🇨🇭素敵なマダムが切り盛りするクレペリー「Crêperie Le Douze」

2021年9月1日

ロックダウン中にジュネーブ内をお散歩している時、気になるクレペリーがあったのですが、6月からのレストランの屋内スタートに合わせて、このクレペリーがオープンしたので行ってきました♪

この素敵な建物の中心にある小さなお店が、今日ご紹介するクレペリー「Crêperie Le Douze」です。

私達が行った時は、テラス席が満席だったので中の席に座りましたが、お店の中に入って驚きました!シンプルな外観とは裏腹に、とっても可愛い内装だったのです。

壁には、ガレットの写真と共に、マダムがガレットを焼いている写真が飾ってありました。

また、こんな感じの手書きのイラストも飾ってありました。絵がとっても上手ですね♪

壁には、メニュー表がありました。ここでは、ガレットの他に、オムレツやパンケーキもあります。

席にも、テーブルクロス兼メニュー表がありました。

ガレットは、セイボリー系と甘いガレットの2つで20フランなので、お得な感じです♪ちなみに、1人1枚ではなく、1人で2枚がスタンダードのようでした。

ガレットといったら、シードル(りんごのお酒)なので、飲み物はシードルを頂きました。このシードルは甘すぎず、とても美味しかったです♪色も綺麗で、泡も細かくて、まるでシャンパンのようでした。(今度誰かに、シードルとは言わずに、シャンパングラスに入れてクイズしてみようかな(笑))

しばらくしたら、まずはセイボリー系のガレットが運ばれてきました♪こちらは、グリュイエールチーズとハムと卵のガレットです。グリュイエールチーズが効いていて、とても美味しかったですよ♪

私は、ネギとチキンのガレットを頂きました。ネギがとろとろになるまでよく炒めてあって、とても美味しかったです。ネギとガレットって合うんですね♪

続けて、2枚目の甘い系ガレットです。主人はこちらのスイスチョコレートとアーモンドのガレットを!チョコレートが控えめな甘さで、ガレットによく馴染んでいて最高でした♪

私は、レモンクリームのガレットをオーダーしました。レモンクリームが酸っぱくなくて程よい甘さでさっぱりしていて美味しかったです♪

最後にお会計時に、可愛いハイチュウを頂きました。

1人2枚のガレットと、シードルを飲んで51フラン(約6,300円)というお値段なので、スイスで食べるランチとしてはリーズナブルだと思いました♪

ちょっとした、ランチにガレットはオススメなので、近くにガレット屋さんがあったら是非入ってみて下さいね♪

「Crêperie Le Douze」のHPはこちら

絶品クレペリー「Crêperie Le Douze」の場所はこちら↓

ジュネーブにあるクレープ屋さんのこちらもオススメです★↓

🇨🇭ジュネーブ『Muller’s Factory Swiss Quality』で絶品クレープ食べてきた

最後までお読み頂きありがとうございました。ブログ村に登録したので、「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村