🇨🇭【BONVOY】コロナ禍の「Zurich Marriott Hotel(チューリッヒマリオットホテル)」のジュニアクラブスイート

2021年11月6日

チューリッヒ市内にあるマリオット系列のホテルはほとんど行き尽くして、今回は元祖マリオットホテルに行ってきました!やっぱり、他の系列ホテルよりはお値段がしますが、さて、お値段に見合ったホテルでしょうか!

記事の最後に今まで行ったマリオット系列のリストを貼り付けておきますので、是非ご覧下さいね♪

チューリッヒマリオットホテルは、チューリッヒ中央駅から徒歩7分のところにあります。

今までご紹介してきたチューリッヒ周辺のホテルは、ほとんどがチューリッヒ中央駅からトラムや電車に乗り換えて行かなければならなかったので、今回のマリオットホテルは一番立地がいいと言っても過言ではないと思います。でも、チューリッヒ中央駅は広いし、スーツケースを持ってここまで行くのは、ちょっと大変だなぁとも感じました。

本館の横に北館もありますが、北館は本館よりも低層になるのでビューはあまり期待できません。

予約する時に、どちらを予約するかご注意下さいね!

入口まで来ました。入口からして、ラグジュアリー感がでていますね♪

フロントがあるグランドフロアはとても広々していて綺麗でした。

たくさんの休憩スペースがあって、家具も素敵です♪

待っている間もこんな素敵な空間だと気分がいいですね。

プチ情報ですが、フロントでお願いすると、印刷やコピーをしてくれます。しかも、Bluetoothにプリンターが連動しているので、本当にあっという間に印刷できました。(日曜日に美術館に行く予定で、その美術館は印刷したQRコードが必要だったためお願いしました。)

もう、家具が素敵すぎて見てるだけでも楽しい・・・お家にこのセットほしいな・・・置くスペースないけど(笑)

さて、今回予約したお部屋は、もともと北館の「デラックス・ルーム」だったのですが、ありがたいことに、3段階のアップグレードで「ジュニアクラブスイート、Mクラブラウンジアクセス、1キング」になりました〜♪

それと、本来ならラウンジも使えたのですが、今はコロナのせいでクローズということで、朝食か750ポイントから選べました。私たちは朝食を付けてもらいました!(Bonvoy系列のラウンジと朝食の関係はそれぞれのホテルブランドによって違ってくるので、今度まとめますね!)

チェックイン時に、フロントの方から「ラウンジが使えないので、朝食は無料になります」と言われたのですが、実はチェックアウト時に「ある出来事」が起きたのです・・・またチェックアウトの話の時にその「ある出来事」を書きます。

さて、こちらがラウンジです。行きたかったな〜。

コロナのせいで、こういったサービスが止まっちゃうのは悲しいですね(泣)

ただ、Barは通常通り営業していました。このBarも素敵!

では、エレベーターでお部屋に向かいます。「ジュニアクラブスイート」はどんなお部屋でしょうね♪いつも、エレベーターに乗る瞬間からわくわくします♪

私たちの部屋は36階でした。最上階は39階ですが、外観からして39階まであるように見えないのだけど・・・?

エレベーターを降りると、こんな感じのフロアになっていました。

ベージュの空間が落ち着く廊下です。

いつものように、ふかふかの廊下を歩いてお部屋に向かいます!

部屋

中に入ると外の光が入る明るいお部屋でした!広さは34平米です。

デスクも広々としていました!

隣はベッドルームです。角部屋なので景色もいいです!

クローゼットは2つありました。こちらは、玄関入ってすぐのクローゼットで、

こちらは、バスルーム横のクローゼットです。

事前にリクエストしていたスリッパ、ガウンもちゃんと用意されていました。

こちらはバスルームです。

アメニティはイタリアのブランドの「ACCA KAPPA」のものでした。それと、歯ブラシも事前リクエストしたのでちゃんと準備してありました♪

あとは、石鹸もありました。

バスルームの向かい側にはこのようなスペースがあったので、とても便利だなと思いました。いつもバスルームで着替えとかを置く場所がなくて困っていたので、ちょっとしたスペースは助かります。

そして、シャワーブースです。今回は修行タイプの天井から降ってくるシャワーはありませんでした。

あと、いつものことですが、またシャワーブースに扉がありませんでした><なんで、スイスのホテルには扉がないの!?けど、水圧と温度はバッチリでしたよ!

