🇨🇭スイスチョコレートNO.7「Du Rhône Chocolatier」

2021年11月9日

スイスのチョコレート屋さんシリーズも、定着してきましたが、今回は7店舗目のご紹介です。

「Du Rhône Chocolatier」は、1875年にジュネーブのRue Du Rhône(通りの名前)にチョコレート工場を開設したのが始まりの歴史あるチョコレート屋さんです。1933年に、一度チョコレートのレシピが盗まれたことがあったそうで、その時以来チョコレートのレシピを金庫で保管しているんだとか!

そんな歴史あるショコラティエのチョコレートは、どんな味でしょうか!?まずは店内のご紹介です。

お店に入ると、ショーケースにたくさんのチョコレートが並んでいます。

タブレットチョコの種類が豊富です。以前紹介した「MR&MRS RENOU」を思い出しました。

「MR&MRS RENOU」のご紹介はこちらから

美味しそうなチョコレートが箱にぎっしり詰まっています。

チョコレートの値段は、ここに書いてある通りで、タブレット型のチョコレートだったら、9個で19.5フラン(約2,300円)、16個で34.5フラン、25個で53.5フラン(約4,100円)、36個で69.5フラン(約8,200円)、49個で89.5フラン(約10,500円)、64個で119.5フラン(約14,000円)、81個で149.5フラン(約18,000円)です。1つとか2つだけ買いたかったら、お店の方に言うと小分けで売ってくれると思います。

私は9個もいらなかったので、クリスマス限定のオーナメントチョコを買いました。オーナメントチョコは6個入で9.9フラン(約1,200円)です。ちなみにこれです。

本当は、中身が決まっているのですが、「自由に選びたいです」と言ったら選ばせてくれました。しかもおまけでもう一つつけてくれました♪嬉しい〜!

他には、マロングラッセやマロンペーストが販売されていました。奥にはマカロンや「ジュネーブの石畳」という名の生チョコも!

せっかく来たので、カフェでコーヒーを飲むことしました。

こちらのカフェでは、軽食も食べられます。メニューはこんな感じでした。

最初のページはコーヒーや紅茶、お水です。

こちらのページはソフトドリンク、ビール、ワイン、カクテルとケーキなどのデザートやパンが載っていました。

そして、サラダやサンドイッチなどの軽食と、お店のシグネイチャーチョコレートが載っていました。

次のページからはチョコレートの説明です。こんなにたくさんあると本当に悩みますね。。。

最後のページはトリュフチョコレートでした。

いつものことながら、席についてもメニューをすぐ持ってきてくれませんが、心配いりません。必ず来てくれます。しばらくすると、お店の方がメニューを持ってきてくれました。オーダーしたいものが決まったらメニューを閉じて、また暫く待ちましょう。必ず来てくれます(笑)

特にクリスマスシーズンは、お店がとても混むのでお店の人も忙しいのです。きちんと順番は守ってくれますし、アジア人だからといって差別もしませんので、安心して待つといいですよ。むしろ、忙しい人に、大きな声で「メニュー下さい!」なんて言ったら、白い目で見られます。。。

まずは「RENVERSÉ」をオーダーしました。チョコレートがおまけでついてきます。「RENVERSÉ」とは、カフェラテのことで、スイス独特の呼び方です。「RENVERSÉ」は英語にすると「Reverse」つまり、逆さの意味なんですが、エスプレッソにミルクを入れたものを、スイスでは「RENVERSÉ」と呼んでいます。メニューにはなくても、言うと絶対作ってくれますので、是非トライしてみて下さい!(ただし、発音がめっちゃ難しい・・・)

それと、オペラケーキとチョコレートアソートをオーダーしました。オペラケーキは言うまでもなく絶品です!下のスポンジがたっぷりとキルシュに漬け込んであって、食べるとじわ〜っとお口の中で広がります。そして、そのスポンジケーキと刻んであるチョコレートの相性がバッチリ!

また、チョコレートアソートの中身はランダムですが、今回は、「インペリアル」、「リオ」、「マヤ」、「ルビス」、「ヘーゼルナッツトリュフ」と、「マカデミアナッツのチョココーティング」と「オレンジチョコレート」でした。言うまでもなく全部美味しくて、特に気に入ってのがリオでした。リオは中にカカオニブクランチとセイロンティー、マンゴーとブラッドオレンジが入ったチョコレートでした。

でも気になっていたのは、このお店で一番人気の「コリン」と名前から気になる「サムライ」と、お店の名前が入ったチョコレートだったので、その3種類を買って帰りました。(オーナメントチョコに入れてもらった)

家に帰って早速食べましたが、「サムライ」は、日本酒でも入ってるのかと思ったのですが、そうではなくて、ペッパーが入っていました。サムライは強いから、ペッパーで刺激を???みたいな?(笑)

あと、カヌレも買いました。ここのカヌレは大きくて、とても美味しったです。カスタードの風味が強くてもちもちしていて、あまりの美味しさに一瞬で食べてしまいました。

でも、一つ5.5フラン(約650円)もするから、頻繁には買えませんね・・・

以上、スイスチョコレートNO.7「Du Rhône Chocolatier」でした。

「Du Rhône Chocolatier」のHPはこちら

「Du Rhône Chocolatier」の場所はこちら↓

最後までお読み頂きありがとうございました。面白い名前のチョコがあるんだね!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

★私のプロフィールまとめも良かったら見てくださいね♪↓

karin-de-ringのプロフィール

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村