🇨🇭コロナ禍のスイス週末旅行3日目〜絶景リギ山とFlüelenからLuzernまで船で移動する〜

2021年10月17日

スイス週末旅行2泊3日の3日目です!2日目に標高の高い場所と低い場所を行ったり来たりしたせいで、夜に頭が痛く、3日目は当初予定していたルートを変更して、船の旅にしました。なんと船の料金も「Saver Day Pass」に含まれているので、今日もお得に旅行しています!

本来なら、ホテルのあるZürich Oerlikon(チューリッヒ エルリコン)からFlüelen (フリェレン)までが24.50フラン(約2,500円)、Flüelen (フリェレン)からLuzern(ルツェルン)までの船が36.00フラン(約4,200円)。Luzern(ルツェルン)からGenève(ジュネーブ)までの電車が70.00フラン(約8,200円)の合計130.5フラン(約15,400円)です。
これが49フラン(約5,800円)、しかも全て1等席とは「Saver Day Pass」の威力はやっぱり凄いですね。

「Saver Day Pass」については過去に詳しく書いてますので、こちらからご覧下さい。↓

スイスでお得に生活する〜乗り物編(GA Travelcard 、Half Fare Travelcard、Swiss Museum Pass、Saver Day Pass、CFF day pass)

また、旅行の1日目〜はこちらから読めますので是非読んでから続きをご覧くださいね♪↓


コロナ禍のスイス週末旅行1日目〜kambly trainに乗って、スイスが誇るお菓子メーカー「kambly」工場へ行き、クッキーを大量購入する〜

【BONVOY】コロナ禍のコートヤード・チューリッヒ・ノース

コロナ禍のスイス週末旅行2日目前半〜ユネスコ世界遺産の区間ベルニナ急行に乗って絶景を見る〜

コロナ禍のスイス週末旅行2日目後半〜St.Moritsの街並みとパノラマ電車に乗る〜

では、週末旅行3日の始まりです!

朝は10時半くらいに出発しました。

まず、今日向かった先はZürich(チューリッヒ)にある日本人女性バリスタが経営するコーヒーショップ「MAME Coffee」です。

Zürich Oerlikon(チューリッヒ エルリコン)から一駅で、Zürich(チューリッヒ)に到着しました。川の水が透明で綺麗ですね。

電車を降りたら、トラムに乗って「MAME Coffee」へ向かいます。

トラムを降りて徒歩2分くらいで「MAME Coffee」に到着しました!とても人気のコーヒーショップでお店を出た時には大行列でした!バリスタのさんは凄く親切だし、コーヒーは美味しいしまた必ず行きたいと思いました!

「MAME Coffee」については、別の記事で詳しく書いてますので、こちらからお読み下さいね♪↓

【スイス】世界一の日本人女性バリスタがいるカフェ「MAME」

「MAME Coffee」のHPはこちらから飛べます。

「MAME Coffee」の場所はこちらです↓

コーヒーで一息ついて、Zürich(チューリッヒ)駅に戻ってきました。

この電車は、面白くて出入口に色々な目的が書いてあります。こちらは、ビジネス専用車両のマークがついています。

別の扉は、レストラン車と車椅子の方がスムーズに乗れて、広いスペースがある車両です。

こちらは、ベビーカーがスムーズに乗れるような車両です。

このように目的ごとに入口に書いてあると親切いいですよね!もちろん、どの車両にも普通の席がありますので、自由に座れます。

私達はビジネスの車両に乗ってみました。

席は他と変わらなかったのですが、コンセントが多めなのでビジネス車両ということなんでしょうかね?

こちらは、レストラン車両です。今はコロナのために食事の提供はしてませんので、普通の車両として使われていました。コロナが収束したら、レストラン車でお食事をしながら移動してみたいです!

今日はまず、Zürich(チューリッヒ)からZug (ツーク)まで行きます。

ルートはこんな感じです。

窓が大きいので、景色が楽しめました。

約20分後にZug (ツーク)に着きまして、このまま乗り換えて今度はFlüelen(フリェレン)へ向かいます。

ルートはこんな感じです。

Flüelen(フリェレン)へ向かうルートの途中で見えるリギ山がとても美しいです。

冬なのに、芝生が緑で美しいですし、大迫力のリギ山が本当に綺麗です。

約40分で、Flüelen(フリェレン)に着きました。Flüelen(フリェレン)からは船に乗ります!

電車の駅を降りたらすぐ、目の前に船着場があります。

船が来ました!

