🇨🇭日曜日の日帰り旅行・ワインの歴史とセントバーナードに癒やされる旅!〜エーグル城、セントバーナードミュージアム、ピエール・ジアナダ財団、ワインミュージアムシエル&ザルゲッシュ

2021年10月27日

先々週の日曜日は、日帰りで行ける場所に行こう!ということで近場に行ってきました。

と、その前に、ちょっと長くなるのでもしよかったら応援ボタンをポチッとよろしくおねがいします♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

今日はいつもよりゆっくり家を出ました!朝8時11分の電車に乗ります。(いつも5時半とか6時とかに出発してるもんで・・・笑)

朝食を家で食べれなかったので、いつものcoopでパンと飲み物を買いました。

雨予報でしたが、晴れてきました♪電車からの景色が最高です♪

ルートはこんな感じで湖沿いを進みます。↓

1時間11分後、Aigle(エーグル)に到着しました。

ここからバスに乗って「place du Marché」という停留所まで行きます。

所要時間は3分でしたが、坂も多い街なので、体力的にも助かるバスでした。

バスを降りると、今から向かうChâteau d’Aigle Castle(エーグル城)の看板がでていました!

ここからChâteau d’Aigle(エーグル城)までは徒歩で向かいます。ルートはこんな感じです。

山にかかる雲が幻想的です!!空気が澄んでいて気持ちよいです♪

途中のお花も綺麗ですね♪

歩いて数分後、葡萄畑が見えてきました!

看板通りに進んでいきます。

ぼこぼこの石の道を進んで行くと・・・

約11分後、Château d’Aigle(エーグル城)に到着です!

こちらは、お城とワインについてのミュージアムになっています。こちらは、「Swiss Museum Pass」があれば無料で入れます。

🇨🇭スイスでお得に生活する〜乗り物編(GA Travelcard 、Half Fare Travelcard、Swiss Museum Pass、Saver Day Pass、CFF day pass)

入場料は大人11フラン(約1,300円)、学生9フラン(約1,100円)、子供(6才〜16歳)5フラン(約600円)です。

昔のワイン道具が展示してあったり、

たくさんの種類のワインラベルが見れたりする面白いミュージアムでした!

詳しくは別記事で書いていますので、是非お読みくださいね♪↓

🇨🇭Château d’Aigle(葡萄・ワイン博物館(エーグル城))

「Château d’Aigle(エーグル城)」の場所はこちら↓

エーグル城の目の前は、ワイン畑になっていました。美しい景色を見たら、エーグル城からは歩いて駅まで向かいました。

ルートはこんな感じです。↓

途中、おもしろい飾りも見れました♪木からワインボトルを吊るしていたり・・・

ワイン樽の上に葡萄の木の枝をおいて、お花を飾ったり・・・ワインの産地らしいディズプレイ方法でした♪

歩いて約15分後にAigle(エーグル)駅に戻ってきました。

今度は、Aigle(エーグル)からMartigny(マルティニ)まで向かいます。ルートはこんな感じです↓

約20分後にMartigny(マルティニ)に到着しました。ここは、セント・バーナードという犬のふるさとです。駅には、セント・バーナード・エクスプレスという電車までありました!

今度は次の目的地であるセント・バーナードミュージアムまで歩いて向かいます。

ルートはこんな感じです。↓

春だからかお花が綺麗ですね♪

途中、看板もいくつかありました。

歩くこと約20分、目的地のセント・バーナードミュージアムが見えてきました!

ピンクの建物が可愛いこちらがセント・バーナードミュージアムです。

入場料は大人12フラン(約1,450円)、学生(24歳まで)7フラン(約850円)子供(8才〜16歳)7フラン(約850円)です。

セント・バーナードは、スイス産まれの犬です。救助犬兼セラピー犬として、とても重要な役割をしてきた歴史があります。

こちらのミュージアムでは可愛いセント・バーナード犬を見たり、その歴史について知ることができます。

こんなに可愛い子犬たちもいましたよ♪あ〜癒やされる!!!

セント・バーナードミュージアムについて、詳しく書いていますので、是非こちらからご覧下さいね♪↓

🇨🇭癒やしの大型犬に会える!「Musée et Chiens du Saint-Bernard(セントバーナードミュージアム)」

「Musée et Chiens du Saint-Bernard(セント・バーナードミュージアム)」の場所はこちら↓

セント・バーナードミュージアムのすぐ横に円形闘技場がありました。スイスの田舎になぜこのような遺跡があるのでしょうか。

イタリア国境にも近いこの場所は、ケルト/ローマ時代から栄えてきた街だったそうです。そのため、この地域一体にはたくさんのローマ遺跡が発見されています。その中の一つがこの円形闘技場なのです。

中には入れないのですが、近くまで行けたので行ってみました。石の感じから歴史を感じますね・・・!

