🇨🇭スイスの水事情〜飲み水編〜

2021年11月6日

「スイスの水」というと、日本同様、綺麗でそのまま飲めるイメージがあります。

実際に、スイスの水道水はアルプスからの源泉か、地下水からの天然水が80%を占めているらしく、更に水質には厳しい基準・審査があり、水道水でも問題なく飲むことできるそうです。

ところが、スイスの水は硬水。しかもとても硬度の高い硬水です。

そのまま飲めるといっても、軟水に慣れた日本人が飲むには、体に合わないのです。

(実際、毎日お腹壊していました・・)

そこで、色々調べた結果、フィルターを使えば飲みやすくなるということがわかりました。

これは、「BRITA」というドイツのメーカーの「ろ過器」です。(12個のフィルター付きで69.9フランでした。)

使い方はとても簡単でフィルターを設置したら水道水を入れて待つだけ!フィルターを通した水は「ろ過」されて、とてもマイルドになります。

コーヒーや紅茶を飲む時も、水道水よりもBRITAを通した水で作った方がとても美味しくなります。

一つのフィルターで1ヶ月ほどもち、本体のメモリでフィルター交換の時期を確認することができます。

フィルター残がなくなったら交換になります。

このようにパックされて売っているので清潔ですし、まとめ買いして保管もしておけます。ちなみにブリタのフィルターはネットでもスーパーでもどこでも売っています。日本でも買えるそうですよ。

スイスの水道水はとにかく石灰を多く含んでいるので、そのまま使っていると、あらゆるものが真っ白になったり、詰まってしまうのです。

なので、何をするにも一回BRITAを通せば、コーヒーメーカーなどのお手入れも楽になります。

そもそも、ミネラルウォーターも安いのですが、スイスは国として水道水を飲むことを推奨しています。

それは、環境のためであり、更に生活コストを下げることにもつながるからです。

BRITAを買ってから、ペットボトルの水を一切買わなくなりました。経済的にも環境にもいいので、ヨーロッパだけではなく、どこの国でも一つあると便利だと思いますよ!

最後までお読み頂きありがとうございました。

次回もお水についてお話いたします。

ブログ村に登録しました!最後に「ポチっ」とお願いします♪↓

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村 旅時々ワイン - にほんブログ村