🇨🇭スイス初心者用⑤Lausanne(ローザンヌ)日帰り編〜傾斜のある街並、ローザンヌ大聖堂と絶品クレペリー、エリゼ美術館、オリンピック博物館〜

2021年10月17日

スイスではロックダウンが解除され、国内旅行は通常通りできるようになったので、Lausanne(ローザンヌ)へ日帰り旅行をしてきました!

今日も電車の中はガラガラです。

約45分でLausanne(ローザンヌ)に到着しました〜!

Lausanne(ローザンヌ)は国際オリンピック教会(IOC)の本部があります。なので、街中あちこちにオリンピックのエンブレムがあるんです!この写真は駅なんですよ〜!

まずは地下鉄に乗ってローザンヌ大聖堂に向かいます。この写真だとわかりにくいのですが、駅の中も電車の中も斜めなんです(笑)Lausanne(ローザンヌ)は坂が多い街なので、駅の中まで坂になっているんですね。

とても可愛い町並みです!

みんなの休憩場の噴水も存在感があります。

少し歩くと、屋根付きの階段があります。中世の頃そのままの、とても歴史のある階段だそうです。

結構傾斜がありました。

階段を登り切ると、美しい町並みが見れます。

更に大聖堂に向かって登ります!

上まで登ると、町並みが見れます!結構登りましたね!

早速ローザンヌ大聖堂に入って見ましょう!

ゴシック様式の美しい内装です。窓にはたくさんのステンドガラスが貼り付けてあり、とても明るいです。

スイスの州旗があしらわれたステンドグラスもありました。

この大聖堂で有名なのは「バラ窓」なのですが、「バラ窓」を見つけた時、はっと息を飲むくらい美しくて見入ってしまいましたね。

ちなみにこの「バラ窓」を外からみるとこんな感じになっています。外から見ても美しいですね!

中に戻りまして、入り口すぐには大きなパイプオルガンがあります。迫力がありますね〜!パイプオルガンは見ているだけでわくわくします。音色を聴きたいですね!

ローザンヌ大聖堂の模型がありました。こうやってジオラマがあると建物の美しさがよく分かるので、いいですよね!

鐘楼へ登ることができるので、登ってきました。一人5フランでして、カードも使えます。

こんな感じの螺旋階段を登っていくのですが、頂上まで232段もあります!本当に目が回ってきます(笑)

途中で螺旋階段を休憩して進む道もあります。目が回ったので少し休憩しました。大事!

更に狭くなった階段を登っていきます。

わっ!!!登っている途中の窓から見える景色が綺麗です!

さぁ!1つ目の頂上まで着きました!

旧市街地が見渡せます!ここの鐘楼は360度歩けるので、全ての景色を堪能できます。

実は、ここは頂上ではなくまだ上に行く階段があったので、更に登りました!

空が近いです!

レマン湖と旧市街が一緒に見ることができました!

まるでタイムスリップしたようですね!本当に美しい景色を見ることができるので、ローザンヌ大聖堂はオススメです♪

La Cathédrale de Lausanne(ローザンヌ大聖堂)の場所はこちら↓

時間がお昼になったので、ランチを食べに行きました。

ローザンヌ大聖堂を後ろに、歩いて行きます。

徒歩5分くらいのところにあるクレペリーです!

喉が乾いていたので、早速シードルを頼みました。

500mlを2人で分けたかったのに、500mlが2つもきてしまいました(笑)頑張って飲まないと・・・

メニューはお食事系とデザート系が豊富に用意してあります。

スピナチと卵とハムとチーズのガレット、梨とヘーゼルナッツのガレットをオーダーしました!とっても美味しかったです♪

内装も可愛くて、テラス席もあってゆっくりできます。店員さんが親切でいいお店でした♪

「Crêperie la Chandeleur」の場所はこちら↓

お腹も満たされたので、歩いて次の目的地に向かいます。

途中、道端でお昼寝している猫ちゃんに会いました!可愛い〜♪

20分ほど歩いたところで、到着です。

ここは、「エリゼ写真美術館」です。第一土曜日は入場料無料でして、通常は8フランになります。

美術館の中は様々なジャンルの写真が展示されていました。そんなに広くないので、お写真が好きな方は是非行かれて見て下さい。

Musée de l’Elysée(エリゼ美術館)の場所はこちら↓

エリゼ写真美術館のお庭をレマン湖に向かって歩いていくと・・・

オリンピックのマラソンレーンがありました!更に、このレーンに沿って歩いていくと・・・

「オリンピック博物館」に到着しました〜!