「Amphithéâtre Romain(ガロ・ローマの神殿跡)」の場所はこちら↓

さて、遺跡を見たあとも、美術館訪問は続きます。このすぐ近くには遺跡をそのままとりこんだ神殿のような美術館があります。

Fondation Pierre Gianadda(ピエール・ジアナダ財団)です。

この美術館は、技術者兼芸術家・収集家のレオナール・ジアナダさんという方の個人収集の美術館です。

入り口にはロダンの彫刻がさり気なく置いてありました。すご・・・

美術館内は、遺跡を生かした造りになっていて、セザンヌ・ゴッホ・ロートレック・ピカソなど名だたる作家のコレクションを所蔵しています。今回は特別展のため、それらの作品を見ることはできませんでしたが、スイスの春夏秋冬を写した貴重な写真が展示してありました。

また、お庭には、ロダン、シャガールなどなどこれまた名だたる作家の作品がこれでもかというばかりに展示してあり、ものすごい見どころいっぱいの美術館でした。

そして、なんといっても、一番目を惹いたのはクラシックカーのコレクションです!

なんと50台のクラシックカーが展示してあり、間近で見ることが出来ました。信じられないコレクションですね・・・

本当に素晴らしい美術館だったので、別記事で書いてますので、是非ご覧くださいね♪↓

🇨🇭素晴らしいクラシックカーコレクションを誇る「Fondation Pierre Gianadda(ピエール・ジアダナ財団)」

「Fondation Pierre Gianadda(ピエール・ジアナダ財団)」の場所はこちらから↓

「ピエール・ジアナダ財団」のすぐ近くに、「Martigny Bourg」という駅があったので、これに乗って、Martigny(マルティニ)まで戻ることにしました。

この電車はちょっと変わっていて、自分がこの駅から電車に乗りたかったら、このボタンを事前に押してアピールする必要があります!もしこのボタンを押さなかったら、電車が素通りしてしまうので、要注意です!!

1分遅れで電車が到着しました。

おっ!セント・バーナード号です♪乗れないと思ってたからなんだか嬉しいです♪

ただ、セント・バーナード号だからといって、内装が犬柄とかそういうのはなくて、普通の電車でした。

たまたま私達と一緒に柴犬ちゃんが乗っていましたね(笑)そうそう、スイスの電車は犬も乗れるんですよ!もちろん乗車券は必要ですが・・・(笑)

ルートはこんな感じでした。↓

約4分後、Martigny(マルティニ)に到着して今後はSierre/Siders(シエル)まで行きます。

ルートはこんな感じです。

約25分後、Sierre/Siders(シエル)に到着しました。ちなみに、なぜこちらの駅名が2つあるのかというと、フランス語圏とドイツ語圏のちょうど境目なので、公用語の2ヶ国語の表記になっているそうです。日本では考えられませんよね!

今度は、ここから歩いてケーブルカー乗り場まで行きました。駅から徒歩3分の場所にあります。

1911年に作られた100年以上の歴史あるケーブルカーです。

窓ガラスにヒビが入ってるのが気にはなりましたが乗りました(笑)

全面パノラマの車両だったので、とても迫力あるケーブルカーでした!

一駅目で降りました。「Muraz」で下車です。

私達をおろしたケーブルカーを見送ってから、駅を出ました。

「Muraz」から、今度は次の目的地の「Musée du Vin – Sierre(ワインミュージアムシエル)」まで歩いて行きます。

この街も凄く景色がいい街でした。

このあたり一帯はワイナリーだらけです!

歩くこと7分で「Musée du Vin – Sierre(ワインミュージアムシエル)」に到着しました。

ミュージアムの中では、ワインについての歴史など貴重な資料と共に学べました。3階建てですが、小さいのですぐに見終わります。詳しくは後日別記事にしますので、是非お読みくださいね♪

「Musée du Vin – Sierre (Valais)(ワインミュージアムシエル)」の場所はこちら↓

ワインの横はレストランでしたが、今日はお休みでした(泣)ここでワイン1杯でもいいから飲んでみたかったな〜><

「Musée du Vin – Sierre(ワインミュージアムシエル)」からは歩いてバス停まで向かいました。

1時間に1本しか来ないバスなので、乗り遅れないか緊張しました。

時間ぴったりにバスが来て、無事乗れました!よかった〜!!

また途中で、可愛い花壇を見かけたので、思わず写真に撮りました!ヨーロッパの花壇の配色ってなんでこんなに可愛いんでしょうね♪

さて、Sierre/Siders(シエル)にまた戻ってきたわけですが、またここから違うバスに乗り換えます。

バス停の「H」乗り場なんですが、なかなか見当たりません・・・そこで、一度地下に入って線路の向こう側へ行ってみました。すると・・・・

「H」乗り場がありました!これは、見つけるのが高度ですね・・・

しかも、どうやらこの小さなバスのようです。

このバスで合っているのか若干の不安を抱えながら乗りましたが、合っていたようです(ホッ)ここからもう一つのワインミュージアムに向かうのですが、ルートはこんな感じでした。↓

ミニバスでどんどん登っていきます!

この辺はワイナリーが多い地域で、葡萄のモニュメントなど、いくつか見かけました!

バスで次の目的地に向かう途中、とてもおしゃれなワイナリーを見かけました!

