🇨🇭世界遺産アレッチ氷河と2つの峠、アルプスの山を満喫した週末旅行2日目〜Grindelwald(グリンデルヴァルド)にこんな吊橋が!?とモントルージャズフェスティバル

2021年7月31日

さて、先日に続きまして、週末旅行2日目です。

1日目はこちらからお読み下さいね♪↓

🇨🇭世界遺産アレッチ氷河と2つの峠、アルプスの山を満喫した週末旅行1日目前半〜世界遺産アレッチ氷河で朝食を食べ、ヌフェネン峠を越えて美味しいイタリアンランチをする

🇨🇭世界遺産アレッチ氷河と2つの峠、アルプスの山を満喫した週末旅行1日目後半〜ゴッタルド峠と悪魔の橋

朝のホテルの部屋からの景色です!部屋の窓からはラッパーズヴィール城とチューリッヒ湖が見えました。

早めに朝食を食べて行動開始です!

実は、今日どこに行くのかを、昨晩まで決めていませんでした。本当はMount Pilatus (ピラトゥス山)に行こうとしていたのですが、天気予報が霧のままで、「せっかく行っても素敵な景色が見れない!」ということで主人がずっと悩んでいたのです。

昨日は早朝4時起きだったにも関わらず、深夜2時まで今日どこに行くか考えてくれていました。(サンキュー!!)

そして、翌朝、起きると主人が「代案が決まったよー!」と言っていたのですが、天気予報を見たらピラトゥス山の天気も霧が流れていてなんとなく行けそう・・・

とのことで、ホテルをチェックアウトして、電車に乗ったのですが、Mount Pilatus (ピラトゥス山)に行くか代案の場所に行くか電車の中でぎりぎりまで悩んでいました!(ありがたや〜)

とにかく、スイスの山は天気が変わりやすいので、この決断は旅行する上でとても重要なのです!!

と、まぁそんな感じで、電車に乗っていたら、本日一つ目の目的地が見えてきました!

それはこちらです!!!

え?!なに?!って感じですよね(笑)

この建物は、Netflixで見ることができるドキュメンタリー番組の「世界の摩訶不思議な家」に出てくる、変わった形のお家なのです。Rapperswil(ラッパーズヴィール)からZürich (チューリッヒ)方面に向かう途中で見ることができます。

電車からだと一瞬で、分かりにくいのですが、なだらかな曲線が美しいお家です。内装も素敵なので、詳しくはNetflixで見てみて下さいね♪

さて、摩訶不思議な家を見ていたら、今日の行き先がついに決まりました!

Zürich (チューリッヒ)を出発して、Bern (ベルン)→Interlaken (インターラーケン)→Grindelwald(グリンデルヴァルド)と進みます。

そうです!今日の目的地はGrindelwald(グリンデルヴァルド)になりました!Mount Pilatus (ピラトゥス山)はやっぱり霧が多かったので、また次回ということで・・・

さて、目的地も決まったので外の景色を楽しみながら向かいます♪

緑を見た後は、美しいトゥーン湖沿いを進みます。

そして、まずInterlaken (インターラーケン)に着きました。ここで乗り換えて、Grindelwald(グリンデルヴァルド)に向かいます。

約35分後、Grindelwald(グリンデルヴァルド)に到着しました!

Grindelwald(グリンデルヴァルド)からロープウェイに乗って向かった先にはFirst(フィルスト)という遊び場があるので、そこに向かいます。また、First(フィルスト)には、あるドラマのロケ地もあるのです♪

とその前に、駅前に「日本語観光案内所」と漢字で書かれた建物を発見しました!

あんな所にも日本語が!昔は日本人観光客が多かったのですね!

Grindelwald(グリンデルヴァルド)駅からは、スイスを代表する山の一つであるEiger (アイガー)とMönch (メンヒ)が目の前に見えます!凄い迫力です。

Eiger (アイガー)といえば別名「死の壁」と呼ばれる山で、困難で危険な北壁として世界的に知られています。日本では北壁ではないものの、タレントのイモトアヤコさんが登山したそうですが、その話を知ったときには衝撃を受けました!そして感動しました!

