🇫🇷食の都Parisで大好きなものをたくさん食べた日

2021年8月24日

先日まではDijon(ディジョン)のご紹介をしてきましたが、2日目はDijon(ディジョン)から電車で移動してParis(パリ)に行きました。今回のフランス旅行は2泊3日だったので、Paris(パリ)は1日だけです。

Dijon(ディジョン)での観光やランチについては別記事で書いていますので、是非こちらからお読み下さいね♪↓

🇨🇭🇫🇷ワクチン証明ゲット後スイスからフランスへ、激安バスを使って旅行に行く

🇫🇷フクロウとマスタードの街Dijon(ディジョン)市内をお散歩(一般的には美食とワインの街と呼ばれてるみたい)

🇫🇷Dijon(ディジョン)唯一のミシュラン2つ星レストラン「Restaurant William Frachot」

🇫🇷Dijon(ディジョン)に行ったら買うべきマスタード2選!

🇫🇷車で行くGevrey-Chambertin (ジュヴレ=シャンベルタン)村のワイナリー「Philippe Leclerc」で素敵なワインに出会う

🇫🇷最高級ワインRomanée-conti(ロマネ・コンティ)の葡萄畑を見に行って、感想を話しながらガレットを食べた夜

🇫🇷【BONVOY】え!?無料でBMWが借りれる!?「Vertigo Hotel, Dijon, a Member of Design Hotels」

今まで、Paris(パリ)には4回ほど来たことがあり、主要な観光地は制覇していたので、今回はゆっくり過ごすことにしました。

いつも慌ただしく旅行観光している私達夫婦ですが、パリではどのように過ごしたのか、お話していきたいと思います!

Dijon(ディジョン)の朝です!雨が上がっていい景色でした。

Dijon(ディジョン)駅

チェックアウトをしたら、徒歩で駅まで向かいます。ホテルから駅までは徒歩約5分ほどだったので、移動がとても楽でした。

駅構内に入りまして、Paris(パリ)行きのホームに向かいます。

私達が乗るTGVがホームに来ました!いつも、フランス語のテキストにでていた電車だったので、なんだか親近感が・・・!

今回はなんと!!!TGVのファーストクラスに乗りました♪座席が広くて綺麗で静かで最高です♪

座席は指定席で、4人席と2人席で構成されていました。

とここでお得情報です!(笑)

今回私達が乗ったTGVのファーストクラスですが、なんと!!!通常のセカンドクラスとの料金差額は一人あたり5ユーロしか違いませんでした!5ユーロ足すだけでファーストクラスになるなんて、最高すぎませんか???ただ、いつもそうなのかまでは分かりません。(たまたま私達が乗った日、乗った時間がそういう料金設定だったのかも)なので、もしTGVのチケットを買う時は、事前に両方のクラスの料金チェックをしてから買われることをお勧めします♪

扉横の画面には、どれくらいの速度で走っているかがリアルタイムに出ていたのですが、297kmもスピードが出ていて驚きました!

途中停車はなしで直行でパリまで行きます。

1時間34分後、Paris(パリ)に到着しました!あっという間でしたよ♪

電車には、結構人が乗っていたみたいで、ホームにはこんなにたくさんの人が!!

ホームを抜けて、駅構内に来ました!あぁ、パリだぁぁ〜!!

駅中のお店も全部可愛くて、美味しそうで、センスよくて、パリってやっぱり凄いなぁとしみじみ思いながら外に出ました。

この、雰囲気ある建物郡!いつ見ても素敵です。

あ!一応、パリリヨン 駅も写真に!!駅名にリヨン とかつけられると、南仏のリヨンかと勘違いしそうになる!!(混)

パリに着いたら、まずはホテルまで行くのですが、地下鉄に乗って見たかったので、地下鉄へ向かいました。この機械で切符を買うのですが、買いたい切符の買い方が分からなくてオロオロしていたら、ボランティア?みたいなお姉さんが、お手伝いしてくれました!パリ凄い!

無事、買いたかった切符をゲット!ちなみに、この切符は10回綴りの切符(カルネ)で16.9ユーロです。パリの地下鉄の切符をその都度買うと1枚あたり1.9ユーロと割高になるので、10回綴りの切符(カルネ)はお得なのです。ところが、この10回綴りの切符(カルネ)は2022年3月に廃止されるそうなので、今後はお役に立てない情報でしたね(泣)

さて、地下鉄の構内に入ってきましたが、色が黄色で可愛くてびっくり!!なんか目玉焼きみたい??

