🇨🇭コロナ禍の5月最終週の日帰り旅行〜超電車ヲタマダムがいるミニチュア電車博物館、蒸気機関車博物館、ゲーム博物館、イェーニッシュ美術館と「ナルシスの花」リベンジ!!

2021年6月28日

5月は本当にたくさんの場所へ行きましたが、今日は、5月の最終週に行った日帰り旅行のお話です。天気がよくなってくると、お家にいることがウズウズですし、徐々に様々な施設が緩和されてきているので、ロックダウン中、旅行などを我慢していた分、5月は爆発したのかもです(笑)ということで、旅行記の始まり始まり〜

今日は朝6時9分の電車に乗りました。いつも4時起きとかだったので、6時過ぎの電車は楽です(笑)

Genève(ジュネーブ )→Sierre/Siders(シエール)→Crans-Montana (クラン=モンタナ)というルートで乗り換えていきます。

まず、Sierre/Siders(シエール)までのルートはこんな感じです。

Genève(ジュネーブ )から一気にSierre/Siders(シエール)まで来て、Sierre/Siders(シエール)からはバスに乗り換えました。バスは421番です。

駅を出て左に曲がるとバス停があります。約30分かけて、クランモンタナのクランまで向かいます。

ルートはこんな感じです。

この地図を見てお分かりかと思いますが、物凄いくねくね山道です。

そのためか、途中の景色がとても綺麗でした!

約45分後、クラン側のバス停に到着です。ここは、リゾート地なのでゴルフ場やスキー場、ホテルがたくさんありました。

次のバスまで時間があったので、街をお散歩することに。素敵な休憩所だなぁと思って、近づいてみたら・・・

なんと、プチ図書館でした!この前もこういう感じのスタンド式図書館を見ましたが、こういったプチ図書館があちこちにあるのってなんだか素敵ですね♪

更に街をお散歩すると、、見たことのないロゴのルイヴィトンのお店がありました!もちろん正規店ですが、このロゴおしゃれすぎますね・・・!

今度はtéléphériqueのバス停から一駅だけ乗りました。

バス停で降りたら、山と湖の景色が綺麗だったので、少しお散歩しました。

まるで、アルプスの少女ハイジに出てくるような景色ですね!

素敵なゲートボールコースを横目に、本日一つ目の目的地である、「Fondation Suisse des Trains Miniatures(ミニチュア電車博物館)」へ向かいます。

入口には、車掌さんになれるパネルがありました!こういうのを見ると、写真を撮影したくなりますよね(笑)

「Fondation Suisse des Trains Miniatures(ミニチュア電車博物館)」の入口は、先程のパネルの裏側でした。着いたのが9時55分くらいだったのですが、博物館は10時オープンのため、少し待ちました。ところが、10時になっても博物館がオープンする気配がありません・・・真っ暗のままです。今はコロナ禍なので、もしかしたら今日はお休みかも・・・と不安になってきました。

HPもグーグルも今日は営業と書いてありましたが、先日のレストランの件もありましたし(気になる方は下にリンクを貼っておきますので、是非お読み下さい!)、こんなに遠くまで来たのに、博物館に入れないなんて・・・と、とにかく悲しくなってきました。

ミシュランプレート掲載レストランに行ったのに衝撃の出来事が起きた(泣)

でも、諦めず更に5分くらい待っていたら1人のマダムが裏口っぽいところから入っていくのが見えました!もしかしたら!!と思っていたら・・・

申し訳無さそうにマダムが開けてくれました!!良かったー!!!

さて、こちらの「Fondation Suisse des Trains Miniatures(ミニチュア電車博物館)」ですが、名前の通り電車の模型がたくさん展示してある博物館となっています。

ミニチュアではないもののトラムの展示がしてあるTram-Museum Zürich(トラム博物館)や、ティチーノ州にあったミニチュア博物館など、以前行っていたので今回で乗り物系の博物館は3つ目になります(笑)こんな風に、スイスには電車に関する博物館がたくさんあるので電車好きさんにはたまらないかもしれません。

以前行った電車系の博物館の記事はこちらから読めます♪↓

Tram-Museum Zürich(トラム博物館)

🇨🇭電車の模型4000台以上を誇る「GALLERIA BAUMGARTNER(鉄道博物館)」

チケット手続きをしたら、切符風のチケットがもらえました!しかも、今日の日付を刻印してくれましたよ。また、入る時に穴もあけてくれたので、まるで電車に乗るみたいでした♪

こんな感じのチケットでした!

ミュージアムの中はたくさんのミニチュア電車や100年以上前のおもちゃなどがたくさん展示してありました。スタッフのマダムが実際に動かしてくれるので、とても面白かったです。

ちなみに、こちらのマダムが相当な電車好き&お話好きで、付きっきりで説明してくれたのですが、気がついたら2時間も経っていました(笑)

「Fondation Suisse des Trains Miniatures(ミニチュア電車博物館)」の場所はこちら↓

ミニチュア電車ミュージアムをでたら、歩いてフニキュラー乗り場へ行きました。

以前、Sierre/Siders(シエール)に来た際、一区間だけ乗ったのですが、今日は一気に下まで降ります。

あれ?前に乗ったフニキュラーと同じかも!同じ場所が割れています(笑)

全面パノラマのフニキュラーは、本当に迫力満点でした!

反対方向のフニキュラーとすれ違った時は、テンションが上がりました!(笑)

さすが葡萄とワインの産地なだけあって、一面ずっと葡萄畑です!

フニキュラーで下まで降りたら、Sierre/Siders(シエール)駅から電車に乗りました。

近くのスーパーで、さっきの電車博物館のマダムお勧めのドリンクを買ってみました!なんかリポビタンDみたいな味・・・??