Eiger (アイガー)を見ているだけなら「あぁ、美しい山だな」という感じですが、この山を登るとなると話は別で、実際に見てみるとその険しい山に恐ろしくなりました。

登山に挑戦したなんて、ものすごい体力とメンタルが必要ですし、それをプロの登山家ではないイモトアヤコさんが登ったなんて本当に尊敬です!

先月、ブリエンツ・ロートホルンへ行った時に、ちょっとした山道を下ったのですが、足元の石が滑り落ち、バランスを崩しただけで恐怖でいっぱいになり、その場にしゃがみこんでしまいました。暫くは立ち上がれなくなって、しゃがみながら、手をつきながら降りていきましたが、それくらい登山や下山には恐怖があるということを知ったばかりだったので、Eiger (アイガー)の登山の話になおさら感動したというわけなんです・・・!

そして、今ではYou Tubeで世界の山を登山している人の動画を見まくっています・・・本当に凄いメンタル・・・!

と、山についてのお話はこれくらいにして、駅からバスで移動しました。

そして、ロープウェーに乗って上まで行きます。

建物のまわりをぐるっと回ったら乗り場です。

6人乗りのゴンドラですが、全然混んでなかったので貸切で乗れました!

約25分かけて登っていきます。25分間も乗るゴンドラって長いですよね!

途中で、2箇所降りれるポイントがあるのですが、そこでラクレット号を見かけました!内装が牛柄で可愛かったです♪

下を見下ろすと、アクティビティの一つであるミニレンタルバイクで楽しそうに山を下っている人たちを見かけました!乗りたいな〜♪

さて、約25分後、頂上のFirst(フィルスト)に到着しました!標高は2168mです。

ちょっと霧がかっていましたが、雲の間からちらちらと美しい山を見ることができました。

First(フィルスト)には、レストランやホテル、たくさんのアクティビティが用意されています。

まずは、色々なアクティビティに行く前にある場所へ向かいました。

そのある場所とは・・・

ここです!

これだけ見て、どこに向かったかわかった人は相当マニアですが(笑)、ここはNetflixドラマの「愛の不時着」で、使われたシーンなのです!

このシーンを見ればピンとくる方もいるかもしれませんね!

ジョンヒョクとダンのツーショットをユンセリが撮影した場所だったのです♪

この場所はどのまとめサイトを見ても、英語のまとめサイトを見ても分からず、主人が方角と地図と山の形と道の形状から発見しました(笑)

ということで、せっかくなので、この素晴らしい場所で持ってきたドーナツを食べることにしました♪

空気もドーナツも美味しくて、景色も綺麗で、最高のランチタイムでした♪

十分に「愛の不時着」を感じることができたので(ちなみに私はダンちゃんファン)、少しお散歩しました。

なんでこんなに川とお花が綺麗なんでしょう〜!!!

美しい景色を楽しみながら次に向かったのはこちらです!

こちら、フィルスト山(標高2184m)の切り立った断崖に設置された『フィルスト・クリフウォーク』というアクティビティになります!見るからに怖い・・・

フィルスト山を囲むように歩いたあとは、ちょっとした吊橋もありました。

かなり頑丈な橋なので大きく揺れたりはしないのですが、こういうところに来るといますよね・・・

ゆ・ら・す・ひ・と!!!!!

ちょうど私の前を歩いていた、おじさんが吊橋の中心くらいで軽くジャンプとかし始めて、ちょっとイラっとしました(笑)

怖いからやめて〜〜〜〜〜!!!

まぁ、そんなこんなありましたが、無事何事もなく渡りきりました。ちなみに全長250mで所要時間は15分ほどです。無料で誰でも渡ることができます。また、この『フィルスト・クリフウォーク』は高級時計ブランドの「TISSOT」がスポンサーとなっています。

さて、最後まで進みたいのですが、写真をよく見ると、んん!?行き止まり!?

そうなんです!まさかのこの突き出した部分が行き止まりになっているのです!この場所付近には、パラグライダーの方がたくさんいて、近づいてきてくれたりしました!サービス精神旺盛ですね♪

それから、この行き止まり部分から絶壁を覗き込むことができるので、みんなこんな感じになっていました(笑)更に、素晴らしいことに、みんなちゃんと順番を守って撮影していたので、いい写真も撮れましたよ♪

人がいないとこんな感じです!

