🇭🇰The Peninsula Hong Kong(ペニンシュラ香港)を元香港在住5年半の私が70%くらいご紹介!

2022年2月28日

今日は、香港第2弾として「The Peninsula Hong Kong(ペニンシュラ香港)」をご紹介しますね♪

ペニンシュラ香港は全てのレストランを利用したことがあるわけではないのですが、様々な施設を利用したことがあるので、結構詳しくご紹介できると思います♪

ハーバー沿いにあるペニンシュラ香港は、1928年創業の香港発の高級ホテルです。日本にもありますがそのホスピタリティは最高レベルですよね♪

中に入ると、グランドフロア(日本で言う1階)がロビーラウンジになっていて、午後はアフタヌーンティーを楽しむことができます。

ペニンシュラ香港のアフタヌーンティーはとても有名ですが、原則ホテルゲストが優先になるので、一般で来ると予約はできないようになっています。何度か1時間くらい並んだことがありました・・・

ということで、アフタヌーンティーからご紹介したいと思います。

【アフタヌーンティー】

こちらがクラシックアフタヌーンティーのセットになります。

季節によって、ケーキなどは変わりますが、クラシックのセットは一つ一つが丁寧でとても美味しいです。また、先日ご紹介したリッツ・カールトン香港同様、ラグジュアリーブランドとのコラボレーションもよくやっていました。

ハリーウィンストンコラボの時のテーブルセットはこんな感じで、

ブランドイメージに合わせたアフタヌーンティーを楽しむことができます。

一番上はこんな感じでした♪可愛くて食べるのがもったいないですね!

そして、凄いのがハリーウィンストンのお土産付きということ!

中身は、可愛いスプーンが2本でした!このスプーンが欲しくて、2回も行きました(笑)なので、うちにはこのスプーンが3セットあります(主人もらったので)♪

ちなみに、ハリーウィンストンコラボアフタヌーンティーは1人だと398香港ドル(約5,600円)+10%のサービスチャージ、2人分だと718香港ドル(約10,000円)+10%のサービスチャージでした。お土産までついて素敵なアフタヌーンティーができて、このお値段は最高ですよね!

また、別の時はティファニーコラボでした。

この時はスイーツが全体的にティファニーブルーでとても可愛くて、食べるのがもったいなかったです!当時ティファニーカフェはなかったので、この時のアフタヌーンティーはテンションがあがりました♪(現在、香港にティファニーカフェがあるので、今度ご紹介しようと思います♪)

後は、ブルガリコラボの時もありました!だけど、ブルガリコラボの時はお土産はなしでした。でも、とっても可愛いスイーツにテンションは上がりっぱなしでしたよ!

そして、キティちゃんコラボなんかもやってました!

これも、可愛すぎて食べるのを迷いました(笑)

キティちゃんコラボの時のお土産は、缶に入ったペニンシュラベアとキティちゃんのコラボステッカーでした。おまけがもらえると嬉しいですよね♪

先日ご紹介したリッツのアフタヌーンティーも可愛かったけど、ペニンシュラも可愛いので、毎週どこかのアフタヌーンティーに行ってました(笑)

次は、お部屋のご紹介をしたいと思います。

【宿泊ルーム】

このお部屋は通常のお部屋「DELUXE COURTYARD ROOM」です。45平米と広いです。

ベッドの横には、ソファとテーブルがあります。

また、お部屋にはペニンシュラオリジナルのティーセットが置いてあって、こちらのお茶を淹れてもらえました。

あとは、食べごろのフルーツもあって、お部屋でゆっくりフルーツを楽しむことができます。

バスルームにはこのような石鹸が置いてあるので、持ち帰ることができます。

そして、アメニティはペニンシュラオリジナルのものになります。全て揃っているので、安心して宿泊が出来ました。ちなみに、1泊4,780香港ドル(約66,500円)です。お〜高い!

