🇮🇹Netflix「腹ぺこフィルのグルメ旅」で紹介されたコーヒー屋さん「Torrefazione Cannaregio – Speciality Coffee 」@Venice (ヴェネツィア)

Netflixに「腹ぺこフィルのグルメ旅」という番組があるのですが、その番組内でVenice (ヴェネツィア)特集の回に出てきたカフェに行ってきました!

「腹ぺこフィルのグルメ旅」は、アメリカのテレビ作家兼プロデューサーPhilip Rosenthal(フィリップローゼンタール)さんが、世界中の美味しいレストランを旅する番組です。

「Torrefazione Cannaregio – Speciality Coffee」というコーヒーショップで、朝からたくさんの人で賑わっていました!

早速中に入ってみました♪

入口横にはお店こだわりのコーヒー豆の測り売りコーナーがあって、

その横には、1人でコーヒーの注文を捌きまくるお兄さん、

それから、美味しそうなタルトやデニッシュが並んでいました。

さて、オーダーしよう!と思ったのですが、どうやってオーダーするのか分かりません。

とりあえずコーヒー豆の販売コーナーのレジでお会計をしようとすると、「隣でオーダーして〜」と言われました・・・!

「え?じゃぁ、いつ会計するんだろう・・・?」。主人と「???」になりながらも、何を頼むか考えました。

さすが、イタリア!コーヒーの種類が豊富です!そして、もう何を頼んでいいか分からなかったので・・・

エスプレッソを2杯オーダーしました(笑)

お兄さんに、「エスプレッソ2杯お願いしま〜す」と言うと、「2€(約260円)です」と。

つまり、1杯1€(約130円)ですよ!?え!安い!!!

そして、1人でコーヒーを作りまくりながらお会計もこなして、一瞬で煎れたての豆を使ったエスプレッソを作ってくれました♪

立ち飲みだから、この値段なんでしょうが、たまたま目の前の椅子が空いていたので、5分くらい座って飲ませてもらいました。

ちなみに、奥はテーブル席です。奥の席で飲むと、同じエスプレッソでも1.5€(約190円)になるみたいです。

それから、たくさんのスパイスや調味料も量り売りで販売されていました!面白いけど、みんな忙しそうだし、どうやって買うんだろう・・・?

そうそう!椅子がコーヒー豆の袋をリメイクしたものになっていて、コーヒー屋さんらしくて可愛いなと思いました♪

コーヒー屋さんのご紹介については、ここまでです。

ここからは、「腹ぺこフィルのグルメ旅」の番組内で、このコーヒー屋さんで議論されていた、コーヒーの起源とベネチアの問題について触れようと思います。

イタリアの豊かなコーヒー文化は、ベネチアが発祥で、1570年頃イスタンブールからベネチアにコーヒー豆が伝わり、イタリア全土に広まったのが始まりでした。

13世紀〜14世紀頃は、街の美しさで注目を浴び、また貿易の中心として栄えていました。そして、700年前から観光地として力を入れてきたそうです。当時は、街を美しくすることに全力を注いでいたため、市民の贅沢な服装は法律で禁止されていたんだとか!その代わり、建築物や絵画、教会にお金をかけて芸術の街として急成長したんですって。

ただ、今度はあまりにも美しい街並みのせいで問題が発生しました。ベネチアの水没の危機や、観光客による環境破壊です。コロナ前は街と同じくらい大きなクルーズ船が接近し、近くのラグーンに悪影響を及ぼしたりしていたそうです。また、大型船のお客さんは船の中に泊まり、食事もするのでベネチアの収益にも繋がらなかったんだとか・・・

「腹ぺこフィルのグルメ旅」では、ここでベネチアの問題についてのお話は終わってしまいましたが、今回私達が訪問して思ったことが3つありました。

1つ目は、環境破壊についてです。コロナになり、観光客が来なくなったおかげもあって、街やラグーン、水路の水はとても綺麗でした。正直、水路の水が透明だとは思っていなかったので、本当に驚きました。

2つ目は、コロナのせいで観光客が来なくなったけど、街が、ベネチアの人が、レストランが、ホテルが、お土産屋さんが、みんなとても寂しそうでした。どこに行っても、みんな笑顔で最高のサービスをしてくれます。笑顔なんだけど、どこか寂しそう。

この2つのことが相反するものなので、とても複雑な気持ちでした。街は綺麗になったけど、そこに住む人は寂しそう。でも、環境がよくなることは、街の人とってもいいことだから、ポジティブに捉えるべきなんだろうけど、でも、みんなの顔を思い出すとなんとも複雑・・・

