🇨🇭スイスのお勧め博物館10選

先日は、スイスのお勧め乗物10選をご紹介しましたが、今日は、スイスの様々なまとめ第2弾としてお勧めの博物館を10箇所ご紹介したいと思います♪

「スイスのおすすめ乗物10選」についてはこちらから↓

🇨🇭スイスのおすすめ乗物10選

スイスには500以上の美術館や博物館があるのですが、2021年に100を超える美術館・博物館に行きました。その中で、特に印象に残っているものや「また行きたいなぁ」「家族や友達を連れていってあげたいな」と思えた箇所がいくつかありました。

きっと、今日ご紹介する博物館は誰が行っても満足できるものだと思いますので、是非最後までお読みくださいね♪明日は美術館をご紹介したいと思います。

ちなみに、「Swiss Museum Pass」を持っていると無料で入れるところと、そうでないところがありますが、その辺も記載しておきますので、ご参考になさってください。

「Swiss Museum Pass」についてはこちらから読めます。↓

🇨🇭スイスでお得に生活する〜乗り物編(GA Travelcard 、Half Fare Travelcard、Swiss Museum Pass、Saver Day Pass、CFF day pass)

では、始めていきましょう〜♪

①Lindt Home of Chocolate(リンツ・ホーム・オブ・チョコレート)

ここは、世界中の誰もが行ってみたい博物館に違いないと思います!そうです!!あの、チョコレートのリンツの博物館なのです♪

リンツやチョコレートの歴史を体験しながら学べて、最後にはリンドールチョコもたくさん試食できちゃう夢のような博物館なので、スイスに来たら是非行ってほしいですね♪

入館料・・・大人15フラン(約2,000円)、子供(8才〜15歳)10フラン(約1,350円)

※「Swiss Museum Pass」では入場できませんのでご注意を!

営業時間・・・毎日10時〜18時

この博物館を訪問した際の記事はこちらから↓

🇨🇭リンツのチョコが食べ放題!?「Lindt Home of Chocolate(リンツ・ホーム・オブ・チョコレート)」に行ってきたよ!

「Lindt Home of Chocolate(リンツ・ホーム・オブ・チョコレート)」の場所はこちら↓

②FIFA World Football Museum(FIFAワールドサッカーミュージアム)

こちらは、サッカーの「FIFA World Football Museum(FIFAワールドサッカーミュージアム)」です。歴代のトロフィーや、活躍した選手、歴史やサッカーに関するものがたくさん展示してあり、体験型のゲームやミニシアターもあってみどころ満点なミュージアムとなっています。

サッカーに興味のない方も楽しめるし、サッカー好きさんなら1日中いられるであろう場所ですよ♪

入場料金・・・大人1人24フラン(約3,200円)

※「Swiss Museum Pass」があれば無料で入れます。

この博物館を訪問した際の記事はこちらから↓

🇨🇭FIFA World Football Museum(FIFAワールドサッカーミュージアム)

「FIFA World Football Museum」の場所はこちら↓

③Le Musée Olympique(オリンピック博物館)

スイスのローザンヌはオリンピック委員会の本拠地です。その本拠地に「Le Musée Olympique(オリンピック博物館)」があります。

博物館のまわりは、まるで競技場のようで入る前からワクワクできますし、館内はハイテクで綺麗な施設となっており、歴代のトーチや選手のユニフォーム、メダルが展示されており、見どころ満点です。

始めてスイスに来た方には、喜んでもらえる博物館だと思いますよ♪日本語のオーディオガイドもあるので、日本語で展示物を見れるのも魅力的です。

入場料金・・・大人1人18フラン(約2,400円)

※「Swiss Museum Pass」があれば無料で入れます。

この博物館を訪問した際の記事はこちらから↓

🇨🇭スイス初心者用⑤Lausanne(ローザンヌ)日帰り編〜傾斜のある街並、ローザンヌ大聖堂と絶品クレペリー、エリゼ美術館、オリンピック博物館〜

Le Musée Olympique(オリンピック博物館)の場所はこちら↓

④Musée international de la Croix-Rouge et du Croissant-Rouge(国際赤十字博物館)

