🇫🇷パリ・シャンゼリゼ通りの「LADUREE(ラデュレ)」で優雅なティータイム

2021年8月22日

フランスと言ったらマカロン!マカロンと言ったら「LADUREE」!ということで、「LADUREE」でカフェしてきたので、レポートしたいと思います。

今回はパリのシャンゼリゼ通りにある「LADUREE」に行ってきました。

そもそも、「LADUREE」は1862年創業のもともとはパン屋さんだったそうです。こちらの、シャンゼリゼ通りのお店は、1997年9月にオープンしています。

ティールームの前にはテラス席もあって、テラスで休憩している人たちもいました。

私達は、中のサロンに行きたかったので、事前に予約しておきました。(HPから予約できます)

中に入ると、まずはマカロン・ケーキ・ブーランジェリーショップになっています!

縦長のショーケースにこれでもか!ってくらいカラフルなマカロンがたくさん並べられていました。見ているだけでも楽しいです。

マカロンショップの横には豪華な絨毯の階段があって、その先にはバーカウンターがありました。こちらは、テラス席でオーダーが入ったものを作るカウンターのようです。

入口で予約していると伝えると、2回のサロンに案内されます。この階段を登っていきます。

2階のサロンは部屋が4つほどあって、このような豪華な内装となっていました。

壁いっぱいに本がある小さなお部屋もありました。

私達が案内された部屋もとってもラグジュアリーで、こんなところでくつろげるなんて最高!って感じでした。

天井の装飾も凄いです!

メニューから可愛い・・・!

ということで、まずはエスプレッソとマカロンを♪言うまでもなく美味しいマカロンで、食べる手が止まりません(笑)ちなみに、マカロンは一つ2.6ユーロ(約340円)です。

実はパリの「Ladurée」のサロンに来たのはこれで4回目ですが、毎回こちらを頼んでいます♪これは、フレンチトーストなのです♪ふわふわのブリオッシュに甘すぎない生クリームと蜂蜜の相性が抜群で、やみつきになるのです。ちなみに、フランス語名は「Pain perdu」になります。お値段12ユーロ(約1,550円)です。

こちらは、前行った時の写真ですが、シンプルなフレンチトーストの他に、ラズベリー添えのものもあります。

紅茶やカフェラテも提供の仕方が丁寧で、とても気分よくカフェタイムを楽しむことができました。

パリに行ったら、素敵な空間で過ごしたいですよね♪王道かもしれませんが、そんなに混んでいませんし、事前に予約して行けば、素敵な席に案内してくれますので、マカロン好きな方、フレンチトーストを食べて見たい方、ぜひ行かれてみて下さいね♪

以上、「パリ・シャンゼリゼ通りの「LADUREE(ラデュレ)」で優雅なティータイム」でした。

シャンゼリゼ通りの「LADUREE」の場所はこちら↓

最後までお読み頂きありがとうございました。パリのサロンでマカロン食べたいなぁ!と思っていただけたら、「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村