そして、3目ですが、その結果、どのお店に行っても、接客がとっても良かったのです!なんというか、接客できることに喜びを感じているというか、流れ作業になっていなくて、1人1人のお客さんと向き合って、接客してくれる・・・イタリア人がそもそもそうなのかもしれませんが、でも、私はそう感じましたね♪

ということで、コーヒー屋さんの紹介とはちょっと違う話になっちゃいましたが、活気があって、美味しいエスプレッソが1€で飲めるので、朝食の後やお散歩の途中に寄ってくださいね♪

以上、「Netflix「腹ぺこフィルのグルメ旅」で紹介されたコーヒー屋さん「Torrefazione Cannaregio – Speciality Coffee 」@Venice (ヴェネツィア)」でした。

「Torrefazione Cannaregio – Speciality Coffee 」の場所はこちら↓

最後までお読み頂きありがとうございました。エスプレッソを飲みながらベネチアについて考えてみよう・・・と思っていただけたら、是非「ぽち」っとお願いします♪

押して下さるとブログを更新する活力になります♪

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村


スイスランキング

ツイッター&インスタもやっています♪是非フォローしてね!

ブログフォローはこちらから♪↓

旅時々ワイン - にほんブログ村

ベネチア旅行記関連記事はこちらから読めます↓

🇮🇹コロナ禍のVenice (ヴェネツィア)6泊7日の旅1日目〜Genève(ジュネーヴ)からの移動とVenice (ヴェネツィア)の街並み

🇮🇹接客も食事も最高なカジュアルイタリアンレストラン「Ristorante rio novo pesce/best seafood restaurant in Venice」@Venice (ヴェネツィア)

🇮🇹コロナ禍のVenice (ヴェネツィア)6泊7日の旅2日目〜ガラスの街「Murano (ムラーノ島)」とレースの街「Burano (ブラーノ島)」

🇮🇹1720年創業ヨーロッパ最古のカフェ「Caffè Florian (カッフェ・フローリアン)」@Venice (ヴェネツィア)

🇮🇹満足度高いワインペアリングを楽しめるレストラン「Estro-Vino e Cucina」@Venice (ヴェネツィア)

🇮🇹Venice (ヴェネツィア)から船で約30分のガラスの街「Murano (ムラーノ島)」で見たガラス特集とオススメのお店「Non Solo Vetro A.boscolo」

🇮🇹【BONVOY】コロナ禍の「AC Hotel Venezia(エーシーホテル ヴェネツィア)」(チタン会員)

🇮🇹コロナ禍のVenice (ヴェネツィア)6泊7日の旅3日目〜市内お散歩と超穴場展望スポットからの絶景景色

🇮🇹ミシュランプレート掲載店モダンイタリアンレストラン「Ai Mercanti」@Venice (ヴェネツィア)

🇮🇹【BONVOY】1泊30万円超え!?「The St. Regis Venice(ザ セントレジス ヴェネツィア)」の大運河ビュースイートに宿泊したよ!(チタン会員)

🇮🇹コロナ禍のVenice (ヴェネツィア)6泊7日の旅4日目〜ラグジュアリーホテルチェックインと安くて美味しいレストラン巡り

🇮🇹ベネチアでアペリティーボするならここ!「Osteria Vineria Gastronomica Sepa」@Venice (ヴェネツィア)

🇮🇹まるでタイムスリップ!?憧れの「The Gritti Palace(グリッティ パレス ホテル)」のスイートルームに宿泊したよ!(チタン会員)@Venice (ヴェネツィア)

🇮🇹コロナ禍のVenice (ヴェネツィア)6泊7日の旅5日目〜雨のベネチアと圧巻の造船所、素敵スーパー「Despar Teatro Italia」でお土産を買う

🇮🇹シャイなイタリア人シェフが作る絶品ミシュラン1つ星レストラン「Local」@Venice (ヴェネツィア)

🇮🇹地元の人でいっぱいのカジュアルシーフードレストラン「Al Mariner 」@Venice (ヴェネツィア)

🇮🇹16世紀の建物と美しいシャンデリアがあるホテル「NH Collection Venezia Grand Hotel Palazzo dei Dogi(NH コレクション ヴェネツィア グランド ホテル デイ ドージ)」@Venice (ヴェネツィア)

🇮🇹コロナ禍のVenice (ヴェネツィア)6泊7日の旅6日目〜ベネチアの可愛い雑貨屋さんと芸術・音楽の1日〜