🇫🇷激安バスで行く美食の街「Lyon (リヨン)」1泊2日の旅・1日目〜美味しいコース料理とチョコレートの1日〜

2022年3月6日

週末に1泊2日でフランスのLyon (リヨン)へ行ってきました!

Genève(ジュネーブ)からは、バスでも電車でも行ける近場のフランスの街で、1泊2日でも十分楽しめたのでご紹介していきたいと思います♪

また、3年前に、一度Lyon (リヨン)へ行っていますので、その時の記事も合わせてご覧下さいね♪↓

🇫🇷南仏&🇨🇭スイス旅行記〜5日目🇨🇭ジュネーブから🇫🇷リヨン編〜ジュネーブで旧市街地散策🇫🇷リヨンへ移動、「ノートルダム大聖堂」、「古代ローマ劇場跡」、「ガロ・ロマン文明博物館」、「リヨン・サンジャン大教会」を見る

🇫🇷南仏&🇨🇭スイス旅行記〜6日目🇫🇷リヨン編〜騙し絵の壁「Mur des Canuts」と「ベルクール広場」で星の王子さま像を探す、「Bernachon(ベルナシオン)」で美味しいチョコレートケーキとリヨン・ボキューズ市場でお買い物

今回の移動は、Genève(ジュネーブ)からバスです。

「Gare routière」というバス停から、フランスの街や、スイスの山、Milan (ミラノ)など様々な場所へ向かうバスが出ています。

「FLIXBUS」、「BlaBlaCar」などなど様々なバス会社が集まっているのですが、今回は、以前も利用したことのある「BlaBlaCar」を使いました。

2021年の秋にフランスのDijon(ディジョン)まで同じバスを使って行ったのですが、その時の料金は、驚異の9.99ユーロ(約1,300円)(一人分、片道)でした(笑)激安すぎる・・・

その時の記事はこちらから↓

🇨🇭🇫🇷ワクチン証明ゲット後スイスからフランスへ、激安バスを使って旅行に行く

そして、今回のLyon (リヨン)行きのお値段はと言うと・・・

往復で一人16.98ユーロです(約2,200円)!!

ちなみに所要時間は2時間15分で、休憩なしのノンストップでした。

ルートはこんな感じです↓

そうそう、バスは一応指定席ですが、バスに乗ると指定された座席がそもそもなくて、みんなもういいやって感じで好きに座ってました(笑)適当・・・

それから、バスの中はマスク必須でした。人数は数えていませんが、ほぼ満席でした。

2時間15分後、Lyon (リヨン)の「Lyon Perrache」とうバス停に到着です。本当にあっという間でした!

到着したのが12時半頃だったので、ランチのために予約していたレストランに向かいました。

こちらの「Flair」というレストランです。

バスが少し遅れた関係で、予約時間から5分ほど遅刻してしまいましたが、ちゃんと席は用意されていました。よかった〜!そして、レストラン内は満席でしたよ!びっくり!!

メニューは3コース1種類のみで、メインが選べました。

一皿にボリュームがあって、お腹いっぱいになるし、どれも美味しかったので大満足でした♪

ちなみに、3コースで一人23ユーロ(約3,000円)でした。さすが美食の街リヨンです。

詳しくは別記事で書いてますのでお楽しみに♪

🇫🇷Lyon(リヨン)・土曜日でもお得なランチコースが食べられる「Restaurant Flair」

「Restaurant Flair」の場所はこちら↓

ランチの後は、少し近場をお散歩してみました。

歩いていたら、気になるキッチングッズ店が・・・

これは入るしかないので入ってみました♪

店内は、プロ用のお菓子の用具が売っていて、こんな感じの素敵なケーキが作れるキットも売っていました!(このキットはイタリア製のようです)

「PAVONI ITALIA」のHPはこちら

これを買ってケーキを作ったら、もうそれはプロのような仕上がりになるんじゃ・・・!?

他には、チョコレートの模様を付けるシートや型がたくさん売っていて、見ているだけでも楽しいお店でした♪

面白い製菓用雑貨のお店「Déco’Relief」の場所はこちら↓

次に、「Place Bellecour(ベルクール広場)」まで来ました。

お天気なので、歩いていて気持ちよかったです♪

「Place Bellecour(ベルクール広場)」の場所はこちら↓

ベルクール広場を横切ったら、ちょっと変わった場所へ向かいました。

この歴史ある建物の中に、そのある場所があるのですが、さてこの中には何があると思いますか??

