場所はこちら↓

他のスイスのワイナリーについてはこちらから読めます♪↓

🇨🇭スイスジュネーブのワイナリー②「Domaine du Centaure」でワインを買う

🇨🇭スイスジュネーブのワイナリー③「Domaine Les Hutins」でワインを買う

🇨🇭スイスジュネーブのワイナリー④「Domaine Les Perrières」でワインを買う

🇫🇷車で行くGevrey-Chambertin (ジュヴレ=シャンベルタン)村のワイナリー「Philippe Leclerc」で素敵なワインに出会う

最後までお読み頂きありがとうございました。スイスのワインを飲んでみたい!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村