お手洗いですが、個室になっていたのでなんか嬉しかったです(笑)

ドリンク系ですが、コーヒーマシーンはなくて、このセットがありました。このペットボトルのエビアンは無料だと思っていたら、主人が「そうかな?」と・・・・

確かに、先程の棚の上には更にお水の瓶が用意してあって、こちらには「With our compliments」のシールが貼ってありました!つまり、「贈呈品」という意味なのでこのお水は無料ということになりますが、先程のエビアンのペットボトルには書いていません。

でも、ホテルってお水無料のイメージだしなぁと思いながら冷蔵庫を開けました。

もちろん、冷蔵庫の中のものは有料です。が、扉側に料金表があるのを発見!これをよく見てみたら、エビアンは1本7フラン(約840円)との記載が!てか水が7フラン(約840円)て高すぎ!(笑)

危なく飲んじゃうところだった〜!さすがご主人さまです・・・

ちなみに、紅茶などはこんな感じで予めパッケージされていました。

フロアマップですが、赤いシールの場所がこのお部屋です。角部屋なので、景色がいいのが納得です♪

こちらが、朝の景色です。チューリッヒの美しい街並みが見えます♪

こちらは、ソファのあるお部屋からの景色です。目の前に川が見えるのもいいですね。

さて、次は朝食のご紹介です。

朝食

朝食は、夜はスイス料理レストランとなっている、こちらのレストランが会場となっていました。

レストラン横に、コーヒーマシーンがあったので、ここまでコーヒーを取りに来るのかな?と思いながら中に入りました。

入口で消毒をして、手袋をしてからお料理を取ります。

レストランの中は暖かみのある内装でした。

ゴンドラの席もあって、ちょっと座ってみたかったけど、やめときました(笑)

お食事はビュッフェ形式です。中央のテーブルの椅子が牛乳缶で可愛いですね♪

それと、エッグステーションもありました。今回もオムレツを頼んだので、恒例のオムレツレビューもします!(笑)

料理は、ヨーグルトにカットフルーツ、

様々な種類のハムとチーズ、

シリアル系、

温かいお料理、

スクランブルエッグ、焼きトマト、ベーコン、ゆで卵、

ミルク粥、ロスティ(ハッシュブラウンのようなもの)に、

バゲットや、

様々なパンがありました。パンは上から紙が被せてあったのですが、

マフィンやクロワッサンなど美味しいそうなパンがたくさんありましたよ。

それから、3種類のフレッシュジュース、

ミネラルウォーター、

コーヒーマシーンとありましたが、このコーヒーマシーンは壊れていて、ミルクを使うものは作れないとのことで、スタッフさんに言うと他のところから作って持ってきてくれました。あ、もしかして、入口にあったコーヒーマシーンがそうなのかも!

それから、紅茶もいろいろな種類がありました。

そして、お待ちかねのオムレツ評価ですが・・・

とってもおいしかったです♪ホテルによって、こんなに味が違うのかと思うくらい!!差があるんですね・・・

次は、ホテル内の施設のご紹介です。

ジム

ホテル内には誰でも使えるジムがあります。

これが、結構本格的&綺麗なジムでびっくりしました!

ランニングマシーンは画面付きなので、You Tubeを見ながらランニングができます!

筋トレの機材も本格的です。

ヨガやピラティスなどの用具も揃っていました!

もちろんタオルも使い放題です。

それと、有料ですがマッサージもありました。

マッサージルームの横には、休憩部屋もありましたよ。

それから、清潔感のある更衣室に、

サウナもありました!

サウナルームはとても本格的でしたよ。それにしても綺麗ですよね〜。

あと、こちらは有料になりますが、まさかの日サロまでありました(笑)どんな人が使うんだろう・・・(笑)

ということで、チューリッヒマリオットホテルの施設のご紹介でした。

とにかく気持ちよく最高の滞在が出来たわけですが、冒頭で触れましたように、チェックアウト時にちょっとある出来事が起きました・・・

それは、朝食についてです。

Bonvoyのルールでプラチナステイタス保有者でヨーロッパにあるマリオットホテルに宿泊した際に、ラウンジがクローズしていた場合は、「ラウンジが使えない場合、代わりに無料で朝食をつける」というルールがあります。

