🇨🇭スイスのチョコレート工場「Maestrani’s Chocolarium(マエストラーニ ショコラリウム)」

2021年10月27日

週末旅行で、リンツチョコレートミュージアムへ行ったばかりでしたが、近くにスイスを代表するチョコレートブランドの「Maestrani’s (マエストラーニ)社」のチョコレートミュージアムがあったので行ってきました!

こちらの「Maestrani’s (マエストラーニ)社」のチョコレートミュージアムの行き方ですが、

まず、「Flawil」という駅まで行きます。

駅を出たら、すぐバス停がありますので、44番の黄色のバスに乗ります。

ちなみに、このバスは「PostAuto」というスイスの郵便などをやっている会社が運営しているバスでした。なので、色がコーポレートカラーの黄色だったり、コーポレートロゴのホルンの柄の椅子になっていました!可愛いですね♪

約8分後、最寄りのバス停「Maestrani」に到着です。今、バス停が工事中なので、臨時でこんな感じのバス停になっていました。

ちなみに、平日と土曜日は1時間に2本、日曜日は1時間に1本しかありませんので、帰りの時間に注意が必要です。

バスの時間をチェックしたら、チョコレートミュージアム(ここでは、ショコラリウム)へ行きます!看板がキャンディみたいで可愛いですね♪

ショコラリウムへ向かっていると、道に文字が書いてありました。

数十メートルごとにカウントダウンされていて、ショコラリウムまでのワクワク感を増してくれます。

それから、道の途中には、Maestrani’s (マエストラーニ)社のチョコレートモニュメントがたくさんありました!

どのチョコレートもスーパーでよく見かけるものです!

岩の上にはてんとう虫チョコレートもいましたよ♪

可愛いチョコレートのモニュメントを見ながら歩いていると、看板が出てきます!

そして、ついにMaestrani’s Chocolarium(マエストラーニ ショコラリウム)に到着しました!

中に入ると、チョコレート型のベンチとチョコレートの包み紙色のエレベーターがありました。可愛いですね♪

入口左にはチョコレートが溶け出したような螺旋階段が!

チョコレートの包み紙エレベーターに乗ってみたい気持ちもありましたが、チョコレート螺旋階段を登って2階に行きました。

2階はチケットカウンターがあります。

チョコレートプリクラ?証明写真?もありました(笑)

入場料は、1人14フランで(約1,680円)ですが、「Swiss Museum Pass」があると無料で入れます。

「Swiss Museum Pass」の詳細はこちらから↓

🇨🇭スイスでお得に生活する〜乗り物編(GA Travelcard 、Half Fare Travelcard、Swiss Museum Pass、Saver Day Pass、CFF day pass)

受付のすぐ横がショコラリウムの入口です。

チケットのQRカードをかざして入場します。

入り口にこの不思議なモニュメントがあったので、これで遊んでいたら新作のチョコレートをもらいました(笑)もらったチョコレートを食べていたら、「時間がないから早く入って!」と言われて、なんだろうと思いながら入ったら・・・

チョコレート椅子がいっぱいのお部屋のシアタールームでした!

ムービーは、チョコレート博士みたいな人が幸せのためのチョコレートを作る、というストーリーでした。

こだわりのカカオを育てて、

スイスの美味しいミルクを使って・・・

完成したチョコレートを博士が一口食べると・・・

美味しすぎて目も開けられなくなっていました(笑)

さて、ムービーが終わったら、次の部屋に進むのですが扉がありません。どこかな〜とキョロキョロしていたら・・・

なんと!!ムービーが映っていた画面が上に上がり始めました!

そして、そこから扉が出現!

凄い演出ですね♪

一つ目の部屋に入りました!

ここでは、可愛いモニュメントがたくさん展示してあって、カカオからチョコレートになるまでの行程を説明していました。

実際に乾燥したカカオに触る事もできます!

他にも、チョコレートの香りを嗅ぐ事ができたり、

可愛い牛さん人形を見たり・・・

牛革を貼り付けた画面付きの機械もありました。

しかも、乳搾りの擬似体験も出来ます(笑)意外に硬くて驚きました!