入口を入ると、お城のような回路があって、中央には中庭です。

ホテルでしょうか・・・?美術館でしょうか・・・?

答えは・・・!

なんと、小さなお店が集まるマーケットだったのです!新鮮なお野菜が売っていたり、

お肉屋さんがあったり、

パン屋さん、

リヨンで有名なチョコレート屋さん「Voisin」があります。

「Voisin」は、1897年創業で、もともとアジアやアフリカの商品を販売するお店だったんですって。現在は、フランス国内に28店舗もあるショコラトリーとして有名になっています。

この写真の「Coussin de Lyon」が有名で、まるで宝石箱のようなケースの中身は・・・

このような、小さな砂糖菓子が入っています。

これは、チョコレートのガナッシュにキュラソーの香りをつけ、アーモンド生地でコーティングしたものなんだそうです。

なんだか甘そう〜!気になったけど、甘すぎたら食べられないしな・・・と思って買いませんでしたが、お土産にとても人気なんですって!

話はマーケットに戻りまして、他にチーズ屋さんもありましたよ!

美味しそうなチーズがたくさん並んでました!

他には、バターやヨーグルトなどの乳製品もありましたよ。

「Halles Grand Hôtel-Dieu」の場所はこちら↓

※中はとても広いので、看板を見ながらお目当てのお店に行かれて下さいね♪

この後は、バスに乗ってホテルへ向かう予定でしたが、交通規制がかかっていて、バスが来ないという悲劇が・・・なので、少しバスが落ち着くまで、近くのショコラトリーを覗きに行きました。

「PHILIPPE BEL」というショコラトリーです。

このお店は、「マツコの知らない世界」でも紹介されていて、日本でもチョコ好きからは有名なお店らしいです。お店でチョコを作っているフィリップ・ベルさんは、2004年に「M.O.F.(フランス国家最優秀職人章)」というフランスの名誉ある称号を貰っていて、高い評価をされています。

ちなみに、スイスのショコラトリー「MR&MRS RENOU」も2015年に同じ称号を獲得しています。「MR&MRS RENOU」のチョコを食べたときは、あまりの美味しさに涙が出たのを思い出しましたが、「PHILIPPE BEL」のチョコもおそらくとても美味しいんでしょうね!

「MR&MRS RENOU」について詳しく書いた記事もありますので、こちらからご覧下さいね♪↓

🇨🇭スイスチョコレートNO.3「MR&MRS RENOU」

「PHILIPPE BEL」はこんな感じのチョコで、見るからに美味しそう・・・本当は買いたかったけど、Lyon (リヨン)ってたくさん有名なショコラトリーがあるんですよ・・・本命があったので、今回は買わずチェックだけして次回買うことにしました。

「Chocolaterie Philippe Bel」の場所はこちら↓

さて、ショコラトリーもチェックしたし、バスが動き始めたかな?と思って再びバス停に戻りましたが、全然復旧していませんでした・・・

時間が読めなかったので、予定を変更して、電車で今回の旅行のメインの一つである場所に向かうことにしました。

Lyon (リヨン)には、24時間バス・地下鉄が乗り放題になるチケットがあります。

一人6ユーロです。地下鉄乗り場にあるタッチパネルから買うことができますよ。

ということで、地下鉄に入り、電車を待ちます。数分後、電車が来ましたが、たくさんの人が乗っていました。

おそらくバスの影響でみんな移動手段が限られ、電車に人が集まったのですね。満員電車の中、数駅先で降りました。

駅を降りて、お店のショートウィンドウを見ながら歩いていたら、こんなに可愛いぬいぐるみを発見!

ミルフィーユやタルト、ホットケーキ、クロッカンブッシュに顔が付いているんです!!かわいい〜!><今更ながらなんで買わなかったのか後悔・・・

と、そんなことを思いながらお目当てのカフェに到着しました!

日本ではとっても有名なショコラトリー「BERNACHON(ベルナシオン)」です!

