🇯🇵秋田県/田沢湖玉川・「玉川温泉」vs「新玉川温泉」〜2つの違いを徹底検証〜

先日まで、「新玉川温泉」と「玉川温泉」について施設や岩盤、温泉などを詳しくご紹介してきました。

先日までのお話はこちらから↓

🇯🇵秋田県/田沢湖玉川・万病を治す奇跡の湯「玉川温泉」と「新玉川温泉」に行ってきたよ!①〜「新玉川温泉」の館内とお部屋案内

🇯🇵秋田県/田沢湖玉川・万病を治す奇跡の湯「玉川温泉」と「新玉川温泉」に行ってきたよ!②〜「新玉川温泉」の岩盤と温泉

🇯🇵秋田県/田沢湖玉川・万病を治す奇跡の湯「玉川温泉」と「新玉川温泉」に行ってきたよ!③〜「新玉川温泉」の豪華で地元の食材たっぷりのお食事をご紹介

🇯🇵秋田県/田沢湖玉川・万病を治す奇跡の湯「玉川温泉」と「新玉川温泉」に行ってきたよ!④〜「玉川温泉」の自然の賜物・岩盤浴と温泉

これからどちらかに行こうと考えている方は、「ところで新玉川温泉と玉川温泉はどう違うの?どっちがいいの?」と気になっていることと思います。

実際、私も母も行くまでどちらがどう違うのか分からなかったですし、気になっていました。きっと、皆さんも同じ気持ちかな?と思ったので、今日は「新玉川温泉」と「玉川温泉」の比較をして、最後にどっちのほうがいいのかまとめていきたいと思います。

①宿泊施設比較

まずは、宿泊施設の違いをお話していきます。

【玉川温泉】

「玉川温泉」は1855年に開業した温泉です。当時は「鹿の湯」、「鹿湯」という名前で呼ばれていていました。

「鹿の湯」、「鹿湯」と呼ばれる理由は、この地が発見された1680年(延宝8年)に鹿が傷を癒やしていたからだそうです。自然界の動物が温泉で傷を癒やすなんて凄いですよね!

ということで、大変歴史ある温泉のため、施設は歴史ある作りとなっています。

ただ、中は綺麗にリノベーションされているので、そこまで心配はいりません。

※写真は公式HPから抜粋

平成28年にリニューアルされた洋室と和室はこんな感じらしいです。綺麗ですよね。こちらは、どちらもテレビ・冷蔵庫・トイレ付です。

※写真は公式HPから抜粋

昔からあるお部屋はこんな感じで、和室は4.5帖から7.5帖まで用意されているそうです。テレビ・冷蔵庫・トイレはないので、共有になります。

ベッドのある部屋はテレビ・冷蔵庫・トイレ付だそうです。

あくまでも湯治が目的ですので、十分な設備と広さだなと感じました。

【新玉川温泉】

「新玉川温泉」は平成10年に開業した温泉です。温泉や岩盤は「玉川温泉」からお湯などを引いてるので、湯質はほぼ変わりません。

今回は、ツインの洋室に泊まりましたが、広々していて綺麗でした。ベッドもふかふかで気持ちよく過ごせます。

テレビ・冷蔵庫・トイレ付なので、環境面でもストレスなく過ごせると思いました。

※写真は公式HPから抜粋

その他のお部屋は、一人用のお部屋やコンフォートタイプのお部屋、

※写真は公式HPから抜粋

和モダンツインや、洋室、

※写真は公式HPから抜粋

10畳の和室や、一番新しい和洋のツインルーム、

※写真は公式HPから抜粋

広めのツインと様々な形のお部屋の用意があります。

【まとめ】

ということで、宿泊施設については、「新玉川温泉」のほうが新しい分、綺麗で快適だと感じました。

温泉や岩盤の条件は一切考えず施設だけで考えたら「新玉川温泉」の勝利ですね♪

では、次は温泉と岩盤について比較してみます。

②岩盤

温泉と岩盤については、大きな違いがありました。やはり、1680年(延宝8年)に鹿が傷を癒やしていたのがきっかけというだけあって、「玉川温泉」の方が、壮大でスケールが大きかったです。では、その違いをお話していきましょう!