さて、次はスイートルームのご紹介です。

【スイートルーム

スイートルームは低層階にあります。高層ビルばかりの香港にとって、低層階で素晴らしい景色が見れることは、とても贅沢なのです。

入口を入ると、廊下があって、1つ目の扉を入るとこのようなサロンルームになっていました。

そして、お決まり中国茶セットがあり、

ペニンシュラオリジナルティーやコーヒーセットがあり、

新鮮なフルーツとチョコレート、メッセージカードが置いてありました。

それと、靴磨きサービスがあるので、専用の箱に靴を入れておくと無料で磨いてくれます。

そして、廊下を歩いて別の部屋に行くと・・・

明るい光の入るベッドルームがあります。

アメニティは通常のルームと同じペニンシュラオリジナルアメニティでした。バスルームのお写真取り忘れてないのですみません><

お部屋の広さは86平米でお値段1泊7,580香港ドル(約105,500円)です。スイートはやっぱり高いですね。

さて、次は朝食のご紹介です。朝食はグランドフロアの「The Lobby」か1階(日本では2階)の「The Verandah」から選べます。グランドフロアの「The Lobby」だと、オーダー式の朝食になりますが、1階(日本では2階)の「The Verandah」だとビュッフェになります。

【The Verandah

今回は1階(日本では2階)の「The Verandah」をご紹介しますね。

レストランはL字型の構造になっています。

何を食べていいのか悩んでしまうくらいの数で、目にもお腹にも最高の朝食となっていました。

フレッシュな野菜からフルーツからハム類からたくさんの種類がありました。

フルーツジュースなんて、見ただけで絶対美味しいのがわかります(笑)

パンの種類も豊富ですし、

焼きたてのワッフルなどもあります。

温かいお食事も充実していますし、卵料理はオーダーしてから作ってもらえるので、好みを伝えることができます。

とりあえず、ペニンシュラの朝食を食べる時は体重が増えることを前提に行くべきです(笑)

ちなみに、私の母はグランドフロアの「The Lobby」で朝食を頂いたのですが、オーダー式にはなっているものの、無限に追加できるので、温かいものをキレイな盛り付けで持って来てもらえるという点で、ゆっくりできてよかったと言っていました。ビュッフェは選ぶ楽しみがありますが、オーダー式はゆっくりできていいという利点があるのですね。どちらのニーズにも答えているペニンシュラさんさすがです。

次にご紹介するのは、プールです。

【プール

宿泊者なら誰でも利用できるプールです。とても広くて目の前がハーバービューになっているます。(お写真HPからお借りしました)

また、テラスもあり、ハーバービューを見ながら日光浴も楽しめます。

フレッシュジュースやシャンパンを飲みながらプールサイドでゆっくりするのもいいですね♪

さて、次にご紹介するのは、スパです。スパは7階にあります。

【SPA】

エレベーターを降りると、もうそこはスパの空間です。

入口からして高級オーラが凄かったです・・・(笑)

こちらのお部屋で、カウンセリングをして待ちます。

こちらのスパでは予約時間の前にサウナなどを使えます。

サウナはヒノキのお部屋で、暑すぎず快適に過ごすことができる温度でした。

サウナから出たら、こちらのリラックスルームでゆっくりすることができます。読書や、専用のヘッドホンで音楽を楽しんだりできます。

こちらは、リラックスルームからの眺めです。

このベッドが本当に気持ちよくて、ずっとここに居たかったのですが、来るのが遅くてエステの時間になってしまったので、しぶしぶここを出ました(笑)エステの前後に利用できますので、十分に時間に余裕を持って来たほうが良さそうですね!

ちなみに、ドリンクとフレッシュフルーツがサービスで置いてありますので、好きに飲んだり食べたりできます。

そして、こちらがエステルームです。広くていい香りで・・・

マッサージオイルは香りを選ぶことができます。

私はボディエステを、主人はフェイシャルをお願いしたのですが、主人の顔が一回り小さくなったので本当に驚きました!高級ホテルのエステはレベルが違いますね!

お値段は、フェイシャル1時間で2,050香港ドル(約28,500円)(土日は+100香港ドル(約1,400円))+サービスチャージ10%で、ボディーが1時間1,990香港ドル(約28,000円)(土日は+100香港ドル)+サービスチャージ10%でした。他にもたくさんスパメニューがあるので、お好きな方には最高の場所だと思います。

最後に、ドリンクをもらって、こちらでゆっくりしてからスパを後にしました。とても綺麗で贅沢な時間を過ごすことができるので、自分のご褒美にオススメです。

では、次はレストランのご紹介をしたいと思います。

まずは、ペニンシュラ香港と言えばここ!の広東料理レストラン「Spring Moon」です。ミシュラン1つ星です。超人気なので、基本的に予約をしないと入れません。

【Spring Moon】

入口を入ると、受付があって、1階席か2階席に案内されます。

こちらは1階席です。正面奥には高級中国茶がたくさん並んでいて、お茶ソムリエさんが美味しく中国茶を淹れてくれます。

こちらは2階席です。

2階は席数が少なくて、ちょっとした優越感に浸れます(笑)下を見下ろすことができるので、開放感もあります。

ランチタイムは飲茶がメインで、単品でオーダーできます。だいたい3個入で68香港ドル(約950円)前後となっています。

日本語メニューがあるのもありがたいです♪ちなみに、コース料理もあります。1人518香港ドル(約7,200円)です。

では、せっかくなのでいくつかご紹介を!