チェックインの時に、私たちはもちろんフロントの人もそれを認識していたので、「朝食は無料でおつけしますよ」と言ってもらえていたのですが、チェックアウト時に、ちゃっかりチャージされていたのです!ちなみに、朝食は一人39フラン(約4,700円)なので、2人分の78フラン(9,400円)です。

おやおやおや、78フラン(9,400円)って結構な金額ですよ???チェックイン時は無料って言ってたのに、チェックアウト時に加算するのは、ちょっと違いますよね?しかも、実はこういうケースがあるということを、事前にトリップアドバイザーの口コミを読んで知っていたので、主人はBonvoyの利用規約を再度チェックして、チェックアウト時も注意深くしていたわけです。

まさか、その口コミされていた方と同じパターンになるとは!!ちなみに、その口コミしていた方は、全ての精算が終わってから気がついたのかわかりませんが、お金はチャージされたまま戻ってきてなかったようで評価を1にしていました。

私たちは、一度デポジットから引かれていたものの「朝食はインクルードされていますよね?」と確認を取ったので、カードを切り直してくれました。

しかし、そう思いたくないけど、これって・・・?

だって口コミの人と全く同じパターンですよ?それとも、スタッフ教育が行き届いてない?これだけが残念な点でした。

でも、チタン様とかの口コミはとってもよかったので、たまたまかもしれませんが!!!この件を除けば、他は言うことないくらいいいホテルだったので、オススメです♪

最後になりますが、宿泊費は北館の「デラックス・ルーム」で199フラン(24,000円)です。今回はアップグレードされて、「ジュニアクラブスイート、Mクラブラウンジアクセス、1キング」になったので、385フラン(約46,300円)のお部屋にお得に宿泊できました。

以上、【BONVOY】コロナ禍の「Zurich Marriott Hotel(チューリッヒマリオットホテル)」のジュニアクラブスイートでした。

「Zurich Marriott Hotel(チューリッヒマリオットホテル)」の場所はこちら↓

最後までお読み頂きありがとうございました。ブログ村に登録したので、「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 海外生活ブログ スイス情報へ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村

過去のBONVOY記事はこちらから↓

🇨🇭【BONVOY】コロナ禍の「Renaissance Lucerne Hotel(ルネッサンス ルツェルン ホテル)」のデラックスルーム

🇨🇭【BONVOY】コロナ禍のKameha Grand Zurich, Autograph Collection(カメハ・グランド・チューリッヒ、オートグラフコレクション)のジュニアスイート

🇨🇭【BONVOY】コロナ禍の「Sheraton Zurich Hotel(シェラトン チューリッヒ ホテル)」のジュニアスイート

🇨🇭【BONVOY】コロナ禍のRenaissance Zurich Tower Hotel(ルネッサンス・チューリッヒ・タワー・ホテル)のエグゼクティブスイート

🇭🇰【BONVOY】The Ritz-Carlton Hong Kong (ザ・リッツ・カールトン香港)を元香港在住5年半の私が90%くらいご紹介!

🇨🇭【BONVOY】コロナ禍のMoxy Bern Expo(モクシー ベルン エクスポ)

🇮🇩【BONVOY】Sheraton Bandung Hotel & Towers (シェラトン バンドン ホテル & タワーズ)

🇨🇭【BONVOY】コロナ禍のMoxy Lausanne City(モクシー ローザンヌ シティー)

🇨🇭【BONVOY】コロナ禍のCourtyard by Marriott Zurich North (コートヤード バイ マリオット チューリッヒ ノース)

🇦🇪【BONBOY】Al Maha, a Luxury Collection Desert Resort & Spa, Dubai (アル マハ ア ラグジュアリー コレクション デザート リゾート & スパ ドバイ)で野生の動物に会いながら朝食を食べに行く!

🇦🇪【BONBOY】The St. Regis Abu Dhabi (ザ セント レジス アブダビ)

🇯🇵【BONVOY】Courtyard by Marriott Shin-Osaka Station (コートヤード バイ マリオット 新大阪ステーション)

🇯🇵【BONVOY】Marriott Tokyo(マリオット 東京)

🇨🇭【BONVOY】Courtyard by Marriott Basel(コートヤード バイ マリオット バーゼル)

🇨🇭【BONVOY】Kameha Grand Zurich, Autograph Collection(カメハ・グランド・チューリッヒ、オートグラフコレクション)

🇨🇿【BONVOY】Courtyard by Marriott Pilsen(コートヤード バイ マリオット ピルセン)