約10分でPost Salgesch(ザルゲッシュ)に着きました。ここは、車がないとなかなか来れませんね。

バスを降りるとすぐ、今から行く「Musée du Vin – Salgesch(ワインミュージアムザルゲッシュ)」の看板がありました。

まわりの家が葡萄の蔦?と一体化していて、不思議な感じです。

バス停から徒歩3分で「Musée du Vin – Salgesch(ワインミュージアムザルゲッシュ)」に到着しました。

こちらのミュージアムと先ほどいったワインミュージアムシエルは同じ系列ミュージアムになっていて、こちらではヴァレー州のブドウの木とワインの世界について学ぶための展示がされていました。

ザルゲッシュのワインミュージアムのほうが大きくて、見どころがたくさんでした。こちらは実際に葡萄の木の根が展示してあり、大きなスクリーンで葡萄の木に関する映像も見れますし、

ワインにまつわる、様々な道具や人物についても細かく展示されています。

葡萄を育てる際に使われる道具の説明もありました!

おもしろいミュージアムだったので、ワインを勉強している方とか本当にオススメです♪

こちらのミュージアムについては、別記事で書きますので、また是非お読みくださいね。

「Musée du Vin – Salgesch(ワインミュージアムザルゲッシュ)」の場所はこちら↓

ミュージアムを出て、歩いて駅まで行きました。

ルートはこんな感じです。

歩いていると、色々な発見があって楽しいです♪

この銅像は、片手にフランスパンを持ってワイン(水)をそそぐ噴水ですよ(笑)さりげなく面白い!!

山もとても綺麗ですねぇ。

ゴミ収集場ですが、さすがワインの街なだけあって、ボトルの量が凄いです(笑)

行く時に見かけたワイナリーも通りました!やっぱり建物がかっこいいー!!中がレストラン兼ワイナリーになっていたので、またいつか入ってみたいな♪(今は休業中)

Salgesch(ザルゲッシュ)駅に到着しました。

駅からの眺めですが、なんてのどかな街なんでしょうね。その辺に生えている草の中にも青やピンク、白に黄色と様々な色のお花が咲いています。

約5分後に、Sierre/Siders(シエル)駅に到着しました。またここから乗り換えます。

朝来たエーグル城のあるAigle(エーグル)に到着しました。そして、またここから乗り換えをしてジュネーブまで帰りました。

途中、世界遺産のぶどう畑のラヴォー地区を通りました。夏の緑が楽しみです♪

20時にジュネーブ到着です!

今日もかなり移動しましたし、たくさんのミュージアムに行きました。コロナ禍でも人と話さないミュージアム巡りは、とてもいい休日の過ごし方だと思います。(22,000歩も歩いていました笑)

ちなみに、本日の交通費ですが、直前にチケットを購入したため1日乗り放題49フラン(約5,900円)の「Saver Day Pass」でした。最安値の29フラン(約3,500円)は2ヶ月前のぴったり0時に購入しないと入手不可なので(人気すぎるため)、いつもよりも高めにはなりましたが、それでも結構お得に移動できたと思います。

【今日の移動まとめ(1人分)】

Genève(ジュネーブ)→Aigle(エグル)・・・17フラン(約2,050円)

Aigle(エグル)→Martigny(マルティニ)・・・5.6フラン(約670円)

Martigny(マルティニ)→Sierre/Siders(シエル)・・・10フラン(約1,200円)

Sierre/Siders(シエル)のケーブルカー・・・2.2フラン(約270円)

Sierre/Siders(シエル)→Salgesch(ザルゲッシュ)・・・2.6フラン(約320円)

Salgesch(ザルゲッシュ)→Genève(ジュネーブ)・・・26.5フラン(約3,180円)

合計 63.9フラン(約7,700円)→「Saver Day Pass」を使ったため49フラン(約5,900円)

【今日行った美術館の入場料金まとめ】

・Aigle Castle(エーグル城)・・・11フラン(約1,320円)

・Musée et Chiens du Saint-Bernard(セント・バーナードミュージアム)・・・12フラン(約1,440円)

・Amphithéâtre Romain(ガロ・ローマの神殿跡)・・・無料

・Fondation Pierre Gianadda(ピエール・ジアナダ財団)・・・16フラン(約1,920円)

・Musée du Vin – Sierre(ワインミュージアムシエル)・・・6フラン(約720円)

・Musée du Vin – Salgesch(ワインミュージアムザルゲッシュ)・・・6フラン(約720円)

合計 40フラン(約4,800円)×2人分=80フラン(約9,600円)ですが、「Swiss Museum Pass」があるので全て無料でした!

交通費と美術館についての「Saver Day Pass」や「Swiss Museum Pass」について詳しく書いていますので、ご興味のある方はこちらからお読みくださいね♪↓

🇨🇭スイスでお得に生活する〜乗り物編(GA Travelcard 、Half Fare Travelcard、Swiss Museum Pass、Saver Day Pass、CFF day pass)

最後までお読み頂きありがとうございました。日曜日は遠出して美術館巡りっていいかも!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村