広東料理でこれは絶対に外せない、豚肉の蜂蜜バーベキューです。甘くて柔らかい豚肉が本当に美味しくて、どこのお店に行ってもこれは必ず頼んでいました!お値段うろ覚えですが、148香港ドル(約2,050円)くらいだったと思います。

こちらは中に、甘いチャーシューが入ったメロンパンです。3個で90香港ドル(約1,250円)です。

こちらは、私が一番大好きなディムサム(点心)のチャーシュー入り香港式パイです。3つで63香港ドル(約880円)です。

こちらは見てお分かり春巻きです。エビ入り春巻きガーリック風味です。パリッとした春巻きの皮とプリプリの海老の相性が抜群すぎて、毎回リピートしていました。3本で63香港ドル(約880円)です。ちなみに、香港では飲茶をシェアして食べるので、香港人の友達はいつも、このようにハサミで切ってもらってました。最初はびっくりしました(笑)

こちらは、タロイモの衣をまとったアワビと鶏肉入り揚げ饅頭です。これも、大好きな1品で、サクサクの衣の中にはアワビと鶏肉の他に、タロイモが入っていて、おしゃれコロッケみたいな味がしました。3個で63香港ドル(約880円)でした。

こちらは、松茸豚海鮮焼売です。中に海老が入っているのですが、プリップリで本当に美味しかったです。お値段69香港ドル(約960円)です。

こちらは、海老蒸し餃子です。3個入63香港ドル(約880円)です。これは必須オーダーです!本当に大好きな一品。

これは、ちょっと忘れちゃったんですが、ホタテの貝柱が入ったビーフンのような麺でした。これも本当に美味しくて1人で全部食べたいくらいでした・・・!

こちらは卵白干貝とシーフードの土鍋チャーハンです。確か、メニューになくて言うと作ってもらえます。なぜこれを知っているかと言うと、香港人と来た時に、頼んでくれたからです。美味しすぎて衝撃で、毎回これを頼むようになりました。お値段は300香港ドルくらい(約4,200円)でした。

チャーハンはこんな風に、スタッフさんが人数分取り分けてくれます。素晴らしいサービスです♪

他にも、大根餅や野菜の蒸し餃子、米粉ロールなど美しい飲茶が楽しめます!

全種類、制覇したいなぁと思っていても、いつも結局同じものを頼んでしまうという・・・でも何を食べても美味しいので、私の中で香港の3本の指に入るディムサム(飲茶)を食べられるレストランだと思います!

次は、同じくこちらの広東料理レストラン「Spring Moon」のディナーの紹介です。

通常のアラカルトディナーもいいのですが、シェフズテーブルというコースがあります。これは。シェフが料理をしている姿をキッチンで見ることができるコースとなっています。

テーブルナプキンも特別仕様で、この刺繍の他に私達の名前を事前に刺繍したものをプレゼントされます。凄いサービスです!

まずは、お茶ソムリエによるお茶で乾杯です。

1品目はホタテです。とてもお上品・・・

2品目のガルーパを作っているところをキッチンに案内されました。キッチンがとても綺麗です!

奥には、たくさんのお肉が吊るされていました・・・

とても、素敵なシェフ達です。

と、ここでお茶を淹れてくれました。とても本格的です。普通なら適当にポットを渡されるだけなのですが、さすがペニンシュラ・・・1杯1杯最高の状態でお茶をついでくれます。

3品目はダブルボイルドスーパースープ、ツバメの巣入りです。真ん中の白い巾着は卵白でこれに色々入っていました。

4品目はアワビとガチョウの煮込みです。たくさんの時間をかけて煮込まれたアワビとグースは柔らかくて驚きました。

5品目は土鍋蟹ご飯です。大きな蟹の足がなんとも贅沢・・・

デザートはキャラメルバナナでした!一口サイズが嬉しいし、お上品な味でとてもよかったです。

最後にお値段ですが、1人2,888香港ドル(約40,200円)でした。とっても贅沢なディナーでしたね!!