次にご紹介するのは、「Musée international de la Croix-Rouge et du Croissant-Rouge(国際赤十字博物館)」です。

1864年にジュネーブ条約が調印されて、国際赤十字組織が誕生したことから、ジュネーブに博物館があります。ここでは、人道的な活動や、赤十字組織の歴史や功績、人権についてなど最新の設備と共に学ぶことができます。スイスに住んでいるなら足を運ぶべき博物館だと思いますよ。

日本語のオーディオガイドがあるので、日本語で館内を回れるのも魅力です!

入場料金・・・大人1人15フラン(約2,000円)

※「Swiss Museum Pass」があれば無料で入れます。

営業時間・・・11月〜3月は10時〜17時まで、4月〜10月までは10時〜18時まで

この博物館を訪問した際の記事はこちらから↓

🇨🇭Musée international de la Croix-Rouge et du Croissant-Rouge(国際赤十字博物館)

Musée international de la Croix-Rouge et du Croissant-Rouge(国際赤十字博物館)の場所はこちらです↓

⑤Bernisches Historisches Museum / Einstein Museum(ベルン歴史博物館/アインシュタインミュージアム)

次にご紹介する博物館は、舌を出した写真が印象的な物理学者アインシュタインの博物館です。

アインシュタインが発見した様々な法則を生誕の歴史とともに学ぶことができます。

最後まで見ていくと、結構ショッキングな事実も発覚するので歴史に興味のある人は是非足を運んでくださいね。

常設展の入場料は13フラン(約1,750円)ですが、それとは別にアインシュタインミュージアムの入場料は18フラン(約2,400円)になります。

※「Swiss Museum Pass」があれば無料で入れます。

営業時間・・・月曜日が休館日で、火曜日から日曜日は10時〜17時まで

この博物館を訪問した際の記事はこちらから↓

🇨🇭Bernisches Historisches Museum / Einstein Museum(ベルン歴史博物館/アインシュタインミュージアム

「Bernisches Historisches Museum / Einstein Museum(ベルン歴史博物館)」の場所はこちら↓

⑥Richard-Wagner-Museum Stadt Luzern(リヒャルト・ワーグナー記念館

作曲家のリヒャルト・ワーグナーの記念館です。この自然豊かな建物は、実際にワーグナーが過ごし、気に入った邸宅で、目の前が湖という最高の景色を眺めることができます。

博物館はそんなに大きくないのですが、ワーグナーが実際に使っていたピアノが展示されていたり、楽譜や恋多きワーグナーの歴史?(笑)が分かったりととても興味深い内容となっております。

入場料・・・10フラン(約1,340円)、小学生以上の子供は5フラン(約670円)、6歳以下は無料

※「Swiss Museum Pass」があれば無料で入れます。

営業時間・・・4月〜11月の11時〜17時までで、12月〜3月は休館しています。また、毎週月曜日も休館です。

この博物館を訪問した際の記事はこちらから↓

🇨🇭Richard-Wagner-Museum Stadt Luzern(リヒャルト・ワーグナー記念館)

「Richard-Wagner-Museum Stadt Luzern(リヒャルト・ワーグナー記念館)」の場所はこちら↓

⑦GALLERIA BAUMGARTNER(鉄道博物館)

スイスのイタリア語圏にある鉄道博物館です。ブルーノ・バウムガルトナーさんという方が自分の電車の模型コレクションを展示するために買取し、約4,000点の模型を展示しています。

いや、個人収集で4,000点って凄いですよね!?そのコレクションの数はもちろんのこと、四六時中、頭の上を電車が走っていて、面白いのなんのって!電車好きさんにはたまらない博物館だと思います。

でも、スイスで一番有名な鉄道博物館はローザンヌにある「Blonay-Chamby Railway Museum」だと思います。ミニチュアではなく、実物大の電車がそのまま展示してあり、お子様に大人気なんだとか!そちらはまだ行ったことがないのですが、トップ10に入るくらい面白い場所じゃないかな!と思います♪