写真撮影も終わって、戻るために後ろを振り返ったら、先程通った『フィルスト・クリフウォーク』が見えました。本当に絶壁にあるんだぁ・・・と改めて実感・・・本当に凄い橋です!

『フィルスト・クリフウォーク』の横はレストラになっていました。レストランから空を見上げてみたら・・・

パラグライダーがいっぱい!本当に気持ちよさそうでいつかやってみたいなぁと思いますね♪

せっかくなので、パラグライダーが出発する場所まで見に行くことにしました。

パラグライダー達のスタート地点は遠くに見える旗が立っている場所なのですが、その前にこの場所、実は・・・

またもや「愛の不時着」のロケ地なのです!最後にユンセリとジョンヒョクが感動の再会をする場所なのですが、もう「愛の不時着」に関して話すと長くなってくるので、他でまとめることにしますね!

パラグライダーのスタート地点まで来ました!ここから何人ものパラグライダーが飛び降りていったので、見ていて面白かったです!

パラグライダー達を見送って、ケーブルカー乗り場に戻ることにしました。

その途中、何やら面白そうなアクティビティが・・・実はこれ・・・

高速で下まで行くことができるアトラクションだったのです!そのスピードは本当に凄くて、見ていて私は怖いなあと思っていたのですが、主人は隣で目をキラキラさせているではありませんか!!!

でも、結構並んでいたので、後ろ髪惹かれながらも諦めてもらいました(笑)

First(フィルスト)を十分に楽しんだので、帰ることにしました。

そして、ケーブルカー乗り場で、また日本語を発見!日本語を見つけると嬉しいですね♪

ちなみに、記念コインを作る機械もありましたよ〜!

ケーブルカー乗り場から、先程のアトラクション乗り場が見えました。よくこんなところに作りましたよね・・・(笑)

そして、あっという間にGrindelwald(グリンデルヴァルド)の街に到着です。

Grindelwald(グリンデルヴァルド)の街自体もとても可愛いし、お土産屋さんもたくさんあって楽しいので、家族や友達を連れてくるのもいいなぁと思いました♪

では、Grindelwald(グリンデルヴァルド)を出発です!楽しかったなぁ〜♪

時刻は、まだ15時でしたが Genève(ジュネーブ)までは約4時間もかかるため、帰ることに・・・でも、まだ外も明るいし、もう一箇所行こう!ってことで、Montreux (モントルー)まで行きました。

と、言いますのもMontreux (モントルー)ではジャズフェスティバルの開催中なのです♪

何度来ても、レマン湖沿いの道の美しさには驚かされます・・・!

レマン湖沿いでは、ジャズ?というよりもロックが聴こえてきました♪そして、ロック+Montreux (モントルー)と言えばこの人に会わないといけませんね!

フレディー・マーキュリーの銅像です!1978年にアルバム制作のためモントルーを訪れて以来、この地が気に入ったようでレコーディング・スタジオまで作ったそうです。

ちなみに、去年Montreux (モントルー)近郊に来た時のブログがあるので、ご興味のある方はこちらからお読み下さいね♪↓

🇨🇭スイス日帰り旅行〜Montreux(モントルー)&Vevey(ヴヴェイ)編〜シヨン城、ネスレ博物館、世界遺産のワイン畑ラヴォー地区

フレディー・マーキュリーに挨拶も済んだので、ロックが聴こえる場所まで行くことにしました。ロックと言っても、とても心地の良い音楽です♪

湖沿いにあるステージで演奏が行われていたのですが、まわりは人でいっぱいでした!そして、驚いたことに、自家用ヨットをお持ちのリッチな方々はなんと、ヨットをステージの近くに寄せて、ワインを飲みながら演奏を聴いているではありませんか!!!

なんて優雅なの!?

ジャズフェスティバルも楽しめたので、今度こそお家に帰ることにしました。この写真はMontreux (モントルー)から Genève(ジュネーブ)までの電車の中から見ることができる、モンブランです。まだまだ雪で覆われているのですね〜!

さてと、また2週間後にMontreux (モントルー)に来る予定ですが、2週間後は・・・

To be next continued ….(>ω<)

最後までお読み頂きありがとうございました。ブログ村に登録したので、「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村