チョコ好きで有名な田中みな実ちゃんもここのチョコの大ファンですよね♪

実は、3年前に一度来ているのですが、リヨンに来たら、ここは外せないということで3年ぶりに来ました。当時と比べると建物が素敵になっていたので、コロナ中に改装したのかな?

中の配置は変わらないものの、照明やテーブル、椅子などが本当におしゃれになっていました。

何を食べるか悩みましたが、プチケーキセットとシグネチャーの「プレジデント」をオーダー!

あま〜い至福の一時を過ごしました。

そして、カフェの隣はチョコレートブティックです。別の建物になっているので、一度カフェを出る必要があります。

こちらも、素敵な内装になっていました!

「BERNACHON(ベルナシオン)」といえば、 Palets d’or(パレドール)が有名なので買いました♪

「BERNACHON(ベルナシオン)」のカフェやブティックについては、また別記事で詳しく書きますね♪

「Bernachon Chocolats」の場所はこちら↓

さて、チョコレートを買っていたら、バスも通常に戻っていました。

やっとホテルまで行ける〜!

今回のホテルもおなじみマリオットです♪

お部屋のアップグレードがあって、高層階&リバーヴューにしていただきました♪やったー!

ホテル記事も別で書きますね!

「Lyon Marriott Hotel Cité Internationale」の場所はこちら↓

ホテルで少し休憩したら、ディナーの時間に。

今夜のディナーは・・・

Lyon (リヨン)で日本人夫婦がやっているレストラン「saku」です。

このような可愛らしい絵があちこちに飾ってあって温かみを感じる店内でした。

コースは2種類あって、それぞれで前菜やメインが変わってきます。

どれも、とても美味しくて、接客してくれた奥様も美しくて素敵な方で、楽しいディナータイムを過ごせました!

後から聞いたのですが、「saku」は、現地の駐在員の奥様のランチ会でも有名なお店なんだとか!

素敵なお店に来ることができて良かったです!

詳しくは、別記事でご紹介してますので、こちらをご覧下さいね。↓

🇫🇷Lyon(リヨン)ビブグルマン・日本人夫婦が経営する素敵フレンチ「SAKU restaurant」

「SAKU restaurant」の場所はこちら↓

美味しいお食事をして、ホテルに戻ってきました。

ホテル前には謎のモニュメントがありましたよ(笑)

ということで、1日目が終わりました。さて、2日目は、何をしたでしょうか♪2日目に続く・・・

以上、「激安バスで行く美食の街「Lyon (リヨン)」1泊2日の旅・1日目〜美味しいコース料理とチョコレートの1日〜」でした。

2日目とホテルについてはこちらから読めます♪↓

🇫🇷激安バスで行く美食の街「Lyon (リヨン)」1泊2日の旅・2日目〜不思議なウォールアートと旧市街地でお買い物〜

🇫🇷リヨンマリオットホテル(Lyon Marriott Hotel Cité Internationale)に宿泊してきたよ!

🇫🇷Lyon(リヨン)・土曜日でもお得なランチコースが食べられる「Restaurant Flair」

🇫🇷Lyon(リヨン)ビブグルマン・日本人夫婦が経営する素敵フレンチ「SAKU restaurant」

🇫🇷Lyon(リヨン)・まるでディズニーランドにあるレストラン!?「Brasserie Georges」

🇫🇷Lyon(リヨン)「Bernachon(ベルナシオン)」のサロンに行ってきたよ♪

🇫🇷Lyon(リヨン)・「Maison Pralus(プラリュ)」で名物プラリネブリオッシュをGETしたよ!

最後までお読み頂きありがとうございました。たくさん美味しいものが食べれて幸せだね!と思って頂けたら、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

★私のプロフィールまとめも良かったら見てくださいね♪↓

karin-de-ringのプロフィール

【お知らせ】

「Tropicfeel」の高性能スニーカーが、下記リンクかQRコードからクーポンコード「588」とご入力頂けると5%オフで購入できますよ♪

また、かなりピタッとしたスニーカーなので、サイズはワンサイズかツーサイズ上を購入してくださいね♪

私は、ワンサイズ上にしました!

リンクはこちら↓】

Tropicfeel Japan

【QRコードはこちら↓】

「Tropicfeel」の記事はこちらから↓

🇯🇵「Tropicfeel」っていうスニーカーブランド知ってる??

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村