チョコレートの原材料達について学んだら、2番目の部屋です。ミルクとチョコが混ぜられたような内装ですね!

この部屋には、面白い機械がありましたよ!

ガチャガチャみたいに回すと、カカオニブがでてきました!

それから、半分が窓ガラスになっていて工場見学もできるようでした。平日は工場が稼働しているので撮影禁止になっています。

工場見学の次は金ピカの廊下に着きました。

この扉の向こうは、ラボラトリーになっているそうです!

金の招き猫がいっぱいいる怪しい部屋でした笑

ここには、顕微鏡でチョコレートパッケージを見るコーナーや、

博士のパスワードを考えるパソコンや(パスワードは冒頭のムービーかお部屋の中を見渡せば分かります!ちなみに私は分かりませんでしたが、主人が閃いていました笑さすが!)

それから、3種類の出来たてホットチョコレートの試食もできました!

こんな感じで、ハンドルを引くとチョコが出てきます♪温かいチョコ、とってもおいしかったです!

チョコラボラトリーを出ると、次の部屋は・・・

可愛いリスちゃんとの撮影スポットに!

他にも、チョコレートクッションの撮影スポットもありました!面白いですね♪

更に、楽器みたいなのが置いてあって、ハンドルを回すと、バックミュージックに合わせて、鐘の音やビブラフォンの音がでる仕組みになっていました!

チョコレートミュージアムで音楽も楽しめるなんてユニークです!

さて、次は全面ガラス張りの工場見学ゾーンです!

Maestrani’sでは、50%がミルクチョコ、25%がダークチョコ、12.5%がホワイトチョコといちごチョコを作っているらしいです。

工場を見ながら進んでいると、たくさんのチョコレート試食コーナーがありました!

こんな感じで3種類のチョコレートが3〜4フレーバーあるので、全種類もらったら10個くらいになりました笑

凄く美味しいので、毎日ちょっとづつ食べようと思います笑

どれもカラフルで可愛いパッケージですね♪

チョコレートを食べながら、チョコレートについて学ぶ・・・こんな面白いことあります?!(笑)

ここでは、スイスのチョコレートを輸出している国を紹介していました。日本にも輸出しているので、見かけたら是非食べてみて下さいね♪

それから、一人当たりの年間チョコレート消費量ランキングもありました!スイスは堂々の1位!日本はなんと圏外でした。><

チョコレートを食べて工場も見て、最後の部屋です。ショコラティエさんが何やら作っていました。

こんなに可愛いチョコレートも手作りなんて、器用ですねぇ。

可愛いチョコレートを見ていたら、ショコラティエさんが、たくさんの種類のチョコを出してくれました!もう口の中が甘かったので一個だけ食べましたが、とってもおいしかったです!

それから、同じ部屋にチョコレートを使った無料のレシピがたくさんありました!

どれも美味しそうだったので、また今度レシピのご紹介をしたいと思います♪

最後に、チョコレートの機械をまじまじと見て、楽しかったショコラトリウムのツアーは終わりです。

この、カントリー調な廊下を渡って最後のチョコレートの旅になります。

途中の窓から見える景色がとてものどかで美しかったです。

そして、お土産屋さんに着きました!Maestrani’sのチョコレートは安くて美味しいので、バラマキ土産にもオススメです♪

バスの時間まで、少しあったのでまわりをお散歩してきました。

牛が放飼いされています。本当に大自然の中にあるチョコレート工場でした。

スイスには、たくさんのチョコレートメーカーがあって、それぞれこんな感じのチョコレート工場見学ができるようになっているので、これからも色々行きたいと思います♪

「Maestrani’s Chocolarium(マエストラーニ ショコラリウム)」の場所はこちら↓

最後までお読み頂きありがとうございました。面白いチョコレート工場だね!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村

過去のチョコレート工場の記事はこちらから♪↓

🇨🇭スイス日帰り旅行〜Gruyeres(グリュイエール)編②〜Maison Cailler(メゾンカイエ)のチョコレート工場

🇨🇭リンツのチョコが食べ放題!?「Lindt Home of Chocolate(リンツチョコレートミュージアム)」に行ってきたよ!