そして、遂に、地下鉄に乗りました!よく見てみると地下鉄の椅子がレインボーカラーでこれにもびっくり!!パリってなんでこんなにいちいちおしゃれなんですか????

と、この時は思っていたのですが、この後何回か違う駅の地下鉄に乗って、違う意味でもびっくりしました。それは・・・治安が・・・?ちょっと怖かったですね(泣)スイスのキレイな電車に慣れていると、パリの地下鉄はちょっと身構えてしまいました。

そんなこともありましたが、無事ホテルに到着です!パリではこちらのホテルに滞在しました。ホテル滞在記は別記事でアップする予定です♪

ホテルに荷物を置いたら、チェコに住んでいる義姉夫婦と「LADUREE」で合流しました♪ラデュレってなんでこんなに可愛いの〜????

事前に予約していたので、2階のサロンで素敵なティータイムを過ごすことができましたよ♪

もちろん、マカロンも♪

「LADUREE」について詳しく書いた記事を、別でアップしましたので、こちらお読み下さいね!↓

🇫🇷パリ・シャンゼリゼ通りの「LADUREE(ラデュレ)」で優雅なティータイム

シャンゼリゼ通りの「LADUREE」の場所はこちら↓

「LADUREE」でお茶をしたあとは、お義姉さん夫婦と一度解散をして、自由行動になりました。

私達は、まず目の前にあったロクシタン&ピエール・エルメのコラボ店に吸い込まれていきました(笑)

マカロンとハンドクリームがセットって斬新!でも、この2つのブランドが一緒に入ったものをもらったら凄く嬉しいですよね♪ さすが、乙女心わかってる〜・・・!

「86Champs – L’Occitane x Pierre Hermé」の場所はこちら↓

シャンゼリゼ通りをふらふらしてから、私が行きたかったお店に向かいました。

それはこちらです!!!

このお店は何のお店かといいますと・・・

製菓用の器具のお店なのです!!!プロ用から家庭用まで幅広いラインナップなんです♪

今回、どうしても買いたかったものがあったのですが、それも無事買えました♪こちらです!!!

ジャジャーン!!!

カヌレ型ですー!!どうしてもカヌレを作ってみたくて、スイスでずっと探していたのですが、見つけることができなくて、フランスなら絶対あるだろう!と思って来てみたらやっぱりありました♪さすがスイーツの国!

本当は銅製の型で揃えたかったのですが、1つ12.24ユーロ(約1,570円)もするので10個も20個も買ったら、100ユーロ超えちゃいます・・・なので、今回はとりあえずシリコン型(なんとこちらは8.85ユーロ(約1,140円))と銅製の型で実際にカヌレを作ってみて、味に大きな違いがあったら、次にパリに来た時に銅製を買い足そう!ということで銅製の型を一つだけ購入しました。

余談ですが、実際に家に帰ってすぐにカヌレを作ってみました!シリコン型で作ったのでも十分美味しかったのですが、外側がカリっとしません・・・そして銅製で作ったたった1つのカヌレ・・・なんと!!!味が全然違うではないですか!!!

型が違うだけでこんなに味に差がでるなんて・・・またパリに行くことがあったら、必ず銅製のカヌレ型を買おうと心に誓ったのでした!

話は脱線しましたが、この辺はキッチングッズ関係のお店が多く並んでいて、どのお店に入っても珍しいキッチン用品が置いてあるので、お料理好きな方は是非是非行かれて見てくださいね♪

「MORA」の場所はこちら↓

キッチングッズ店にテンションが上がりまくって、あっという間に時間が過ぎたので、一度ホテルへ戻りました。

そして、少し休んで今回のパリの一番の目的に向けて準備しました!

既に、記事にしていましたが、そもそもの今回のフランス旅行の目的はこちらだったのです!

日本人にして、初のフランスのパリでミシュラン3つ星を獲得した小林圭さんがオーナーシェフを務めるレストラン「Restaurant Kei」でのディナーです!!

洗練された空間に・・・

美しいお料理、超一流のワインと接客・・・と全てが素晴らしいレストランでした・・・!

詳しくは、別記事で書いていますので、こちらからお読み下さいね♪↓

🇫🇷日本人初仏ミシュラン3つ星レストラン訪問記念!第3弾〜ついに3つ星獲得後の「Restaurant Kei」に行ったよ!

ということで、この日のディナーは深夜まで続きまして、寝たのは深夜2時過ぎでした(笑)

以上、「食の都Parisで大好きなものをたくさん食べた日」でした。

最後までお読み頂きありがとうございました。パリって素敵だよね!と思っていただけたら、「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村