入り口に走り高跳びのモニュメントもあります!

中に入ると、すぐ受付があります。入館料は18フランですが、私達は「Swiss Museum Pass」を持っているので、無料で入れました。

なんと、オリンピック博物館には日本語ガイドがあります!しかも無料ですので、必ず借りましょう!(今の時期だけなのか、スイストラベルパスを持っていたからなのかは不明でして、通常は5フランかかるそうです)

更に、カフェで使えるドリンク無料券とブティックで使える20%オフクーポンももらえます!

大きな螺旋状の道を歩いていきます。壁全体がスクリーンになっていて、歩きながらオリンピックの様子を見ることができます。高揚感が高まります!

オリンピックは古代ギリシアでゼウスのために3000年前から始まったものだったそうです。

一時期、オリンピックは存在がなくなってしまったらしいのですが、フランス人のクーベルタン男爵が復活を目指し、今の形の原型となる大会を作ったそうです。

クーベルタン男爵がその時にオリンピックのマークを作ったそうですよ!

このマークの意味は世界の5つの国とこの5色に白を足すことで、それ以外の全ての国も一緒になるという意味が込められているそうです。

このマークができるまでに、色々考えられたみたいで、最初の原型を感じさせる鉛筆書きのマークを見ることもできました。

こちらは、現オリンピック委員会の会長であるバッハ会長ですが、元フェンシングの金メダリストだったのですね!

歴代の会長の紹介もしてありました。

本来ならば、2020年は東京オリンピックでしたが、ここではちゃんとリスケジュールと記載してあり、2021年に開催予定となっていました!なんとか今のコロナウィルスが収まってほしいものですね・・・

更に進むとギリシア時代の聖火の渡し方の動画が流れてきます。

更には、開催から今までの聖火リレーのトーチが全て飾られています!

真ん中のトーチは長野オリンピックのときのものですって!

ちょっとびっくりしたのですが、トーチってガス式なんですね!当たり前といえば当たり前なんですが、どうして走っても火が消えないのかな?と思っていたので、ちょっと驚きました(笑)

今までのマスコットも飾ってありますよ!

このダックスフンドのキャラクターは1972年のミュンヘンオリンピックの時のものなのですが、オリンピックで初めてのキャラクターだそうです!可愛いです♪

更に進むと、歴代のオリンピック入場シーンが見れます。とても感動しました!なんとしても、来年はオリンピック開催してほしいなぁ・・・

こちらには、歴代のユニフォームや競技で使われた道具が展示してあります。

なんと1992年のバルセロナオリンピックの時のバスケット競技で使われたアメリカのドリームチームのサイン入ボールが展示してありました!バスケ好きにはたまらないですね!

北京オリンピックの時のウサイン・ボルトが来ていたユニフォームも飾ってありました!

博物館内には大きなシアタールームもあります。オリンピックの概要がカッコいいムービーで見ることができるのでオススメです。

これは、オリンピック選手達のサインです!おしゃれな展示方法ですよね〜!

展示スペースが終わると、簡単なゲームコーナがあります!瞬発力を測ったり、バランスを取ったりするゲームがあって楽しめますよ!

そして、今までのメダルも展示してありました!これは1964年の東京オリンピックのメダルです!基本的に中のデザインは一緒ですが、枠の大きさなどが毎回違うようでした!

こちらは1998年の長野オリンピックのメダルです。冬のオリンピックのメダルはデザインが毎回違うようで、どの国も特徴あって素敵でした!

表彰台も用意してありましたよ!もちろん金メダルに乗って写真撮りました(笑)

さぁ、東京オリンピック・・・どうなるでしょうね・・・?

こちらは、博物館内にあるカフェです!窓が大きくておしゃれです♪

Le Musée Olympique(オリンピック博物館)の場所はこちら↓

オリンピック博物館を後にして、レマン湖沿いをお散歩しました。

ボートに乗って遊んでいる人たちがいっぱいでした!

料金はこんな感じです。

お散歩も十分にしたので、帰ろうとしたらオリンピックまでの時間をカウントしている像を発見!あと383日と18時間3分10秒・・・あーもう!なんとしても!ですね!

以上Lausanne(ローザンヌ)の日帰り旅行でした♪

最後までお読み頂きありがとうございました。ローザンに行ってみたいな!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村