【玉川温泉】

こちらが、「玉川温泉」の岩盤に向かう道中です。

「え?どういうこと??」と思った方がいらっしゃったと思いますが、そうなんです。「玉川温泉」の岩盤は野外にあるのです。こういった天然の温泉道を10分ほど歩き、その先に天然の岩盤浴があります。

道はこんな感じで、大迫力でした!↓

歩くこと、約10分でこの写真にあります、赤い屋根の小屋に到着しました。

まさに天然の岩盤です!小屋の下にある岩は、天然の岩盤のため、じんわりと温かく、この上にゴザやタオルケットを敷いて約40分横になります。

横になると、じんわりと身体が温まり、自然の力を享受できるようでした。また、まわりは大自然のため自然が発するマイナスイオンや、目の前の温泉からあがる湯気を自然に吸うことになるので、自己免疫力の強化につながると言われています。

ただ、外なので、大雨や雪、暴風の日、冬場は危険なので、ここは使えません。

※写真は公式HPから抜粋

なので、「玉川温泉」の本館にはこういった室内岩盤浴が設置されているそうです。下に岩盤が通っているので、同じような効果が得られると言われていますが、先程の大自然の岩盤を見た後だと、ちょっと味気ないですよね・・・

【新玉川温泉】

さて、大自然、本場本物の「玉川温泉」の岩盤を見たあとでご紹介するのも、変な感じですが、こちらは「新玉川温泉」の岩盤浴場です。

こちらも、先程の「玉川温泉」の室内岩盤と同じくかなり綺麗です。この部屋の下には、20年分の源泉由来成分がしみ込む御影石を使用しているため、「玉川温泉」と同じ効果が得られるそうです。

実際にここで寝て見ましたが、じんわり温かく、汗は殆どかきませんでした。

【まとめ】

岩盤に関しては、やはり「玉川温泉」の自然の岩盤に敵うものはないのでは?と思いました。ただ、行くまでも大変だし、行ってからも自分が心地よく過ごせるまで工夫が必要なので頭をひねらせる必要がありますが、目的は湯治ですからね。そういう意味では「玉川温泉」の本物の自然の岩盤の勝利かな?と思います!

もちろん室内の岩盤浴だって、20年分の源泉由来成分がしみ込む御影石を使用しているので、効果はあります。最初慣れるまでは室内のものを利用するのがいいかもしれませんね。また、館内で出会った様々な方のお話によると、病気が良くなったあとは、「「新玉川温泉」の綺麗な施設で身体のメンテナンスをしている」とのことでしたので、両方を上手く使うのがいいかもしれません。

③温泉

温泉は、正直大差ありませんでした。公式HPから抜粋したお写真を乗せますが、「玉川温泉」も「新玉川温泉」も同じような雰囲気でした。

ただ、個人的には「玉川温泉」の方の作りが好きでしたね。これは、好みの問題ですのでお好きな方に行かれたらいいと思います。

※写真は公式HPから抜粋(新玉川温泉)

源泉100%の大浴場に、

※写真は公式HPから抜粋(新玉川温泉)

横になって頭を浸す「頭浸湯」、滝のように上から降り注いでくる「打たせ湯」、座ってお湯に浸かる「すわり湯」、ミストサウナのような「蒸気湯」、足腰が良くない方のために歩くことができる「歩行湯」、箱の中に体ごと入り、頭だけ出して蒸気を浴びる「箱蒸湯」、ぶくぶく泡の「気泡湯」、ぬるめの「ぬるい湯」、熱めの「あつい湯」、「弱酸性湯」、「源泉50%」、「源泉100%」など、様々な形の温泉が用意されています。

【まとめ】

温泉については、大差がないという結果になりました。人によっては、「「玉川温泉」の方が源泉が近いので効果があるのでは?」と話していましたが、誤差の範囲じゃないかな?と思います。

なので、この勝負は引き分けです!

