🇯🇵秋田県/田沢湖玉川・万病を治す奇跡の湯「玉川温泉」と「新玉川温泉」に行ってきたよ!④〜「玉川温泉」の自然の賜物・岩盤浴と温泉

今日は「玉川温泉」についてご紹介していきます!

先日までの「新玉川温泉」についてはこちらからご覧下さいね↓

🇯🇵秋田県/田沢湖玉川・万病を治す奇跡の湯「玉川温泉」と「新玉川温泉」に行ってきたよ!①〜「新玉川温泉」の館内とお部屋案内

🇯🇵秋田県/田沢湖玉川・万病を治す奇跡の湯「玉川温泉」と「新玉川温泉」に行ってきたよ!②〜「新玉川温泉」の岩盤と温泉

🇯🇵秋田県/田沢湖玉川・万病を治す奇跡の湯「玉川温泉」と「新玉川温泉」に行ってきたよ!③〜「新玉川温泉」の豪華で地元の食材たっぷりのお食事をご紹介

①「玉川温泉」ってなに?

「玉川温泉」は、秋田県の田沢湖の山奥にある、2つの日本一を誇る温泉です。湯治を目的とした方が多く訪れます。

その2つの日本一とは、

・「一箇所からの湧出湯量」

・「強酸性の温泉水」

となります。では、それぞれを詳しく解説しましょう!

「一箇所からの湧出湯量」について

玉川温泉は、焼山ふもとにあり、一箇所から毎分9,000リットルという膨大な量の湧出湯が出ています。

「強酸性の温泉水」について

ph値1.2という強酸性の温泉水(98℃)が自然に湧き出ています。

温泉には、硫黄臭と天然のラジウム放射線を含み、治癒力向上が期待できるそうです。

この2つの成分によって得られる効果が大きく「療養・癒やしの温泉」として全国各地から人が集まるそうです。

②効能は?

リウマチを含む神経系統の疾患、血圧等循環器系統の疾患、脊髄性並びに脳性小児麻痺、貧血症並びに白血球減少症、皮膚病、生体の免疫力・抗菌力の増強、健康増進に対する効果、肝機能の活発化に対する効果、疲労回復に対する効果、細胞の活発化と若返りに対する効果など、あげていったらキリがないのですが、様々な病気に効くようです。

ただ、個人差があり、必ずしも治るわけではありません。湯治により、自分自身が本来持っている免疫力・治癒力が向上し、その結果として回復に向かうということらしいです。

ということで、早速「玉川温泉」のご紹介をしていきますね♪

③「玉川温泉」

今回は、「新玉川温泉」から車で移動しました。「新玉川温泉」から「玉川温泉」までは車だと約8分です。

もし、「新玉川温泉」に宿泊していたら、無料の送迎バスがあるので、そちらを使うのも楽でいいと思います。

ということで、車で「玉川温泉」に来ました。駐車場は200円です。

駐車場から温泉もしくは岩盤までは結構な坂と距離があるので、足腰が良くない方は、目の前まで車で送ってもらったほうがいいかもしれません。

まず、目に入ってきたのはこちら、「玉川温泉売店」でした。何が売っているか気になるけど、まずは岩盤と温泉だ・・・!

小道に目をやると、美しい川がありました。透明で綺麗です。

この川の美しさからも、この地の空気や水が如何に澄んでいるか分かると思います。

さて、色々気になりましたが、まずは岩盤に向かいました。

「玉川温泉」の岩盤は、室内ではなく野外にあり、岩盤ができるエリアに行くのに、少く歩く必要があります。

美しい温泉川を見ながら進んでいきます!

奥に見える湯気は、天然の温泉から出ているものです。遠くからでも凄い迫力です!!

