🇦🇪アラブ首長国連邦3泊4日旅行記1日目〜世界一美しいスターバックスとLouvre Abu Dhabi(ルーヴル・アブダビ)

2021年11月17日

2020年1月にアラブ首長国連邦へ旅行に行ってきました。3泊4日でDubai (ドバイ)・Abu Dhabi (アブ・ダビ)・Al Ain (アル・アイン)と、3都市周る弾丸旅行でしたが、レンタカーを借りて効率よく回ってきたので、その旅行記を書いていきたいと思います。みなさんが思うアラブ首長国連邦はどんな国ですか?私は今回の旅行でアラブ首長国連邦に対するイメージが想像通りでびっくりしました!23金入のカプチーノやキラキラの夜景、見たこともない動物などなどご紹介していこうと思いますので、是非最後までお読みくださいね。

1日目のスケジュール

7:35〜 香港発ドバイ行きのフライトに乗る

12:30〜 ドバイ到着

13:30〜 レンタカー手続き&出発

14:30〜 Ibn Battuta Mall(イブン・バットゥータ・モール)で世界一美しいスターバックスを見て、カフェでランチ

16:45〜 Louvre Abu Dhabi(ルーヴル・アブダビ)到着

18:30〜 Louvre Abu Dhabi(ルーヴル・アブダビ)出発

19:00〜 The St. Regis Abu Dhabi (ザ セント レジス アブダビ)チェックイン

20:20〜 ホテル内レストラン「Villa Toscana」でディナー

今回はエミレーツで行きました。チェックインカウンターにはエミレーツの客室乗務員の方がいっぱいです!

朝の7時25分発で向かいます。

今回私達はエコノミーでしたが、ちらっと見えたビジネスクラスのシートが金色でびっくりしました!

機内の照明が落ちると天井が星空のようにキラキラしていて驚きました!とても綺麗でしたよ〜!

機内食はとても美味しかったです。チキンとカシューナッツの炒めものと、

チキンのチーズかけ?みたいなものでした。飲物はお酒も出ます。

香港7時35発、12時30分ドバイ着です。

ドバイの街が見えてきました!奥に見える高い建物は世界一高い高層ビルのブルジュ・ハリファです!なんと163階建てらしいですよ!!!

空港の中もキラキラでした。柱に縦長のスクリーンみたいなのが貼り付けてあって、キラキラと画像が動きました。

空港に着いたら、レンタカーを借りていたので車を取りに行きました。空港内にこのような看板がでているので、看板通りに行くとレンタカー会社までスムーズに行けます。

看板がたくさんあるので迷うことなく行けます。

無事車を借りたので、旅行のスタートです!

空港から走ること数十分で街の中心に入ってきました。正面に世界一高い高層ビルのブルジュ・ハリファが見えます!テレビでしか見たことがなかったので感動しました!

ブルジュ・ハリファを横目に、ドバイからアブダビに向かいます。

まずはドバイのショッピングモールに向かいました。天井に空の絵が書かれていて、びっくりです!まるで外にいるような雰囲気を醸し出しているんですね。このショッピングモールには行きたいところがあったので、その場所に向かいました。さて、その場所とは・・・

ここです!スターバックスです。

このスターバックスは世界一美しいスターバックスと言われているらしく、その名の通り装飾がすごく豪華でした!

天井も圧巻です!

ところが、この日は改修中でお店の中で食べることができませんでした・・・・せっかくここに来たのに、簡易用の椅子とテーブルで食べるのはなんか気持ちが盛り上がりません。なので、写真だけ撮ることにしました。

お腹も空いていたので、近くのカフェでホットサンドとフラペチーノを食べましたが、見てください!このフラペチーノ!!(笑)蓋の満タンまで入っています。なんだか得した気持ちでした。

軽くご飯を食べたあとは、ショッピングモールの中を見て回りました。ショッピングモールなのに、とにかく装飾がすごいです・・・

車の販売もしていました。しかも、中国の車です!

Ibn Battuta Mall(イブン・バットゥータ・モール)の場所はこちら↓

世界一のスターバックスを見たので、次の目的地に向かいます。次の目的地はLouvre Abu Dhabi(ルーヴル・アブダビ)です!

Louvre Abu Dhabi(ルーヴル・アブダビ)は2007年3月6日に、フランスとの政府間合意で創設されました。この合意によって、フランスは、美術館学における専門知識とノウハウを提供しているそうです。そして、Louvre Abu Dhabi(ルーヴル・アブダビ)は、「ルーヴル」の名を30年間使用できるんだとか!