大きな船です!たくさんの人が待っていました。不思議なことにみんな並んでいませんが、特に混雑することなくスムーズに乗れました。そういえば、乗るときにチケットのチェックはありませんでした!(でも、乗っている途中でチケットのチェックはきました。)

さて、この船のルートですが、こんな感じになっています。

いくつかの船着き場に寄りながらLuzern(ルツェルン)まで行きます。所要時間は2時間47分です。

ちなみに、この船のルートは、「ゴッタルド・パノラマ・エクスプレス」の一部なんです。「ゴッタルド・パノラマ・エクスプレス」のルートは、Luzern(ルツェルン)=Flüelen(フリューレン)=Bellinzona(ベリンツォーナ)=Lugano(ルガーノ)ですが、このLuzern(ルツェルン)=Flüelen(フリューレン)の区間を湖船(電車もあります)、Flüelen(フリューレン)=Bellinzona(ベリンツォーナ)=Lugano(ルガーノ)を鉄道というのが全てのルートです。今は、全面パノラマの鉄道路線は冬期運休なので乗ることはできませんが、同じ区間を通常列車が走っているので、その区間の一部に乗ってきましたよ!その際のブログはこちらから読めますので、是非ご覧下さいね♪

スイス日帰り旅行〜電車に乗り続けて景色を楽しむ旅・後編(Luzern〜Interlaken〜Spiez〜Zweisimmen〜Montreux〜Genève)

船の中に入りました。1階は2等席で、2階が1等席です。

席はたくさんあります。みんなワインや食べ物を持参して船旅を楽しんでいました。

テラス席もありますが、風が強くて寒いので、とりあえず席は中に取ることをおすすめします。

でも、写真は外で撮った方が綺麗ですね!

1階も2階も船内をぐるっと歩けるようになっています。

ドリンクスタンドもありましたが、今はコロナのためお休みでした。

お土産も売ってましたよ!

船の中を探検していたら、あっという間に一つ目の船着場&写真スポットに到着しました。

ここは、スイスの英雄「テルの礼拝堂」です。「テルの礼拝堂」について詳しくは過去のブログで書いていますので、こちらからお読み下さいね♪

スイス国内旅行・車で回る7泊8日〜3日目・愛の不時着ロケ地周りリベンジとスイス建国を学ぶ(Kaiserstuhl(カイザーシュテュール)、Altdorf(アルトドルフ)、Tellakapelle(テル礼拝堂)、Schwyz (シュビーツ))

「Tellsplatte」を出発します!

続けて見えてきたのは、スイス建国の地「Rutli(リュトリ)の丘」です。

この小さな丘で、ウーリ、シュヴィーツ、ウンターヴァルデンの3つの州が、ハプスブルク家の圧政に対抗すべく、互いの忠誠心をここで誓ったという、重要な地です。

「Rütli(リュトリ)」の船着場、カッコいいですね!

そして、またしばらく進むと「シラーの石」が見えてきました!字が書いてあるのですが、遠過ぎて見えないですね。。

そんなこんなで、小さな駅と大きな駅を停車しながら美しい景色を見る船旅でLuzern(ルツェルン)まで向かいます。

途中、誰かが鳥に餌をあげ始めたら、たくさんの鳥が集まってきました!

そんなこんなで、あっという間にLuzern(ルツェルン)に到着しました!

終点なので、みんな降ります。まずは1等席のお客さんから出ることができます。

Luzern-Bahnhofquai(ルツェルン)に到着です。

船着場から見たLuzern(ルツェルン)の街並みです。

船を降りてから、Genève(ジュネーブ ) 行きの電車が発車するまで10分しかないので、急ぎます。

今回の旅行、最後の電車です。

ルートはこんな感じです。

最後の景色を楽しみます。こちらは、ゼンパハ湖です。

あっという間に、Bern(ベルン)まで来ました。

世界遺産の葡萄畑、ラヴォー地区を通ります。夕日が沈み始めて美しい眺めです。

夜19時にGenève(ジュネーブ )に到着しました。

今日は、電車だけでなく、船にも乗って色んな角度からスイスの景色を楽しむことができました。コロナ禍でも、レストランはやっていなくても、乗り物に乗って楽しむことができるスイスは本当に素敵な国です。コロナが終息したら、是非みなさんにもスイスのたくさんの乗り物に乗って、この景色を見て欲しいなと思いました。

以上、コロナ禍のスイス週末旅行3日目〜絶景リギ山とFlüelenからLuzernまで船で移動する〜でした。

最後までお読み頂きありがとうございました。湖船クルーズしたーい!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村