歩いていくにつれて、硫黄の香りが強くなってきました。

焼山の案内図を軽くみて、場所をチェックです。

暫く行くと、「玉川温泉 北投石が結ぶ温泉提携記念碑 北投温泉」と書かれた石碑があります。

様々な看板や石碑を見ながらどんどん進んでいきます。

こちらは、「湯の花」です。「湯の花」は熱い温泉水に含まれている硫化物などが、温泉水が冷える時に結晶し固まったもので、その天然の「湯の花」群を見ることができました。

この辺の散歩道が、とても美しかったので、ツイッターから動画をご覧下さいね♪↓

「湯の花」を過ぎたら、まだ歩きます。

今度は「北投石」の岩山がありました。

「北投石」は、台湾の北投温泉で最初に発見された鉱物で、日本では玉川温泉が唯一の産地として知られています。

北投石とは、鉛を含む重晶石の一種でラジウムを含むため、放射性を有しています。現在、日本では特別天然記念物に指定され、採取することは禁止されているそうです。

ただ、台湾まで行けば、購入することができます。実は、私もブレスレットを持っているんですよ♪

北投石の岩を通り過ぎると、小川が出現!水が本当に美しいです・・・

暫く歩くと、前が見えないくらいの湯気が!

その湯気の中心は「大噴」と呼ばれる温泉の大きな湧き出し地でした。

風が吹くと湯気がはけ、美しい大噴が現れました!これが自然のものかと思うとびっくり・・・

この湯気を吸うために、何人かここで横になっていました。

さて、「大噴」を過ぎたら、あとちょっとです!

美しい川のせせらぎを聞きながら舗装された通路を歩いていきます。

そして、ついに見えてきました!

赤い屋根の建物が有名な「玉川温泉」の岩盤浴です。

山の上から流れてくる雪解け水を横目に、岩盤の建物まで目指します。

途中、黄色い岩をちらほら見かけたのですが、なんと天然の硫黄の塊なんですって!

硫黄の岩を見かけたら、あとちょっと!

ついに、岩盤浴の建物に到着しました!

この辺は硫黄が強いのか、岩があちこち黄色くなっています。

こちらの岩盤浴はこのような建物が3つあって、各建物に6人〜8人くらい入れるようでした。

中はこんな感じで、直に岩の上にゴザやタオルケットを敷いて岩盤浴をするようです。

この岩は天然の岩盤なので、触るとじんわり温かく不思議な感じでした。

私はゴザを忘れたので、タオルケットを敷いて横になったのですが、時間が経つにつれて温かいから熱いになり、長く居れませんでした><

また、建物には隙間があるので、風が吹くと先程見かけた天然の温泉から出ている湯気が入ってきました。体には良いと思うのですが、ちょっと寒いんですよね・・・

岩盤に接している箇所は熱いのに、接していない部分は寒いという・・・

周りの方を見てみたら、ダウンジャケットや寝袋を来て岩盤をしている方が何人かいたので、ここは何度か通って自分に合った方法を見つける必要があると思いました。

本来なら40分くらいいたほうがいいらしいのですが、あまりに寒いのと、岩盤に触れている部分が熱かったので20分で出てきました。汗は特にかきませんでした。

ということで、先程と同じ道を辿って施設まで戻ってきました。

こちらは、宿泊者向けの建物です。

入口になまはげがいました!こわ〜い(笑)

体が寒かったので、温泉に・・・

大浴場は、宿泊施設のすぐ横の建物です。

中に入るとこんな感じでした。昔ながらの銭湯みたいですよね。

日帰り入浴の方は、大人1人800円、小学生は400円、幼児は100円です。

タオルの無料貸出は行っていませんので、持っていなかったら小さなタオルは200円で購入できますし、バスタオルは200円で貸してもらえます。

そうそう、先程の岩盤浴は誰でも無料らしいですよ!ただし、室内岩盤は日帰りの方は有料、宿泊者は無料で使えるらしいので、ご注意下さいね。

私達は「新玉川温泉」に宿泊していたので、無料券をもらえました!このチケットは「新玉川温泉」のフロントで言うともらえるので、お忘れなく!

