🇫🇷南仏&🇨🇭スイス旅行記〜6日目🇫🇷リヨン編〜騙し絵の壁「Mur des Canuts」と「ベルクール広場」で星の王子さま像を探す、「Bernachon(ベルナシオン)」で美味しいチョコレートケーキとリヨン・ボキューズ市場でお買い物

2021年10月18日

ドイツのMunich(ミュンヘン)経由で南仏(Niceニース・Monacoモナコ公国・Lyonリヨン)とスイスのGeneva(ジュネーブ)へ行ってきました!(2019年4月時点)

5泊7日の旅行記として書いていますのでお読み頂けたら嬉しいです。

1〜5日目はこちらから読めます♪先にお読みになられると話がスムーズに繋がってきますので、是非お読みくださね♪↓

🇫🇷南仏&🇨🇭スイス旅行記〜1日目🇫🇷ニース・エズ・モナコ編〜ノートルダム寺院、日本人シェフ『KEISUKE MATSUSHIMA』と可愛い街『Eze(エズ)』、そして『モナコ』

🇫🇷南仏&🇨🇭スイス旅行記2日目〜ニースからジュネーブ編〜お土産を買って、マルク・シャガール美術館からジュネーブに移動

🇫🇷南仏&🇨🇭スイス旅行記〜3日目🇨🇭ジュネーブ編〜「Broken Chair(壊れたイス)」と「国連」見学とチーズフォンデュ

🇫🇷南仏&🇨🇭スイス旅行記〜4日目🇨🇭ジュネーブ編〜「Patek Philippe Salons」で高級時計を下見と美味しいチョコレート「Auer」、スイス牛「Le Relais de l’Entrecote」でディナー

🇫🇷南仏&🇨🇭スイス旅行記〜5日目🇨🇭ジュネーブから🇫🇷リヨン編〜ジュネーブで旧市街地散策&「TGV」で🇫🇷リヨンへ移動、「ノートルダム大聖堂」、「古代ローマ劇場跡」、「ガロ・ロマン文明博物館」、「リヨン・サンジャン大教会」を見る

今回の市内移動は、Uberを使って観光しました。Munich(ミュンヘン)からNice(ニース)はAir Dolomiti(エア・ドロミティ )で移動し、Nice(ニース)からGeneva(ジュネーブ)はSwiss Air(スイスエアライン)、Geneva(ジュネーブ)からLyon(リヨン)はCFF鉄道を使って移動しています。海の幸いっぱいのNice(ニース)、富裕層の国Monaco(モナコ公国)、可愛らしい街Lyon(リヨン)、世界機関が集まるGeneva(ジュネーブ)の魅力をお伝えできたらと思います。

6日目のスケジュールはこちらです!

11:00〜 ホテルチェックアウト

12:00〜 『Le Neuvieme Art』でランチ

14:00〜 『Mur des Canuts』にだまし絵を見に行く

14:30〜 チョコレートで有名な『Sébastien Bouillet(セバスチャン・ブイエ)』に行く

15:00〜 『ベルクール広場』で星の王子さま像を探す

15:30〜 『Bernachon(ベルナシオン)』でチョコレートケーキ「プレジデント」を食べる

16:30〜 『Les Halles de Lyon Paul Bocuse(レ・アール・デュ・リヨン・ボキューズ)』でお買い物

18:00〜 リヨン空港に到着

19:55〜 Munich(ミュンヘン)へ出発

6日目の始まりです。

前日に飲みすぎたせいなのか、起きるのが遅く、急いで予約していたレストランに向かいました!

『Le Neuvieme Art』という、ミシュラン2つ星のレストランです。

とってもとってもおしゃれで美味しくて最高のお店でした!今度リヨンに来たら、ディナーで行ってみたいです。

このレストランの詳細を別の記事にしていますので、こちらからご覧下さいね♪

🇫🇷南仏リヨンのおしゃれレストラン『Le Neuvieme Art』

「Le Neuvieme Art」の場所はこちら↓

ランチで大大大満足したあとは、リヨンの有名スポットを巡りました。

たくさんのカラフルな家が建っています。ここは何かと言うと・・・

実はだまし絵だったんです!遠くから見ると立体的に見えますよね!