④食事

お食事は、「玉川温泉」に宿泊していないので、詳細をお話することはできないのですが、HPから得た情報を元に比較していきたいと思います。

【玉川温泉】

※写真は公式HPから抜粋

「玉川温泉」では朝食・夕食共にビュッフェです。ただし、夕食時のメイン(お肉かお魚)はどちらか1品しか選べません。

それから、お酒については大々的に販売している様子はありませんでした。

あくまでも、健康に気を遣ったお料理という感じですね。

※写真は公式HPから抜粋

また、「玉川温泉」には、「自炊部」というものがあります。この「自炊部」は部屋のみの方向けの施設で、自分で食事を作ることになります。ただし、ここにあるものは電子レンジとガスコンロ、水道のみなので、食材や鍋などの調理器具は持参する必要がありますので、ご注意下さいね。

【新玉川温泉】

※写真は公式HPから抜粋

「新玉川温泉」も朝食・夕食共にビュッフェです。このお写真の通り、かなり品数が多く、お肉やお魚の制限はございません。好きなだけ食べることができます。

※写真は公式HPから抜粋

また、ライブキッチンがあり、毎日様々なお料理をその場で作って提供してくれます。

これらはHPのお写真ですが、実際にほぼ差はなく、本当にこの通りの豪華なお食事でした。

こちらは実際に私が行った日の夕食ですが、ブリしゃぶの日や豚しゃぶの日があったり、

ライブキッチンでは、きりたんぽ汁や、比内鶏の炭火焼など、かなり豪華でしたよ!

また、秋田の地酒やビールをオーダーできるブースもあって、普通の温泉と変わりなく夕食を楽しめる感じでした。

【まとめ】

お食事に関しては、「目的が何か?」によってどちらがいいか分かれると思います。

「玉川温泉」は食べすぎない量を適度に出してくれます。「新玉川温泉」は、好きなだけストレスフリーでたくさん食べることができます。美味しさは変わらないので、ご自身の目的に合わせて選ばれるといいと思いました。

⑤料金

最後に宿泊料金について比較したいと思います。

【玉川温泉】

通常のお部屋であれば平日は1泊2食付きで10,780円〜17,050円で、土曜日のみ少しだけ高くなります。

また、自炊部屋は6,820円〜となっており、時期や広さによって値段が変わってきます。

【新玉川温泉】

通常のお部屋であれば、平日は1泊2食付き12,650円〜18,510円となっており、土曜日のみ少しだけ高くなります。

どちらも、21日前の予約や連泊で少しお安くなるようなので、予定が組める方は早めに予約するといいかもしれませんね。

やはり、「新玉川温泉」のほうが施設が新しく綺麗なので、「玉川温泉」より高めの設定となっていました。

⑥総合まとめ

宿泊施設、岩盤、温泉、食事、料金と比較しましたが、いかがでしたでしょうか?

それぞれに良さがありますので、目的に合わせて選ばれるといいと思いますよ!初めて行く方は不安もあるかと思いますが、行ってしまえば、スタッフさんや他のお客さんが優しく教えてくれますので、まずは思い切って行ってみてくださいね!

以上、「「玉川温泉」vs「新玉川温泉」〜2つの違いを徹底検証〜」でした。

「玉川温泉」の場所はこちら↓

「新玉川温泉」の場所はこちら↓

最後までお読み頂きありがとうございました。玉川温泉・新玉川温泉は気になっていたから読めてよかった!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

★私のプロフィールまとめも良かったら見てくださいね♪↓

karin-de-ringのプロフィール

【お知らせ】

「Tropicfeel」の高性能スニーカーが、下記リンクかQRコードからクーポンコード「588」とご入力頂けると5%オフで購入できますよ♪

また、かなりピタッとしたスニーカーなので、サイズはワンサイズかツーサイズ上を購入してくださいね♪

私は、ワンサイズ上にしました!

リンクはこちら↓】

Tropicfeel Japan

【QRコードはこちら↓】

「Tropicfeel」の記事はこちらから↓

🇯🇵「Tropicfeel」っていうスニーカーブランド知ってる??

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村