ということで、お風呂はこちらです!!と言いたかったのですが、お風呂のお写真はございません。

温泉ですからね、人がいますので撮影はしませんでした。

ただ、先日ご紹介した「新玉川温泉」と似たような作りになっていたので、気になる方は是非こちらから「新玉川温泉」の記事をお読み下さいね!

🇯🇵秋田県/田沢湖玉川・万病を治す奇跡の湯「玉川温泉」と「新玉川温泉」に行ってきたよ!②〜「新玉川温泉」の岩盤と温泉

お風呂にも入ってさっぱりしたので、外を色々と歩いてみました。こちらは、宿泊者用のゴザ置き場だそうです。

外の岩盤に入る時に敷くゴザやタオルがかけてあります。干しておけるので、こういった置き場は助かりますよね。

そして、売店にも来てみました。

売店には、様々なものが売っていて、秋田名物やお菓子、稲庭うどんやいぶりがっこ、地酒や自炊用のちょっとした生活用品や野菜、お肉などなど・・・見ているだけでも楽しかったです♪

ババヘラアイスというアイスクリーム味のポテトチップスには驚きました!!

あ〜、ホタテバター味のハッピーターン美味しそうですね・・・!

それから、高級食材のじゅんさいがパックになっていたり、

稲庭うどんもいろんな種類がありました。

さて、ちょっと小腹が減ったので、買ってみることに・・・!30個限定の温泉玉子も気になります!

ということで・・・

きりたんぽ、玉こんにゃく、焼き芋、温泉玉子を購入しました〜♪

温泉と岩盤で体力を使ったので、どれも美味しく食べられました。

さて、気になる温泉玉子ですが、これはお部屋でゆっくり食べました。

なんだか塩?みたいなのが付いています。殻を剝いてみると・・・

!?黒い斑点が!!!

この黒い斑点は、玉川温泉の源泉100%で作った温泉玉子のため、殻を浸透してできたものなんだそうです。害はないとのことで、美味しくいただけました。

まとめ

玉川温泉の自然の岩盤浴はいかがだったでしょうか?あまりの大自然に驚きましたよね!

私は、初めて行ったため、「何が必要か?」などあまり知識がなく、最大限に岩盤を満喫できなかったのが残念でした。

これから行かれる方は、ゴザと汗拭きタオル、自分にかける大判のバスタオルは必須と思って下さい。また、飲み物が購入できる箇所は岩盤の場所にはないので、お水も必要です。

電波は圏外になりますので、40分退屈しないように本があるといいかもしれません。

「玉川温泉」の岩盤は誰でも無料で使えるため、時期や時間によっては待つ可能性もございます。外で待てるよう、上着や日傘、サングラスもお忘れなく!

さて、4回に分けて、「新玉川温泉」と「玉川温泉」についてまとめましたが、いかがでしたでしょうか?今回は「玉川温泉」に宿泊していないので、宿泊施設のご紹介はできなかったのですが、次回泊まってみようと思います。

明日は、これらを踏まえて「玉川温泉」と「新玉川温泉」の違いや感じたことをお話していこうと思いますので、お楽しみに!

「玉川温泉」の場所はこちら↓

最後までお読み頂きありがとうございました。玉川温泉・新玉川温泉は気になっていたから読めてよかった!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

★私のプロフィールまとめも良かったら見てくださいね♪↓

karin-de-ringのプロフィール

【お知らせ】

「Tropicfeel」の高性能スニーカーが、下記リンクかQRコードからクーポンコード「588」とご入力頂けると5%オフで購入できますよ♪

また、かなりピタッとしたスニーカーなので、サイズはワンサイズかツーサイズ上を購入してくださいね♪

私は、ワンサイズ上にしました!

リンクはこちら↓】

Tropicfeel Japan

【QRコードはこちら↓】

「Tropicfeel」の記事はこちらから↓

🇯🇵「Tropicfeel」っていうスニーカーブランド知ってる??

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村