入場料・・・大人12フラン(約1,600円)、子供(6歳〜16歳)6フラン(約800円)

※「Swiss Museum Pass」があれば無料で入れます。

営業時間・・・水・土・日・祝日のみの営業で、9時半〜17時半

この博物館を訪問した際の記事はこちらから↓

🇨🇭電車の模型4000台以上を誇る「GALLERIA BAUMGARTNER(鉄道博物館)」

「GALLERIA BAUMGARTNER(鉄道博物館)」の場所はこちら↓

⑧Musée d’Horlogerie du Locle(ル・ロックル時計博物館)

こちらは、時計産業が有名なスイスらしい博物館です。

こちらの邸宅の元持ち主のデュボア家と時計愛好家達のコレクションが展示された博物館で、その貴重な時計の数々を見ることができます。

宝石が散りばめれたものや、面白いからくりのある時計などなど、珍しいものを見ることができるので時計好きさんじゃなくても楽しめる博物館だと思います。

入場料・・・大人10フラン(約1,350円)、子供(10歳〜16歳)5フラン(約670円)

※「Swiss Museum Pass」があれば無料で入れます。

営業時間・・・3月〜10月は火曜〜日曜は10時〜17時、11月〜2月は火曜〜日曜は14時〜17時

この博物館を訪問した際の記事はこちらから↓

🇨🇭美しい時計と小鳥の邸宅「Musée d’Horlogerie du Locle(ル・ロックル時計博物館)」

「Musée d’Horlogerie du Locle(ル・ロックル時計博物館)」の場所はこちらから↓

⑨Musée et Chiens du Saint-Bernard(セントバーナードミュージアム)

可愛いワンちゃん達に会える、Musée et Chiens du Saint-Bernard(セントバーナードミュージアム)です。

スイスの救助犬セントバーナードと人間の歴史や、数々の功績を学ぶことができます。また、施設の一番上の階には子供が遊ぶことができる広場があったり、レストランが併設されていたりと施設としても充実しているので、お子様と来るのにとてもいいと思います♪

入場料・・・大人12フラン(1,600円)、子供と学生は7フラン(約940円)

※「Swiss Museum Pass」があれば無料で入れます。

営業時間・・・毎日10時〜18時、休館日はありません。

この博物館を訪問した際の記事はこちらから↓

🇨🇭癒やしの大型犬に会える!「Musée et Chiens du Saint-Bernard(セントバーナードミュージアム)」

「Musée et Chiens du Saint-Bernard(セントバーナードミュージアム)」の場所はこちら↓

⑩Musée de la Vigne et du Vin(葡萄&ワインミュージアム・ヌーシャテル)

スイスにはワインに関する博物館がたくさんあるのですが、その中でもヌーシャテルの博物館をお勧めします♪基本的には、ワインや葡萄の歴史を学べるのですが、ここは最後にワインの試飲ができるのです!

3種類で10フラン(1,350円)ですが、是非飲んで見てください♪ 癖のない美味しいスイスワインをここで知ることができますよ〜♪

入場料・・・大人7フラン(約940円)で、学生は5フラン(約670円)、14歳以下は無料。

※「Swiss Museum Pass」があれば無料で入れます。

営業時間・・・水曜日〜日曜日の14時〜17時まで

この博物館を訪問した際の記事はこちらから↓

🇨🇭ヌーシャテル州のワインの歴史がわかる「Musée de la Vigne et du Vin(葡萄&ワインミュージアム・ヌーシャテル)」

「Musée de la Vigne et du Vin(葡萄&ワインミュージアム・ヌーシャテル)」の場所はこちら↓

まとめ

今日は、スイス国内の博物館を10箇所ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?どこも、専門的でボリュームも満点、そして綺麗で最新の設備を備えたところが多いので、満足できると思います♪

みなさんも、色々と行かれてみてくださいね!

最後までお読み頂きありがとうございました。どの博物館も面白そう!と思った方は、是非「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村