🇨🇭【BONVOY】コロナ禍のKameha Grand Zurich, Autograph Collection(カメハ・グランド・チューリッヒ、オートグラフコレクション)のジュニアスイート

2021年11月6日

週末はチューリッヒにある【BONVOY】Kameha Grand Zurich, Autograph Collection(カメハ・グランド・チューリッヒ、オートグラフコレクション)のジュニアスイートルームに宿泊してきましたのでレポートしていきたいと思います♪

実は、このホテルは2回目の宿泊なのですが、とても可愛いホテルで気に入っているということもありましたし、前回とは違う部屋を予約したので、改めてご紹介することにしました。

前回泊まった際の記事はこちらから読めます♪↓

🇨🇭【BONVOY】Kameha Grand Zurich, Autograph Collection(カメハ・グランド・チューリッヒ、オートグラフコレクション)

チューリッヒ中央駅からはトラムで20分くらいで、中心地からは少し離れている場所にホテルがあります。

ホテルの入口は回転扉でした。

こちらが、ホテルのフロントです。フロントからしてこのホテルの可愛さが伝わってくると思います♪

手続きが終わったら、お部屋へ向かいます。前回はこちらのエレベーターから行ったのですが、今回はジュニアスイートなので違うエレベーターからお部屋に向かうことになりました。

まるでチョコレートのような扉がある廊下を横目に進んでいきます。

エレベーターに乗って、3階で降りました。ここにも書いてありますように、3階には3種類のスイートルームがあります。ゴーストライタースイート、フェアプレイスイート、ウォッチメーカースイートです。

さて、私達のお部屋はどれでしょうか♪

可愛い絨毯敷きの廊下を進んでいくと・・・

お部屋に着きました!私達のお部屋はウォッチメーカースイートでした♪

ではお部屋の中をご紹介しますね。

WATCHMAKER SUITE

扉を開けて、どんなお部屋だろうと思っていたら・・・お部屋中に時計がたくさん飾ってありました!今回は、ジュニアスイートを初めから予約していました。アップグレードはなしです。広さは40平米になります。

中央にテレビ兼鏡が仕切りとしてあって、ベッドルームからもたくさんの時計が見えます。

こちらがベッドルームですが、ベッドルームの壁にも時計があります。

こんなに時計だらけのお部屋は初めてなので、なんか面白かったですね。

窓側にはワークスペークがあって、

スタンドライトがベルみたいで可愛かったです♪

そうそう、このベルみたいなライト、フロントにも大きいものがありましたね!

冒頭にもこの写真は使いましたが、これで比較してみて下さい!上からぶら下がっているライトが同じ形です!かなり拘っているのが分かりますね〜♪

お部屋に戻りますが、コーヒーマシーンもありました。

紅茶はなくて、カプセルコーヒーが用意してありました。

冷蔵庫の中にはミネラルウォーターが1本入っていました。

ベッドの横の板チョコのような扉を開けると・・・

バスルームになっていました。

浴槽があるのは、嬉しいです♪そして、ベッド横の壁にも先程のベル描かれています!!ここにも拘りを感じました。

洗面台は2つありました。丸くて可愛いです。

それから、石鹸とウェットティッシュが用意されていました。事前に、歯ブラシをお願いしていたのですが、今回も歯ブラシがなかったので後で貰いに行きました(笑)

こちらは、アメニティーです。一通り揃っているので、助かります♪

ドライヤー、ティッシュ、コップもあります。紙コップじゃないから嬉しい(笑)

(コートヤードバイマリオットとかモクシーは紙コップでしたからね・・・)

バスローブとスリッパも事前にリクエストしていたので用意してありました。事前リクエストって大事ですね!

お手洗いは独立した部屋にあります。

それから、シャワールームも独立した部屋にありました。また、普通のシャワーと修行タイプのシャワーが設置されているのですが、このシャワーが超便利で、スイッチ一つで切り替わるので快適でした!!

ちゃんと扉も付いていたから、洗面所がビショビショにもならなかったしポイント高めでした♪

こちらはフロアマップですが、他のところよりもちょっと広めですね♪角部屋も気になる・・・!