建物に描かれただまし絵の前に行くと、誰が本物で、誰がだまし絵なのか分からなくなるくらい本物みたいに見えました。

この建物、1986年は何もないただの建物だったんです。

それが、3年後の1987年には、絵が描かれました。十分上手ですが、今の形になるまで、何度か手が加えられます。

更にその10年後の1997年には、窓などが書き加えられて更に詳細になってきました。

2013年に今の形に完成したようです!本当に、絵とは思えないですよね!

Mur des Canuts」の場所はこちら↓

近くに有名なチョコレート屋さんがあるということで、歩いてチョコレート屋さんへ向かいます。

「Sébastien Bouillet(セバスチャン・ブイエ)」

日本でも結構有名なチョコレートで、バレンタインの時期には期間限定で販売しているそうですよ。日本で有名なのは口紅型のチョコレートらしいです!

お店を入ると、チョコレートの壁がありました!びっくりびっくり!!

イースターの時期だったので、うさぎと卵がいっぱいでした。

「Sébastien Bouillet(セバスチャン・ブイエ)」の場所はこちら↓

街中は綺麗にお花が咲いています!

ここからは電車に乗ってリヨンの市内へ戻ります。

トンネルから電車が来ました!これに乗って、次の目的地に向かいます。

「ベルクール広場」です。

この広場には「星の王子さま」の像があると聞いたので、やってきたのですが広くて、なかなか見つかりません・・・諦めようかと思ったその時!

ありました〜!星の王子さま像は、とても高い位置にあったので気が付かなかったんです!行かれる方は、見落とさないように上も見て探して下さいね♪

「ベルクール広場」の場所はこちら↓

さて、美食の街リヨン、ここまで来たらあれを食べないと帰れない!ということで行ってきました!

「Bernachon(ベルナシオン)」です。

お店はとても広く、コチラ側はカフェスペースで、隣がチョコレートブティックになっていました。

そして、このお店で有名というか、リヨンで有名なチョコレートケーキを食べてきました!

「プレジデント」というケーキです!持ち帰るのは難しいほど繊細なケーキでした。私、何を思ったかこれに合わせてホットチョコレートもオーダーしちゃいました(笑)チョコチョコまみれになりましたが、ホットチョコレートはあまり甘くないので、よかったです(笑)もちろん、このケーキはとってもとっても美味しかったですよ!リヨンに来たら絶対食べなくちゃ!ですね♪

「Bernachon(ベルナシオン)」の場所はこちら↓

さぁ、そろそろ帰る時間が近づいてきましたので、最後のお買い物へ行きます!

ポール・ボキューズの市場にやってきました!

「Halles de Lyon-Paul Bocuse

実は、ポール・ボキューズさんリヨン出身なんですね。料理学校から市場から、そしてこの巨大な肖像画から、色んなところでポール・ボキューズを感じることができます。

市場といっても、これが市場です!立派な建物すぎて最初わかりませんでした(笑)

市場の中は、小さなお店がたくさん入っています。どのお店も美味しいと評判のいいお店だそうです。

こちらはチーズ専門店。

お肉屋さん

加工肉屋さん

他にもたくさん素敵なお店がありました!今日は帰る日だったので、チーズなどをたくさん買って帰りました♪

「Les Halles de Lyon Paul Bocuse(レ・アール・デュ・リヨン・ボキューズ)」の場所はこちら↓

お土産もたくさん買って、ホテルで荷物を入れ替え、空港へ来ました。

キレイな空港です。

フライトが19時55分だったので、それまでラウンジで休憩しました。

リヨンのラウンジ記事はこちらから是非お読み下さい↓

🇫🇷Lyon-Saint Exupéry Airport (リヨン空港)のビジネスクラスラウンジ

あっという間に搭乗の時間になりました!

リヨンからドイツのミュンヘンは1時間20分のフライト時間なので、小さなプロペラ機でした!ちょっとびっくり!

以上「南仏&スイス旅行記〜6日目リヨン編〜騙し絵の壁「Mur des Canuts」と「ベルクール広場」で星の王子さま像を探す、「Bernachon(ベルナシオン)」で美味しいチョコレートケーキとリヨン・ボキューズ市場でお買い物」でした。

今回も最後までお読み頂きありがとうございました♪また、ラウンジ記事や旅行記事など書いていますので、そちらもよろしくお願いいたします。

最後までお読み頂きありがとうございました。南仏&スイスの旅行はいい組み合わせだね!と思った方は、ぜひ「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村