🇨🇭スイスで歯医者に通う①〜病院選び、費用〜

2022年3月29日

生きていく上で大切な箇所の一つに「歯」がありますが、コロナのせいもあって、歯科検診をするために日本にも帰れず、困っていました。

歯科検診や、何かあった時に相談できる歯医者さんって必要ですよね?なので、スイスでそういった歯医者さんを作ることにしました!

そこで、色々調べて今日ご紹介する、こちらの歯医者さんに行ってきたので、その様子とお会計についてもお話していきたいと思います。

スイスには本当にたくさんの歯医者さんがありますし、どこの歯医者さんの口コミを見ても、とても評価が高いので基本ハズレということはなさそうでした。なので、私たちが選ぶ基準としては、通いやすい場所にあること、英語が通じること、評価がいいことで、こちらの歯医者さんを選びました。

入口はスイスらしく、昔からある建物の中の一角に歯医者さんがあるという感じです。

歴史的な建物の入口とは一転!歯医者さんの入口はとても現代的でオシャレでした。

こんなポップなアートなんかも飾ってあります。

事前に、HPから予約していたので、歯医者さんに入ったらスムーズに受付をすることができました。

まずは、待合室でお待ち下さいね、とのことだったので待合室に入ったら・・・

待合室がおしゃれすぎて、「え?ここって歯医者さん?」と一瞬考えちゃうような感じでした(笑)

数分後に、受付の方が問診票持ってきてくれました。内容は、基本的な質問の他に(名前とか住所とか誕生日)、笑顔を作った時に美しくみせたいか?みたいなのもあって、審美歯科にも力を入れているような感じでした。

問診表の記入が終わったら、まずは、私から始まりました。

診察室に案内されるのですが、診察室でもびっくりが待ち構えていました!

まず、先生は結構若めでとってもおしゃれな制服を着ていました。おしゃれな制服って何?って感じだと思うのですが、歯医者さんっていうと白衣のイメージですよね?でも、白衣じゃなくて、黒のピタッとしたジップアップジャケットみたいなのを着てたのです!

1部屋に診察台は1台のみの個室タイプになっていて、診察台はシャンパンゴールドのピカピカした椅子で、とにかくオシャレ!

とりあえず、部屋にも先生にも驚いていたのですが、自分の歯の悩みを伝えなきゃ!と我に返って事前にフランス語で説明文を作って印刷したものを渡しました。

私の奥歯には、インプラントが入っているのですが、全体的に歯の高さが低いために、それに合わせて作ったインプラントのクラウンが上手く接続されず何回も外れるという自体が発生していたのです・・・それから、今から約8年前くらいに入れたセラミックが割れてしまっていて、その相談もしました。

このインプラントの問題は、日本の他の歯医者さんでも解決できなくて本当に困っていたので、スイスで解決できたらいいなぁという思いがあり、期待しながらの歯科検診が始まりました。

そして、ここでもまたびっくりがあったのです・・・!

まず、診察台に座って、リクライニングになるわけですが、天井にテレビが設置してあって、森林とか動物の癒やしの動画を見ながらの診察になるのです!す・・・すごい!

それから、レントゲンを撮るのですが、レントゲン室に入って撮影するわけではなく、寝たまま口の中に金魚すくいの輪っかみたいなのをいれて、外側からポラロイドカメラみたいなので撮影する、というものだったのです!これにもびっくりです!ポラロイドカメラみたいなのでまさかレントゲンが撮れるなんて・・・!

更に次は、ボールペンみたいな細いスティックを口の中にいれて、カチっとボタンを押すと写真が撮れるようで、上下の奥歯の写真撮影もしました。これまたびっくり!

な・・なんてハイテクなんでしょう・・・!今の歯医者さんってこんな感じなんですか!?これはスイスだから???

その後に、写真とレントゲンを見ながら、歯の説明をしてくれます。虫歯はなかったものの、それなりに治す箇所があったみたいで、丁寧に1本1本説明してくれました。

最後に治療する優先順位を教えてくれます。料金に関しては、インプラは取り寄せになるので、業者から金額を確認したらメールをくれるという感じでした。また他の場所に関しても、「見積もりを出してからあなた達が治療を受けるか考えてもいいよ!」と言ってくれて、なんて親切なんだろう、と思いましたね!

スイスの歯医者はとても高いと聞いていたので、すっごくビクビクしていたのですが、さて、見積もりはいくらくらいになるんでしょうね・・・

私の診察が終わったら、次は主人の番です。同じようにレントゲンと写真を撮ってから、詳しく説明してくれます。主人も虫歯はありませんでしたが、気になる部分があったので、治してもらうことにしました。

初回の診察は、これにて終了です。特に治療はなく歯科検診とカウンセリングのみでした。丁寧なカウンセリングだったので、満足はしていますが、費用は後日になります。

ちなみに、HP上では初回のコンサルティング費用は90フラン(11,000円)〜です。高いようにも感じますが、日本の歯医者さんに行っても、私たちは健康保険適用外なので、いつもそれくらいかかっていますし、そう考えるとスイスで治療したほうが安心なんじゃないかな!?とも思えます。

さて、では2週間経って請求書が来ましたので、費用の発表です・・・!

内訳は・・・

【主人】

Diagnostic nouveau patient(初診料)・・・94.5フラン(約11,500円)

Radiographie dentaire/occlusale(レントゲン)2枚・・・49.5フラン(約6,000円)

合計144フラン(約17,500円)

【私】

Diagnostic nouveau patient(初診料)・・・94.5フラン(約11,500円)

Radiographie dentaire/occlusale(レントゲン)3枚・・・74.25フラン(9,000円)

合計168.75フラン(約20,500円)

どうでしょうか?診察台はみなさんの予想より高かったですか?安かったですか?

そして、次回から治療に入るわけですが、実はもう治療を始めているのです!治療内容や、費用については「スイスで歯医者に通う②」でお話しして行こうと思います!

ということで、以上、「スイスで歯医者に通う①〜病院選び、費用〜」でした。

続きはこちらから読めます!↓

🇨🇭スイスで歯医者に通う②〜セラミック治療〜

🇨🇭スイスならでは!歯医者さんの支払いが手数料なしで分割できる制度!?

🇨🇭スイスで歯医者に通う③〜ついにインプラント治療!前半〜

最後までお読み頂きありがとうございました。ブログ村に登録したので、「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイス(海外生活・情報)ランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村