ディナーをアラカルトで行った時もあったのですが、その時には北京ダックを食べました♪

まるまる1羽と贅沢です!北京ダックは事前予約が必須なので、食べたい方は予約を忘れずに!

目の前で切り分けてくれます。ちなみに香港での北京ダックの食べ方は身まで食べます。皮と身を食べたら、残りは最後にスープにして持ってきてくれます。

お値段は1匹で1,188香港ドル(約16,500円)でした。1羽なら4人以上で食べるのがオススメです。

さて、次はコンテンポラリーヨーロッパ料理の「FELIX」をご紹介します。

【FELIX】

「FELIX」は、入口が別のところにあって、まるで迷路のようになっていました。

大きな窓があって、とってもムーディーです!

HPからもお写真拝借してきましたが、この写真のようにテーブル席の椅子には色んな人の顔がプリントされていて面白い内装でした。

窓側からの景色が本当に綺麗です・・・リッツ・カールトンのように103階から見る夜景とペニンシュラのように1階から見る夜景ではそれぞれの良さがあって、いいですね。

今回はコースを頂きました。1人1,228香港ドル(約17,000円)+サービスチャージ10%でした。もしワインペアリングをつけると3杯のワインで1,728香港ドル(約24,000円)、5杯のワインで1,948香港ドル(約27,000円)というお値段でした。

お料理は、まずは自家製パンです。

シーザーサラダは単品で追加しました。

コース1品目はビーフカルパッチョです。薄いビーフがとても美味しかったです。

あ、スープを追加しました。

2品目はタスマニアのサーモンです。お料理がとてもおしゃれですね・・!

で、写真がブレちゃったんですが、こちらは3品目のロブスターラビオリです。とっても美味しかったのですが!!!写真が・・・

4品目は小さなビーフリブです。柔らかくてとても美味しかったです!

メインがビーフリブかお魚で選べたので、それぞれ違うものを選びました。こちらはピケピーチというお魚です。

このあと、デザートとコーヒーが来ましたが、写真を撮り忘れました(泣)香港のキラキラ夜景を目の前に見ながら食べるディナーはデートにもぴったりですよ♪

さて、最後のレストランのご紹介です。日本料理の「Imasa」です。

【Imasa】

内装のお写真がなかったのでHPから借りてきましたが、とてもシンプルな内装となっていました。

ランチで利用したので、ランチのご紹介です。

稲庭うどんのランチセットを食べました。今は同じメニューが無いみたいですが、当時で400香港ドル(約5,500円)くらいでした。前菜に蟹のせ豆腐が出てきて、

蒸し餃子が出てきて、

ミニ寿司、稲庭うどん、茶碗蒸し、焼き魚のセットになっていました。お寿司のシャリが小さいので、食べやすくてよかったです。それと稲庭うどんが本当に美味しくて、衝撃を受けました!稲庭うどんってこんなに美味しいんですね・・・!

デザートは完熟メロンで、みずみずしくて甘くて美味しかったです!和食は最高ですね♪

ペニンシュラ香港には、他にフレンチの「Gaddi’s」、スイス料理の「Chesa」、バーの「The Bar」がありますが、この3つは行けませんでした(泣)今スイスに住んでいるから、もし香港に行くことがあってもスイス料理の「Chesa」は、この先行くことがないだろうな・・・

そして、花火も最高の角度で見れるのがペニンシュラです。ここ数年コロナとデモの影響で花火が上がっていませんが、また香港にこの華やかな花火が上がったら見に行きたいなと思いました。

以上、he Peninsula Hong Kong(ペニンシュラ香港)を元香港在住5年半の私が70%くらいご紹介!でした。

最後までお読み頂きありがとうございました。ペニンシュラの独特の雰囲気って素敵よね!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

★私のプロフィールまとめも良かったら見てくださいね♪↓

karin-de-ringのプロフィール

「Tropicfeel」の高性能スニーカーが、下記リンクかQRコードからクーポンコード「588」とご入力頂けると5%オフで購入できますよ♪

また、かなりピタッとしたスニーカーなので、サイズはワンサイズかツーサイズ上を購入してくださいね♪

私は、ワンサイズ上にしました!

リンクはこちら↓】

Tropicfeel Japan

【QRコードはこちら↓】

「Tropicfeel」の記事はこちらから↓

🇯🇵「Tropicfeel」っていうスニーカーブランド知ってる??

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村