今度は、Sierre/Siders(シエール)から、Montreux (モントルー)まで一気に向かいます。

ルートはこんな感じです。

約1時間後、Montreux (モントルー)に到着しました。

Montreux (モントルー)から、今度は登山電車に乗り換えます。

Chambyという駅で降りて、「Chemin de fer-musée Blonay-Chamby(蒸気機関車ミュージアム)」へ向かいます。

ところが、駅で降りてもこんな感じの道が続くだけで、「Chemin de fer-musée Blonay-Chamby(蒸気機関車ミュージアム)」の看板もミュージアムも全く見当たりません・・・

グーグルマップの言う通りに進んでいるのですが、どんどん田舎になります・・・ついには牛さんの大群まで現れました・・・本当にミュージアムに行けるのでしょうか??

歩くこと、15分ほどで怪しい小道を発見!

この小道を登れと、グーグルさんに言われたので不安になりながらも登ってみました。すると・・・

線路が!そして、ちょっと先にはミュージアムぽい建物も見えます!

そして坂を登りきったところで、蒸気機関車が通りました!実際に動いているのをみたのは初めてだったので感動的でした♪

そして、ようやく「Chemin de fer-musée Blonay-Chamby(蒸気機関車ミュージアム)」に到着しました〜!

間近で動く蒸気機関車が見れますし、乗ることもできます!春〜夏限定なので、夏にスイスに来たら、蒸気機関車に乗って絶景を見るのもおすすめですよ♪

「Chemin de fer-musée Blonay-Chamby(蒸気機関車ミュージアム)」の場所はこちら↓

蒸気機関車ミュージアムを見たら、また歩いてChamby駅まで戻り、登山列車でFontanivent駅まで行きました。ここからは、更にバスに乗ってLa Tour-de-Pelizという停留所まで行きます。

ここには、珍しいゲーム博物館があるのです。しかも、お城の中です!

入口がモノポリーみたいで、ゲーム博物館っぽさ全開でした!

どんなゲームが展示してあるのかと思ったら、今から数十年〜100年くらい前の世界中のすごろくやカードゲームの展示でした!

日本のすごろくも展示してありましたよ!!びっくり!

他のエリアには、実際にオセロのようなゲームで遊べたり、ダーツコーナーなどもありました。大人が楽しめるゲーム博物館、面白かったです♪

「Musée suisse du Jeu(スイス・ゲーム博物館)」の場所はこちらです↓

スイス・ゲーム博物館を見たら、次はMusée Jenisch Vevey(イェーニッシュ美術館)に行くのですが、途中ネスレの本社を通りました!この辺り一帯はネスレのビルだらけです!!

歩いて数分後、Musée Jenisch Vevey(イェーニッシュ美術館)に到着しました。

こちらの美術館は、16世紀から現代までの絵画コレクションがメインとなっています。

私の好きなホドラーの作品も多数ありましたよ♪

また、オーストラリア人画家Oskar Kokoschka (オスカー・ココシュカ)の特別展もやっていました。初めて知った画家でしたが、絵に特徴があって、パラパラアニメーションとクラシックの融合みたいな作品もあって面白かったです!

「Musée Jenisch Vevey(イェーニッシュ美術館)」の場所はこちら↓

この後は、本当はもう一つ美術館に行こうと思っていたのですが、先週見そびれた「ナルシスの花」のことを途中で思い出し、「近くまで来ているから!」ということで見に行くことにしました。

その時のブログはこちらから↓

🇨🇭コロナ禍の5月の日帰りスイス旅行・前半〜伝説のナルシスの花、シヨン城、スイス最古のサン・モーリス修道院、シュトックアルパー城、UNESCO世界自然フォーラム

まずは、ナルシスの花のために、さっきとは違うフニキュラー乗り場まで来ました!今日は見れるでしょうか・・・?

前に、見つけたナルシスの花の開花サイトをチェックしたら、なぜかクローズしていて情報がなかったのですが、インスタなど見ていたら、ナルシスの花を見た人の投稿がたくさん出てきました。なのでこれは期待できると思い、ワクワクしながら向かいました。

フニキュラー乗り場の場所はこちらです↓

さぁ、どんどん登って行きます!「ナルシスの花」は標高が高いところに咲くため、今回も標高の高い地点まで行きました。街があんなに小さくなっています。

そして、終点の「Mont-Pèlerin」までついに来ました!

で・す・が・・・・

この周りは普通の住宅地で、「ナルシスの花」が咲いていそうな場所はありません・・・

地図を見て確認をしたら、

黄色のラインに「ナルシス」マークがあるのですが、残念ながら見つけることはできませんでした(泣)

ということで、今回も伝説の花「ナルシス」を見ることはできませんでした。残念(泣)また来年トライしたいと思います><

今日もたくさん歩いたし、移動したのでクタクタに・・・久々にスタバのフラペーチーノを飲みたくなったのでスタバへ行きました。

チョコレートコーヒークランチフラペチーノですって〜!全然甘くなくて、麦の味がするフラペチーノでした(笑)ちなみに、トールサイズですが、お値段8.7フラン(約1,060円)でした。たか〜・・・

こんなに明るいのですが、時刻はもう19時だったので、この後はジュネーブまで帰りました。

以上、コロナ禍の5月最終週の日帰り旅行〜超電車ヲタマダムがいるミニチュア電車博物館、蒸気機関車博物館、ゲーム博物館、イェーニッシュ美術館とリベンジ!!「ナルシスの花」でした。

最後までお読み頂きありがとうございました。ブログ村に登録したので、「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村