次は、朝食のご紹介をしていきます。

朝食

こちらのピカピカのバーカウンターを通ってレストランへ向かいます。

天井がお皿みたいでソファ席も可愛くて、素敵なレストランです♪

窓側のテーブル席も光が入って清々しいです♪

どこに座ってもいいよ〜ってことだったので、窓側に座りました。テーブルもタイルが敷き詰めてあって可愛いです♪

朝食はビュッフェで、取りに行くときはマスクをして行くようになります。

ドライフルーツやコーンフレーク、

フレッシュなフルーツ、

フレッシュフルーツジュース、

ミネラルウォーター、

たくさんの種類のチーズと、

ハム達、

ヨーグルトやスムージー、

小さめが嬉しいデニッシュやパン、

温かいミールは、ベーコン、チキンソーセージ、ロスティ(チューリッヒの伝統料理でじゃがいもをこまかくしてホクッとカリっとしたもの)とゆで卵がありました。

あと、卵料理はオーダー式でした。

いつものようにオムレツを頼んだのですが、形はそんなに綺麗ではないものの、具だくさんで美味しかったです!中にはマッシュルーム、ほうれん草、チーズ、ベーコン、玉ねぎがたくさん入っていました。

コーヒーマシーンは2台あるので、ワタシ的にポイント高めでした(笑)1台だけだと、並ばないといけませんからね・・・

ちなみに、お持ち帰り用の紙コップも用意してあります♪

紅茶はTWGでした。

ちなみに、Kameha Grand Zurich, Autograph Collection(カメハ・グランド・チューリッヒ、オートグラフコレクション)にはラウンジがありません。もしプラチナエリートの方だったら、ラウンジがないので朝食が付いてきます。

最後に宿泊料金ですが1泊126フラン(約15,400円)でした。スイスのホテルで、しかもスイートルームでこのお値段はお値打ちではないでしょうか!?中央駅から離れていますが、それでも満足度がとても高いです。

これからも、ここはまた泊まりに来ると思うので、違うお部屋になったらまたご紹介します♪

エグゼクティブスイートになると、こんなお部屋らしい(笑)泊まってみたいな(笑)

以上、【BONVOY】Kameha Grand Zurich, Autograph Collection(カメハ・グランド・チューリッヒ、オートグラフコレクション)のジュニアスイートでした。

「Kameha Grand Zurich, Autograph Collection(カメハ・グランド・チューリッヒ、オートグラフコレクション)」の場所はこちら↓

最後までお読み頂きありがとうございました。ブログ村に登録したので、「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村

過去のBONBOY記事はこちらから↓

🇨🇭【BONVOY】コロナ禍の「Sheraton Zurich Hotel(シェラトン チューリッヒ ホテル)」のジュニアスイート

🇨🇭【BONVOY】コロナ禍のRenaissance Zurich Tower Hotel(ルネッサンス・チューリッヒ・タワー・ホテル)のエグゼクティブスイート

🇭🇰【BONVOY】The Ritz-Carlton Hong Kong (ザ・リッツ・カールトン香港)を元香港在住5年半の私が90%くらいご紹介!

🇨🇭【BONVOY】コロナ禍のMoxy Bern Expo(モクシー ベルン エクスポ)

🇮🇩【BONVOY】Sheraton Bandung Hotel & Towers (シェラトン バンドン ホテル & タワーズ)

🇨🇭【BONVOY】コロナ禍のMoxy Lausanne City(モクシー ローザンヌ シティー)

🇨🇭【BONVOY】コロナ禍のCourtyard by Marriott Zurich North (コートヤード バイ マリオット チューリッヒ ノース)

🇦🇪【BONBOY】Al Maha, a Luxury Collection Desert Resort & Spa, Dubai (アル マハ ア ラグジュアリー コレクション デザート リゾート & スパ ドバイ)で野生の動物に会いながら朝食を食べに行く!

🇦🇪【BONBOY】The St. Regis Abu Dhabi (ザ セント レジス アブダビ)

🇯🇵【BONVOY】Courtyard by Marriott Shin-Osaka Station (コートヤード バイ マリオット 新大阪ステーション)

🇯🇵【BONVOY】Marriott Tokyo(マリオット 東京)

🇨🇭【BONVOY】Courtyard by Marriott Basel(コートヤード バイ マリオット バーゼル)

🇨🇭【BONVOY】Kameha Grand Zurich, Autograph Collection(カメハ・グランド・チューリッヒ、オートグラフコレクション)

🇨🇿【BONVOY】Courtyard by Marriott Pilsen(コートヤード バイ マリオット ピルセン)