🇨🇭ゴッホの未公開作品が約17億で落札されたけど、同じモンマントルの作品を見れる美術館があるよ!

先日、Vincent van Gogh(ヴァン・ゴッホ)の未公開作品であるフランス、パリのモンマントルを書いた絵画が1,310万1250ユーロ(約16億8,000万円)で落札されましたね。もともとは500万ユーロ(約6億5,000万)から800万ユーロ(約10億)で落札されると予想していたみたいですが、まさか最終的に1,310万1250ユーロ(約16億8,000万円)になるとは・・・

オークションのスタート価格は400万ユーロ(約5億1,000万)で、たった1分半で当初の予定の800万ユーロ(約10億)まで到達したらしく、その後はサザビーズ・アジアの会長兼中国の芸術作品部門の国際会長兼会長であるNicolas Chowさんとサザビーズロンドンの印象派&現代美術部門のシニアスペシャリストであるSamuelValetteさんの2人で10分以上、白熱した競り合いが続いたそうです。(恐らく彼らの裏に顧客がいます)その後、1200万ユーロになった途端、オンライン参加者がまさかの1,310万1250ユーロで落札を決めたそうです。(本当は1,400万ユーロで落札されたらしいのですが、1番目と2番目の落札者のオンライン上の不具合?か何かが生じて3番目の落札者の1,310万1,250ユーロが適用されたんだとか)

オークション主催者はサザビーズとパリのオークション・ハウス「ミラボー・メルシエ」の共同でした。

この作品は、1887年にゴッホが弟とモンマントルに暮らしていた時に描いた作品だそうで、「モンマルトルの通りの光景」というタイトルがついています。今までは、フランスに住むある一族が1920年頃に取得してから100年以上所有していたので一般公開はされたことがなかったらしいです。

また、ゴッホがモンマルトルにいた時代の絵画で個人の手に渡っているものは非常に少なく、ほとんどは、世界の有名な美術館に所蔵されているんだとか。なので、市場に出回ることが滅多に無いので、とても注目されたオークションだったわけです。

今回、落札した方の情報が公開がされていないので、もしかしたら美術館とかではなく一般人かもしれませんね・・・となると、落札した方が何らかの方法で一般公開するか、その人の家に遊びに行かないと見ることはできませんね・・・・てか、約17億の絵画を自宅に飾るって、どんな家に住んでるんでしょうね!?

さて、スイスにはたくさんの美術館があって、今まで色々とご紹介してきましたが、(過去の美術館記事のリンクを一番下に貼っておきますので、是非読んで見てくださいね♪)去年の末に行った美術館で、今回落札されたモンマントルの風景画に似たものを見たことがある気がするんですよ。そこで、自分の携帯の画像を探したところ・・・

ありました!!

この作品は、1886年6月からモンマントルに住んでいた時の作品で、このムーランの風車をモチーフにしたものだそうです。今までにゴッホは、モンマントルの風車をモチーフにした作品を3つ描いているそうです。先日落札された作品もモンマントルの地域で遠くに風車が見えますよね。なので、場所は同じかと思われます。が、ラングマット美術館のこの絵画の横にある説明を読んだら、少し残念なことが描いてありました。この絵がゴッホの作品かどうか、未だに研究が続いており100%ゴッホとは断定できないそうです。実際のところどうなんでしょうね?でも、この作品の素晴らしさは間違いないので、この時代の作品を見れる美術館は、行く価値があると思います。

ちなみに、この美術館はABB (アセア・ブラウン・ボベリ)という電力関連、重電、重工業の創業者の別荘であり、彼が個人収集したものを展示している美術館です。やはり、この時期のゴッホの作品は個人収集家が持っているのですね・・・

それと、更に余談ですが、この美術館は韓国ドラマ「愛の不時着」のロケ地でも使われていました。

本当に美しく、スイスにある美術館で一番お気に入りの美術館です。

過去に詳しく描いていますので、この美術館についてご興味あれば以下のリンクから読んで下さいね♪

🇨🇭スイス日帰り旅行②〜「CFF day pass」を使ってお得に旅行!〜Baden(バーデン)編〜「愛の不時着(Crash Landing On You)」ロケ地のラングマット美術館と美味しいハンバーガー

以上、Vincent van Gogh(ヴァン・ゴッホ)の未公開作品が約17億で落札されたけど、同じモンマントルの作品を見れる美術館があるよ!でした。

最後までお読み頂きありがとうございました。ブロブ村に登録したので、是非「ぽち」っとお願いします♪押してく出さるとまたブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

旅時々ワイン - にほんブログ村

過去の美術館・博物館記事はこちら!↓

🇨🇭Lausanne(ローザンヌ)日帰り旅行〜傾斜のある街並、ローザンヌ大聖堂と絶品クレペリエ、エリゼ美術館、オリンピック博物館〜

🇨🇭スイス日帰り旅行〜Gruyeres(グリュイエール)編①〜グリュイエールチーズ工場、グリュイエール城

🇨🇭スイス日帰り旅行〜Gruyeres(グリュイエール)編②〜Maison Cailler(メゾンカイエ)のチョコレート工場

🇨🇭レンタカーで行く!スイス日帰り旅行〜La Chaux de Fonds(ラ・ショー・ド・フォン)〜国際時計博物館と世界遺産を眺めながらの素敵ランチ〜そして、悲惨なレンタカー・・・

🇨🇭スイス国内旅行・車で回る7泊8日〜8日目・学問と文化が栄えた街バーゼルで芸術の旅( バーゼル美術館、バーゼル大聖堂、ティンゲリー美術館)

🇨🇭世界屈指の書物コレクター、ボドメールの書物を見に行く「Fondation Martin Bodmer(マルタン・ボドメール財団図書館)」

🇨🇭スイスの宗教を知る「Musée international de la Réforme(国際宗教改革博物館)」

🇨🇭スイス日帰り旅行①〜「CFF day pass」を使ってお得に旅行!〜Aarau (アーラウ)編〜アールガウ美術館で現代アートを学ぶ

🇨🇭スイス日帰り旅行②〜「CFF day pass」を使ってお得に旅行!〜Baden(バーデン)編〜「愛の不時着(Crash Landing On You)」ロケ地のラングマット美術館と美味しいハンバーガー

🇨🇭ジュネーブに来たらまずはここ!「Musée d’art et d’histoire(ジュネーヴ美術・歴史博物館)」

🇨🇭Collection de l’Art Brut(アール・ブリュット美術館)

🇨🇭Fondation de l’Hermitage(エルミタージュ財団)

🇨🇭Musée cantonal des Beaux-Arts(PLATFORM 10/ヴォー州立美術館)

🇨🇭Musée Ariana(アリアナ美術館)

🇨🇭Musée international de la Croix-Rouge et du Croissant-Rouge(国際赤十字博物館)