白を貴重としたドーム型の美術館です。

また、海に囲まれた土地に建てられているので、景色も抜群です。

入り口に入ろうとしたらたくさんの地元の方たちが何やら演奏しながら踊っていました。

さて、まずは入場料を払うのですが一人60UAE(約1,800円)になります。

入ってすぐにこの作品があるので、とても目を引きます。奥の青い絵画はアメリカの画家Cy Twomblyによって2008年に描かれた「UntitledI-IX」という作品です。宇宙やイタリアの青い空の下を表現しているそうです。

この壺はなんと、約紀元前3500年から紀元前2500年前のものだそうです。つまり縄文時代のものです。こんなに昔のものが状態良く残っていることに驚きですね!

この石には文字が書いてあります。こんなに細かく石に文字を書いていたなんて凄いです。

あ!これは、「Musée d’art et d’histoire(ジュネーヴ美術・歴史博物館)」にあった、ラムセス2世の巨大な像「Ramsès II」とそっくりですね。調べてみたら、やはり、ラムセス2世の名で碑文で覆われた王位に座っている王でした。1年前にたまたま見ていた作品と同じものを、今住んでいるジュネーブでまた見ることになるなんて不思議です。称号は、ベルトのバックルと玉座の裏側と側面に刻まれているそうです。

ジュネーブに来たらまずはここ!「Musée d’art et d’histoire(ジュネーヴ美術・歴史博物館)」の記事はこちら

今回、このLouvre Abu Dhabi(ルーヴル・アブダビ)で一番見たかったものの展示エリアに来ました。

こちらは、「Pair of Folding Screens with Maps of Japan and the World」という、1690年に作られた地図です。長さは2.5メートル以上もあります。この地図は、ポルトガル語とスペイン語のアジアへの拡大とイエズス会の宣教師遠征で日本が巡回に含まれていたという事実を示しているそうです。

こちらは、その日本地図の拡大図です。昔のものでしかも海外の方が作った地図なのに、形がほぼ合っていて驚きですね!

「Bonaparte franchissant le Grand-Saint-Bernard(サン=ベルナール峠を越えるボナパルト)」という、フランスの画家ジャック=ルイ・ダヴィッドによって描かれたナポレオンです。ナポレオン1世の油彩肖像画は全部で5枚あるそうですが、1979年にベルサイユ宮殿の国立博物館にあったものが、2017年からLouvre Abou Dabiに展示されているそうです。ちなみに、他の4枚はフランスのマルメゾン城の国立博物館、ベルサイユ宮殿、ドイツベルリンのシャルロッテンブルク宮殿、オーストリアウィーンのベルヴェデーレ宮殿にあるそうです。

エドゥアール・マネの『すみれの花束をつけたベルト・モリゾ』もありました。パリのオルセー美術館にもともと展示してあった作品です。この女性は、エドゥアール・マネのモデルを務めたこともあり、女流画家としても有名で、のちにエドゥアール・マネの弟ウジェーヌ・マネと結婚したそうです。

少しだけ作品をご紹介しましたが、とにかく見どころが多いので、十分に楽しめる美術館でした。ちなみに、史上最高値の絵画『サルバトール・ムンディ』(落札額約508億円)(イエスキリストを描いたレオナルドダヴィンチの作品)は、この日見れず・・・残念すぎました(泣)

ちなみに、Louvre Abu Dhabi(ルーヴル・アブダビ)は、世界的建築家ジャン・ヌーヴェルが設計した作品だそうです。ジャン・ヌーヴェルはフランス人の建築家で、建築界のノーベル賞と言われている、プリツカー賞を受賞したこともある、大変有名な建築家だそうです。

この広場の天井の美しいこと・・・

様々なモチーフが入り混じって光と影を作っていました。

そして、この広場から見えるアブダビの街と海、夕日がなんとも言えないくらい美しかったです。空のグラデーションの美しさが、自然のものとは思えないほど・・・

Louvre Abu Dhabi(ルーヴル・アブダビ)の場所はこちら↓

十分にLouvre Abu Dhabi(ルーヴル・アブダビ)を見て回ったので、ホテルに帰ることにしました。

この日、宿泊したのはThe St. Regis Abu Dhabi (ザ セント レジス アブダビ)です。ホテル記事はまた別にかきますね!

ホテル記事はこちらから読めます↓

🇦🇪【BONBOY】The St. Regis Abu Dhabi (ザ セント レジス アブダビ)

さて、3泊4日の旅行で3都市周るわけですが、もう1日目が終わってしまいました・・・さて2日目はどのように周ったのでしょうか!?次回に続く・・・

🇦🇪アラブ首長国連邦3泊4日旅行記2日目〜キッラキラ23金カプチーノと豪華絢爛「シェイク・ザイード・グランド・モスク」、絶滅危惧種だらけの動物園「アル・アイン動物園」へ行く

最後までお読み頂きありがとうございました。ドバイ旅行楽しそう!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

★私のプロフィールまとめも良かったら見てくださいね♪↓

karin-de-ringのプロフィール

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村